衝撃的な再現度!世界が輝いて見える――「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」ゲネプロをレポート

衝撃的な再現度!世界が輝いて見える――「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」ゲネプロをレポート
2017年11月8日(水)、AiiA 2.5 Theater Tokyoで、舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」の東京公演が開幕。それに先駆け、橋本祥平さん(一条シン役)小南光司さん(神浜コウジ役)、杉江大志さん(速水ヒロ役)、大見拓土さん(仁科カヅキ役)、spiさん(大和アレクサンダー役)、五十嵐雅さん(鷹梁ミナト役)6名による合同インタビューとゲネプロが行われました。

推しを全力で応援!舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」東京公演開幕

劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』 と現在公開中の劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』 の大ヒット作品の初の舞台化作品の本公演。橋本祥平さん(一条シン役)、小南光司さん(神浜コウジ役)、杉江大志さん(速水ヒロ役)ら豪華メインキャストが、劇中歌にもなった数々の人気楽曲の歌唱。さらストーリーの重要な要素である、スケートやライブ、ダンスがプロジェクションマッピングも駆使し、舞台ならではの仕掛けや演出で本作の見どころ“プリズムショー”をリアルに表現しています。また、劇場版では、映画館でのコスプレ、声援、アフレコOKの”応援上映”が話題となりましたが、舞台でもその演出を引き継ぎ、お客様と一体となって舞台を作る”応援上演”に挑戦します。

大阪で幕を開けた舞台版キンプリは、略して「ブタキン」という愛称で呼ばれ、劇場版と同様大きな話題となっています。今回の舞台版の脚本は、劇場版アニメと同じく青葉讓さんが手掛けており、原作に非常に忠実に描かれています。嫌いな食べ物を尋ねられたり、シュワルツローズに忠誠を誓ったりと、劇場版とまさに同じタイミングで応援できるシーンもありますが、本編後にはライブだけの時間もあるため、舞台でありながらも、まさにアイドルのライブに来ているかのように応援できるのが2.5次元ならでは! 
また、キンプリ、プリティーリズムシリーズといえば、ライブ中に繰り出される“プリズムジャンプ”が大きな見所。劇場版から話題沸騰の“無限ハグ”や“はちみつキッス”のシーンは、客席から「え!?ウソ……!?」と声が上がるほどの衝撃的な再現率。キャスト、身体張りすぎです(笑)

ここでは、橋本祥平さん(一条シン役)、小南光司さん(神浜コウジ役)、杉江大志さん(速水ヒロ役)、大見拓土さん(仁科カヅキ役)、spiさん(大和アレクサンダー役)、五十嵐雅さん(鷹梁ミナト役)による合同インタビューの様子と、ゲネプロレポートをお届けします。

仲良く皆でお風呂に!?オバレの生パフォーマンスと新入生組の絆に注目

31 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは