小澤廉が現場でいつも考えていたこととは?――映画『新宿パンチ』初日舞台挨拶

小澤廉が現場でいつも考えていたこととは?――映画『新宿パンチ』初日舞台挨拶

小澤廉さん主演の映画『新宿パンチ』が12月1日(土)に公開され、新宿シネマートで舞台挨拶が行われました。役柄の衣装で登壇された豪華出演陣の和気あいあいとした掛け合いに会場は何度も爆笑に包まれました!

舞台挨拶レポート

12月1日(土)映画『新宿パンチ』の初日舞台挨拶が新宿シネマートにて行われました。

『新宿パンチ』は、新宿・歌舞伎町を舞台に、男たちの熾烈なスカウト戦争を描いた作品。2.5次元ミュージカルに数多く出演し、注目度上昇中の小澤さんが「パンチ頭で童貞、フラれた女は100人」というスペック最低男を演じるということで話題となっています。

小澤廉 新宿パンチ

舞台挨拶のMCを務めるジェントルさんに呼びこまれ、大歓声の中、登壇したのは、主演の小澤廉さんをはじめ、出演の吉倉あおいさん、毎熊克哉さん、財田ありささん、矢柴俊博さん。そして、監督の城定秀夫さん。
単独では映画初主演となる小澤さんは、「皆さんのおかげでこの映画で主演を務めることができました。そんな皆さまに『新宿パンチ』を届けられて嬉しく感じています」と満員の会場を見わたしてコメント。

今回の“パンチ頭で童貞”という役柄について聞かれると「情報過多という感じでしたね(笑)。童貞で100人からフラれて、パンチパーマっていうのはパンチ効いているなと。それと同時に、すごく演じがいのある役どころだなと思いました」と力強く語りました。

小澤廉 新宿パンチ2

また、話が共演者とのエピソードになると「毎熊さんって男らしい見た目じゃないですか。知らない人はちょっと怖いなって思うかもしれないですけど、笑った顔がすごいキュートなんです(笑)。僕はこのキュートな笑顔が見たいから、現場では、毎熊さんをどう笑かそうかっていうのをずっと考えてました(笑)」と話し、現場での関係性を感じさせるエピソードを披露してくれました。

また、吉倉さんとの話を振られると、小澤さんが吉倉さんのほうを向き「ひとついいですか? 今日、身長高くない?」と投げかけ、会場は爆笑。吉倉さんが「ドレスなので、ヒール高いのにしました」と返すと、小澤さんが「僕を下げた(笑)? 晴れ舞台でっせ!」とツッコみ、さらに「吉倉さんは、ご覧の通りスタイルが良くて足が長いんです。二人で一緒に逃げるシーンがあったんですけど、僕は足が速いと自負してたんですが、僕のことを追い越そうとするんですよ(笑)」と自虐ぎみエピソードも披露してくれました。

小澤廉 新宿パンチ3

また、それぞれのエピソードトークの途中で吉倉さんが装飾品を落としてしまうというハプニングも発生。その時に、サッと拾って手渡したのは毎熊さん。すかさず小澤さんは、「毎熊さん! それ、俺が拾おうとしたのに!」とツッコみ、会場は爆笑となりました。

最後には、小澤さんから「ある一人の男が巻き起こす、いや、巻き込まれていくストーリーです。家族やご友人に“面白かったよ”という感想を届けて、少しでも『新宿パンチ』を広めてくれると嬉しいです」とビシッとキメたコメントで締めくくり、この日最大級の拍手が贈られました。

フォトギャラリー

新宿パンチ 舞台挨拶

18 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!