橋本祥平「空も時空も超えられる」『ミュージカル封神演義-目覚めの刻-』囲み取材レポート

橋本祥平「空も時空も超えられる」『ミュージカル封神演義-目覚めの刻-』囲み取材レポート
2019年1月13日(日)EX THEATER ROPPONGIにて、『ミュージカル封神演義-目覚めの刻-』が開幕を迎えました。この記事では、主演・太公望役の橋本祥平さん、楊戩役の安里勇哉さん、哪吒役の輝山立さん、黄天化役の陳内将さん、妲己役の石田杏奈さん、申公豹役の大平峻也さん、聞仲役の畠中洋さんが登場し、開幕前日に行われた囲み取材でのコメントをお届けいたします。
IMAGE
原作『封神演義』は、安能務さんが翻訳した中国に伝わる怪奇小説を元に、藤崎竜さんがマンガ化。1996年から2000年にかけて集英社『週刊少年ジャンプ』にて連載され、累計発行部数は2200万部を超える大人気マンガです。
2018年1月~6月にはTVアニメ『覇穹 封神演義』として再アニメ化もされ、作品への熱も高まるなかで迎えた初のミュージカル化では、脚本を丸尾丸一郎さん、演出を吉谷光太郎さんが担当。

『ミュージカル封神演義-目覚めの刻-』と題し、物語の序盤、主人公・太公望が仲間たちと出会い、妲己や聞仲ら強敵と一戦を交えるまでを描く今作では、中国を舞台に繰り広げられる壮大な冒険物語を、映像を一切使わずに人の力のみで表現します。

役を演じる上で意識したことは?

11 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは