伊達政宗のプライドをかけた戦いの行方は? “斬劇『戦国BASARA』蒼紅乱世”『蒼』THE PRIDE ゲネプロレポート

伊達政宗のプライドをかけた戦いの行方は? “斬劇『戦国BASARA』蒼紅乱世”『蒼』THE PRIDE ゲネプロレポート
2018年12月21日、東京・オルタナティブシアターで“斬劇『戦国BASARA』蒼紅乱世 『蒼』THE PRIDE”が開幕しました。舞台化シリーズ第15作目となる今回は“蒼紅”2作連続上演や笑いに特化した「笑劇」など、初の試みでもファンを楽しませています。ここでは本公演の、ゲネプロレポートをお届けします♪

政宗&慶次が豊臣軍と激突!

12月16日に千秋楽を迎えた“『紅』未来への誇り”と同様、第六天魔王・織田信長が明智光秀(瀬戸祐介さん)の裏切りによって討死した「本能寺の変」から始まる本作。覇王・豊臣秀吉(佐々木 崇さん)竹中半兵衛(末野卓磨さん)はさらに勢いを増し、その手を全国へと伸ばしていきます。

戦国BASARA 眞嶋秀斗

伊達政宗役・眞嶋秀斗さん

戦国BASARA 蒼

竹中半兵衛役・末野卓磨さん(左)、豊臣秀吉役・佐々木崇さん(右)

伊達政宗(眞嶋秀斗さん)もまた、豊臣の配下に下るよう迫られていました。さらに右腕である片倉小十郎が怪我を負い、守りが手薄になったところを半兵衛に攻められ、民と引き換えに軍門に下ることを余儀なくされてしまいます。

そんな中、徳川家康(中尾拳也さん)と、後藤又兵衛(汐崎アイルさん)がそれぞれの理由で豊臣軍を離脱。石田三成(沖野晃司さん)は秀吉から家康を追う許可をもらうため、まず裏切り者の又兵衛を探します。宮本武蔵(西野太盛さん)を探していた山中鹿之介(橘龍丸さん)も、ひょんなことから又兵衛と一緒に逃げることに。

一方、最上義光(寺山武志さん)は自身の勢力拡大のため、政宗を利用しようとするなど策を講じますが……なかなか上手くいかず。実のところかなりずる賢いというか、手柄の横取りのようなことを企んでいます。

とはいえ愉快な雰囲気と、結局のところ失敗してしまうところがどうにも憎めない武将になっていて、劇中の清涼剤として観客を楽しませてくれます。

戦国BASARA 寺山武志

最上義光役・寺山武志さん

前田慶次(伊阪達也さん)は織田家の残党として追われている利家とまつを探し、奥州へと足を踏み入れます。情報を求める中、かつての親友だった秀吉と遭遇しますが、慶次の言葉も拳に乗せた想いも届くことはありませんでした。

こうして一度は己の力が足りず、豊臣軍に敗れてしまう政宗と慶次。2人が再び立ち上がり、未来へと立ち向かう姿が『蒼』の見どころとなるでしょう。

戦国BASARA 伊阪達也

伊達政宗役・眞嶋秀斗さん(左)、前田慶次役・伊阪達也さん(右)、山中鹿之介役・橘龍丸さん(奥)

そして『紅』と同様、ストーリーはきちんと『蒼』のみで完結していますが、すでに『紅』を見た方は映像シーンで「このシーンも、このセリフも知ってる!」とテンションが上がること間違いなし!

両方に登場する鹿之介が政宗たちと知り合いだった理由も分かりますし、『紅』での経験が『蒼』での行動に活かされていることも。『紅』で気になった「政宗がなぜ六爪を手放したのか?」も判明しますし、こうした話の裏側が明らかとなっていく部分も注目ですよ。

戦国BASARA 橘龍丸

山中鹿之介役・橘龍丸さん(左)、前田慶次役・伊阪達也さん(右)

それぞれの“誇り”を胸に……いざ戦の舞台へ!

やはり『蒼』で注目すべきは、なんといっても政宗です! 政宗は真田幸村(松村龍之介さん)とは異なり、すでに一つの国を治める立場にあります。ゆえに進むべき道に迷いはなく、だからこそ生涯のライバルと認めた幸村が迷い、煮え切らない様子には思うところがありました。
27 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ