橋本祥平「空も時空も超えられる」『ミュージカル封神演義-目覚めの刻-』囲み取材レポート

IMAGE
囲み取材の終盤には、主演・橋本さんからメッセージが。

「20年前に連載されていた作品ということで、座組の中にはまだ生まれていなかった人もいます。でも、色んな世代の方に愛されて、根強いファンの方々がいるからこそ、舞台化という素敵なご縁がありました。本当に原作がめちゃくちゃ面白いので、その面白さをお届けしたいですし、原作を知らない方にも、この舞台を観て”先が気になる”と思っていただけたら何よりの幸せです」とコメント。

また「原作ファンで、舞台は観慣れていないという方にも、2.5次元や舞台に興味を持ってもらえたら嬉しいです」と続け、今作が原作ファン、演劇ファンにとっての架け橋となることに期待を寄せていました。

そして最後には、「演出の吉谷さんも言っていましたが、音楽の力は素晴らしくて。音楽の力では空を飛ぶことも、時空を超えることもできます。そういった力も目一杯使って完成された『封神演義』を、ぜひお楽しみください!」と、観客へとメッセージを送ってくれました。

公演概要

『ミュージカル封神演義-目覚めの刻-』

公演日程 2019年1月13日(日)~2019年1月20日(日)
会場 EX THEATER ROPPONGI

出演
太公望役:橋本祥平、楊戩役:安里勇哉、哪吒役:輝山立、黄天化役:陳内将、
武吉役:宮本弘佑、黄飛虎役:高松潤、太乙真人役:荒木健太朗、
四不象(操演)役:吉原秀幸、
妲己役:石田安奈、紂王役:瀬戸祐介、王魔役:青木一馬、高友乾役:武藤賢人、
申公豹役:大平峻也、聞仲役:畠中洋

アンサンブル:
佐藤優次、澤邊寧央、多田滉、光永蓮、
飯嶋あやめ、さいとうえりな、熊田愛里、三宅妃那、
町田尚規

スタッフ
原:藤崎竜(集英社文庫コミック版)安能務訳「封神演義」より
脚本:丸尾丸一郎
演出:吉谷光太郎
音楽:tak
振付:MAMORU
主催:「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」製作委員会

チケット価格:全席指定8,500円(税込)

チケット取扱い:
・チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/houshinengi-stage/
・ローソンチケット
http://l-tike.com/houshinengi-stage/
・イープラス
http://eplus.jp/houshinengi-stage/
・CNプレイガイド
http://www.cnplayguide.com/houshinengi-stage/

公式サイト https://musical-houshin-engi.com/
公式twitter @musical_houshin

© 安能務・藤崎竜/集英社
© 「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」製作委員会
11 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは