ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 前編が開幕!ゲネプロレポート公開|満を持しての頂上対決がスタート

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 前編が開幕!ゲネプロレポート公開|満を持しての頂上対決がスタート
ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 前編が、2019年7月11日(木)にTOKYO DOME CITY HALLにて開幕を迎えました。青学(せいがく)と立海による頂上対決、その前半が描かれる今作のゲネプロ詳細レポートをお届けいたします。
IMAGE
2014年11月から始動したミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンは、これまでに原作ストーリーを忠実に舞台化した本公演を9公演、各学校(チーム)にフィーチャーした「TEAM Live/TEAM Party」を7公演、コンサート「Dream Live(通称:ドリライ)」を3公演、さらに昨年11月にはテニミュ15周年を記念し、テニミュ史上初の「テニミュ文化祭」を開催。
2003年の初演から16年を経て、通算公演回数は1,700回を突破! 
累計動員数は270万人を超え、2.5次元ミュージカルの金字塔と称される人気シリーズです。

いよいよ開幕を迎えた「全国大会 青学(せいがく)vs立海 前編」では、全国中学生テニストーナメントで都大会、関東大会を制し、快進撃を続けてきた青学(せいがく)が、関東大会決勝戦でも共に死闘を繰り広げた立海と再び対峙し、全国の頂点の座を奪い合います。

2ndシーズンでは、約4時間におよぶ3幕構成で展開された全国大会決勝戦の模様が、今回の3rdシーズンでは、前編・後編の2公演に分けての上演となり、より緻密に描かれていきます。

手塚vs真田の気迫、一方リョーマに事件が!

関東大会の決勝戦と同じく、青学(せいがく)、立海が再び激突する全国大会決勝戦。
準決勝にて青学(せいがく)に敗れた四天宝寺も勝敗の行方を見守る今作では、全出演キャストが「テニミュ」本公演を経験しており、オープニングナンバーから頂上対決にふさわしい熱量をもった開幕に!

そして準決勝の模様が振り返られた冒頭に続き、決戦を前に、父との特訓に挑んでいた青学(せいがく)・越前リョーマ(阿久津仁愛(あくつ にちか)さん)の身にある事件が……! 
青学(せいがく)にとって、絶対に負けられない一戦は波乱の幕開けを迎えます。

決勝戦の開始時刻になっても会場に姿を現さないリョーマを、桃城 武(大久保 樹さん)はある助けを借りて迎えに行くことに。
その規格外の手段にも驚かされる一方で、決勝戦のコートではシングルス3の試合がスタート。
関東大会では腕の治療のため試合を離れていた青学(せいがく)の部長・手塚国光(青木 瞭さん)と、立海三強の一角にして副部長の真田弦一郎(田鶴翔吾さん)がついに激突します。
21 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは