菅田将暉『ミステリと言う勿れ』名言5選。整の気づきをくれる言葉たち「真実は人の数だけある」

掲載/更新 0
菅田将暉『ミステリと言う勿れ』名言5選。整の気づきをくれる言葉たち「真実は人の数だけある」
菅田将暉さん主演で話題のドラマ『ミステリと言う勿れ』。予想外の展開を見せるストーリーはもちろん、主人公・久能整がつむぐ深みのある言葉見どころとなっています。本記事ではドラマや原作内に登場する名言をご紹介します。
IMAGE
田村由美さん原作のミステリーマンガ『ミステリと言う勿れ』。現在、フジテレビ系にて菅田将暉さん主演による同タイトルの実写ドラマが放送中です。

主人公・久能整の独特な視点と、一見とりとめのないおしゃべりが鍵となり事件を解決に導いていく新感覚のストーリー展開と独特の世界観が見どころの本作ですが、この整の言葉の中にはハッとするような格言がいくつもあるのです。核心を突くその言葉は、犯人の心をも解きほぐしていきます。
ドラマ1話では“ゴミ捨て”にまつわるやりとりが話題を呼びました。

ほとんどの家事は妻に任せているが“ゴミ捨て”はしている、と誇らしげに主張する池本(演・尾上松也さん)に対し、整(演・菅田将暉さん)は「ゴミ捨てって家中のゴミを集めるとこから始まるんですよ」「分別できてなかったらして 袋を取り替えて 生ゴミも水切って (中略)そうやってやっと一つにまとめるんですよ」とぴしゃり。
このシーンには、「頷きすぎて首もげるかと思った」「ゴミ出しや育児への参加について、妻たちの気持ちを理路整然と、気持ちいいくらい説いてくれる」「とんでもなくいい視点。世の中の男性たちに伝われ」など家事や育児の担い手の多くを占めている人たちから共感の嵐が巻き起こりました。
そんな名言が散りばめられている本作品ですが、ドラマだけでなく原作コミックにはまだまだ素晴らしい名言が沢山書かれています。そこで『ミステリと言う勿れ』至極の名言をお伝えします。

「真実は 人の数だけあるんですよ」(1巻)

『ミステリと言う勿れ』1 (フラワーコミックスα) 画像

『ミステリと言う勿れ』1巻(小学館)

まずは「Episode1 容疑者は一人だけ」(1巻収録/ドラマ1話)でのこのシーンから。
かつて冤罪事件を起こした青砥成昭(あおと なりあき)巡査部長が「真実は一つなんだからな」と言い切ることに驚く整。

整は「階段でAとBがぶつかって、Bが落ちて怪我をした時」のシチュエーションを例に解説します。
Bは日頃Aにいじめられていることから、Aがわざとぶつかってきた“事件”だと主張する。
一方でAはたまたまBにぶつかってしまった“事故”だと主張して、そもそも日頃も“いじめ”ではなく遊んでいるのだと言う。

果たして、この場合の真実とは?
38 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません