『だかいち』劇中劇が美しく儚い──陳内将&菊池修司│舞台『紅葉鬼』ゲネプロレポート

掲載/更新 0
『だかいち』劇中劇が美しく儚い──陳内将&菊池修司│舞台『紅葉鬼』ゲネプロレポート
BLコミック『抱かれたい男1位に脅されています。』に登場する劇『紅葉鬼』が、陳内将さん&菊池修司さん主演でリアル舞台化! 6月28日の上演前日に行われたゲネプロの様子をお届けします。
■関連記事■
陳内将、菊池修司の「"ちゃんじんさん♡"に安心しました(笑)」『だかいち』劇中劇|舞台『紅葉鬼』囲み会見レポート

先日上記囲み会見レポートでお伝えした通り、6月28日、大人気BLコミック『抱かれたい男1位に脅されています。』の劇中劇である舞台『紅葉鬼』が品川プリンスホテル クラブeXにて開幕!

経若/西條高人役・陳内将さん繁貞/綾木千広役・菊池修司さんという組み合わせやビジュアル解禁など、情報が出るごとに大きな話題を呼んできた本作。
原作コミック『抱かれたい男1位に脅されています。』では一部しか描かれなかった『紅葉鬼』がリアルな舞台となり目の前で演じられます。

こちらではお二人をはじめ、キャスト皆さんの情熱が伝わるゲネプロの様子をお届けします!

“人間”と“鬼”という垣根

平安時代。互いの存続を賭けて争い続ける人間と鬼。
これは、そのはざまに置かれ運命に翻弄される二人の青年──陳内将さん(原作コミックでは西條高人)演じる経若と、菊池修司さん(原作コミックでは綾木千広)​演じる繁貞の物語。

舞台『紅葉鬼』ゲネプロレポート 画像

(左)呉葉役:小野川晶さん、(右)帝役:山﨑晶吾さん

冒頭は、人間と鬼という垣根を越えて愛しあう鬼の頭目・呉葉(小野川晶さん)帝(山﨑晶吾さん)が、種族間の争いを鎮める和平交渉として、「経若」と「繁貞」を交換する哀しい場面から始まります。
まだ小さな我が子・繁貞を抱く呉葉。いくら鬼でも、一人の母親として胸を痛め哀しい顔を見せる呉葉に、優しく寄り添う帝。

そんな二人を見る陰陽師・摩爬(富田翔さん)は、帝と交わり子を成し、血脈を汚した鬼女・呉葉を、そして鬼の一族を心から憎んでいる男。その妖しげな美貌が見せる表情の中にも、まがまがしい怨念の視線が。

舞台『紅葉鬼』ゲネプロレポート 摩爬役:富田翔さん、(右)帝役:山﨑晶吾さん 画像1

(左)摩爬役:富田翔さん、(右)帝役:山﨑晶吾さん

神聖な存在である帝が鬼と子を成したことが許せない摩爬は、呉葉を愛していると言う帝に術をかけ、帝を傀儡にしてしまいます。
人々を翻弄しながら己の歪んだ信念を貫こうとする摩爬を演じる、富田さんの怪演ぶりに注目です。

儚げでも芯の強さを見せる経若

時は流れ、繁貞(菊池修司さん)と交換に朝廷から人質として鬼の里にきた帝の子・経若(陳内将さん)は、呉葉に我が子として慈しみ育てられますが、穏やかな生活は突然一変。
35 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません