キスマイ宮田×玉森のドラマ「BE LOVE」に騒然!「ついにやってくれたな…」原案の”三部作”ってなに?

キスマイ宮田×玉森のドラマ「BE LOVE」に騒然!「ついにやってくれたな…」原案の”三部作”ってなに?
Kis-My-Ft2の宮田俊哉さんと玉森裕太さんによるドラマ『BE LOVE』が発表に! 2人の愛の物語のドラマ化にネット上は騒然。ところで原案となった『BE LOVE』三部作ってなに?
2020年10月9日、Kis-My-Ft2の宮田俊哉さんと玉森裕太さんのユニット曲「BE LOVE」、「星に願いを」、「運命」を原案にしたドラマ『BE LOVE』が2020年10月16日(金)22時よりdTVにて独占配信される事が発表されました。

かねてより、DVDの特典として『公式同人誌』が製作されるなどファンの想像の斜め上を行く通称『宮玉』。
独特な世界観で製作された3曲はファンの間では『宮玉3部作』と呼ばれています。
本作の監督・脚本を担当するのは、ヨーロッパ企画の諏訪雅さんですが、宮田さんと玉森さんも脚本監修を務めるなど、かなりの力の入れよう。
原案となった3曲とは一体どんなものなのでしょうか?

※ネタバレを含む可能性があります。ご注意ください。

宮田さんへの『愛』が重たすぎる『BE LOVE』

2015年に宮田さん、玉森さんのユニット曲として発表された「BE LOVE」。
宮田さんと玉森さんはJr.時代から仲が良く、特に玉森さんからの宮田さんへの”愛”が重たすぎる事がファンの間では有名です。
「BL」と略される事もある同曲が特に話題になったのは同年に開催された『KIS-MY-WORLD』での演出。
【公式】「BE LOVE」予告映像
20 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは