生駒里奈、矢部昌暉、陳内将ら熱演! 『暁のヨナ~緋色の宿命編~』ゲネプロレポート

生駒里奈、矢部昌暉、陳内将ら熱演! 『暁のヨナ~緋色の宿命編~』ゲネプロレポート
2018年11月15日(木)より、EXシアター六本木にて舞台『暁のヨナ~緋色の宿命編~』が公演中です。原作コミックスの1~7巻を舞台化した本作では、少女マンガの枠に収まらない『暁のヨナ』という作品の魅力が詰まっています。こちらの記事では、ゲネプロレポートを掲載します。

生駒里奈、矢部昌暉がW主演! 『暁のヨナ~緋色の宿命編~』初日会見レポート
https://numan.tokyo/drama-stage/9eJRz

草凪みずほ原作の『暁のヨナ』は、白泉社『花とゆめ』2009年17号より連載がスタートし、紙・電子累計660万部を超える人気作です。2014年にはテレビアニメ化もされ、話題になりました。

謀反により父王を殺された王女ヨナが、流浪の身となりながら様々な人との出会いにより成長し、自身の運命に向き合っていく姿が描かれている同作品。
少女マンガの枠に収まらず、多くの読者の心をとらえて離さない"ヨナ"の魅力とは――? 

主を慕い、戦う、美しき四龍の戦士たち

物語の冒頭、父王を幼馴染の従兄、スウォン(陳内将さん)に殺され、城を追われる身となってしまった高華王国の王女・ヨナ(生駒里奈さん)
護衛のハク(矢部昌暉さん(DISH//))とともに逃げ落ちた先で、通りすがりの美少年・ユン(樋口裕太さん)と出会い、ユンを保護していた神官イクスのお告げを受けます。

闇落つる大地 龍の血により再び蘇らん 古の盟約に従い 四龍集結せん時 遂に赤き龍 暁より還り給う――

建国神話をなぞらえたこのお告げをもとに、ヨナは自分の味方となってくれるであろう"四龍の戦士"を探すことになります。
龍の力を宿した4人の青年はいずれも端正な顔立ちの美形。その能力を使って主のヨナを守る姿はときめくポイントです。
36 件
A3 600DL3

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは