広告をスキップ

現役芸人が『カミシモ』のリアルを語る。鳥越裕貴の漫才が上手すぎる問題を考えてみた

くすぶっている若手芸人が集まった「湘南劇場」を舞台に、ブレイクをめざしてもがく姿を描くオリジナルドラマ『あいつが上手で下手が僕で』(通称:カミシモ)。今年4月から日本テレビ系列でシーズン2が開始し、ついに6月13日に最終回を迎ました。同作はドラマと同じキャストで舞台化も果たしています。

主演を務めるのは荒牧慶彦さん。そのほか和田雅成さん、崎山つばささん、鳥越裕貴さん、陳内将さん、梅津瑞樹さん、橋本祥平さん、田中涼星さんなどが出演。人気俳優が勢揃いの豪華なキャスティング故に、恐らくこのドラマを視聴するのは「お笑いファン」より、俳優さんのファンの方が多いのではないでしょうか。

しかし若手芸人でありこの作品のファンであるライターの住岡さんは、「お笑いファンにも見てほしい!」と鼻息荒く伝えます。なかでもその“芸人ぶり”に驚愕した人物とは?

『あいつが上手で下手が僕で』日本テレビ公式サイトより

『あいつが上手で下手が僕で』日本テレビ公式サイトより

若手芸人にぶっ刺さる、凄い作品だ

私は芸歴数年の地下芸人だ。お笑いの養成所を卒業し、ライブを中心に活動する平均的な「若手芸人」と呼ばれる位置づけの存在である。「湘南劇場」でくすぶる芸人達とほぼ同じような境遇にいる。

ちなみに「湘南劇場」は客が大体2、3人しかおらず、劇中で「遭難劇場」と呼ばれているが、湘南に行かずとも平日の新宿のライブハウスでも遭難することは可能。客が2人に対して、芸人が40人くらい出演するライブが地下ライブには普通にあったりする。

ところで、医療ドラマは医療従事者から見たら「ファンタジーみたいなもの」だと感じるという話をよく聞く。しかしながら、この『カミシモ』という芸人ドラマ。若手芸人がぶち当たる壁や抱える悩みを繊細に、そして鮮明に描き切っている。

明るくポップで面白いのに、「イケメンたちがお笑いやるなら見るか~」と軽い気持ちで見た若手芸人の心にぶっ刺さる、すごい作品だ。以下で「すごい」ポイントについて述べていこうと思う。

話題作『だが情熱はある』と比較した『カミシモ』

実は同時期にもうひとつ「芸人」をテーマにしたドラマ作品が放送されていた。オードリー・若林正恭さんと南海キャンディーズ・山里亮太さんの下積み時代、そしてブレイク後の苦悩などを描く『だが、情熱はある』(日本テレビ系)だ。

若林さん役を髙橋海人さん(King & Prince)、山里さんを森本慎太郎さん(SixTONES)が演じた。

IMAGE

住岡

アニメ、漫画、2.5次元・アイドル・声優などのジャンルを一通り嗜むライター。自宅が商業BLの山に埋もれている。お笑いも好き。

オタ腐★幾星霜