『イケメン革命 ◆アリスと恋の魔法 THE STAGE』松村優、丘山晴己、小南光司ら熱演! ゲネプロレポート

『イケメン革命 ◆アリスと恋の魔法 THE STAGE』松村優、丘山晴己、小南光司ら熱演! ゲネプロレポート

2019年9月6日(木)より、『イケメン革命◆アリスと恋の魔法 THE STAGE Episode 黒のキング レイ=ブラックウェル』(通称:レボステ)が公演中! 『イケメン革命』舞台化は前作のフェンリル編に引き続き、2作目。今作では、松村優さん演じる俺様×クールなレイ=ブラックウェルとの恋愛が描かれています。

この世で最強にして最古の魔法――“恋”におちたら、もう帰れない

19世紀ロンドン。白ウサギに似た紳士ブラン(室龍規さん)を追いかけたアリス(青木志穏さん)は、“黒の軍”と“赤の軍”が国を分かつ世界“クレイドル”に迷い込んでしまいます。

そんなアリスを助けたのは、“黒のキング”ことレイ=ブラックウェル(松村優さん)。これが運命の出会いだとは、まだ2人とも知る由もないのでした。

レボステ1

アリスをこの世界に導いたブランは、彼女が元の世界に戻れるのは次の満月の夜を迎える30日後であることを告げます。そしてもう一つ忠告も。

「良いかい、アリス。帰りたいなら、絶対にかかってはいけない魔法が一つある。
それはこの世で最強にして最古の魔法――恋だよ。」


恋の魔法にかかったら、もう元の世界には戻れない。
アリスは「恋なんてしません!」と心に鍵をかけますが、“黒の軍”“赤の軍”の争いに巻き込まれていくうちに、彼女の心は揺れ動いて……!?

レボステ2

「自由は黒き翼のもとに」――俺様キング率いる黒の軍

レボステ3

アリスは、自分を救ってくれたレイが率いる“黒の軍”に身を寄せることになります。

シリウス(橋本全一さん)は“キング”のレイを支える頼もしい参謀です。見た目に反して、花の水やりが趣味という意外な一面も垣間見えます。レイとは旧知の仲のフェンリル(小南光司さん)は巷で戦闘狂とも呼ばれていますが、気さくで明るいラッキースターです。

レボステ4

オネエ(?)のセス(白石康介さん)は女性目線(!?)でアリスの身の回りを世話してくれます。無口で何を考えているか分からないルカ(荒一陽さん)は、得意の料理を通じてアリスと心を交わします。

和気藹々とした“黒の軍”の面々に心を許していくアリス。そして彼らもまた、純粋で心優しいアリスに心惹かれていきます。

レボステ5

そして“黒のキング”レイは、アリスを子供扱いし、何かと意地悪なことを言ってきます。そんなレイに「女はね、覚悟を決めたら強いんだから!」と初めは反発するアリス。
強がるアリスにレイは「助けが必要になったら呼べ。」と不敵に微笑むのでした。
36 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!