衝撃的な再現度!世界が輝いて見える――「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」ゲネプロをレポート

衝撃的な再現度!世界が輝いて見える――「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」ゲネプロをレポート

2017年11月8日(水)、AiiA 2.5 Theater Tokyoで、舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」の東京公演が開幕。それに先駆け、橋本祥平さん(一条シン役)小南光司さん(神浜コウジ役)、杉江大志さん(速水ヒロ役)、大見拓土さん(仁科カヅキ役)、spiさん(大和アレクサンダー役)、五十嵐雅さん(鷹梁ミナト役)6名による合同インタビューとゲネプロが行われました。

推しを全力で応援!舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」東京公演開幕

舞台 KING OF PRISM -Over the Sunshine!-/numan編集部撮影

劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』 と現在公開中の劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』 の大ヒット作品の初の舞台化作品の本公演。橋本祥平さん(一条シン役)、小南光司さん(神浜コウジ役)、杉江大志さん(速水ヒロ役)ら豪華メインキャストが、劇中歌にもなった数々の人気楽曲の歌唱。さらストーリーの重要な要素である、スケートやライブ、ダンスがプロジェクションマッピングも駆使し、舞台ならではの仕掛けや演出で本作の見どころ“プリズムショー”をリアルに表現しています。また、劇場版では、映画館でのコスプレ、声援、アフレコOKの”応援上映”が話題となりましたが、舞台でもその演出を引き継ぎ、お客様と一体となって舞台を作る”応援上演”に挑戦します。

大阪で幕を開けた舞台版キンプリは、略して「ブタキン」という愛称で呼ばれ、劇場版と同様大きな話題となっています。今回の舞台版の脚本は、劇場版アニメと同じく青葉讓さんが手掛けており、原作に非常に忠実に描かれています。嫌いな食べ物を尋ねられたり、シュワルツローズに忠誠を誓ったりと、劇場版とまさに同じタイミングで応援できるシーンもありますが、本編後にはライブだけの時間もあるため、舞台でありながらも、まさにアイドルのライブに来ているかのように応援できるのが2.5次元ならでは! 
また、キンプリ、プリティーリズムシリーズといえば、ライブ中に繰り出される“プリズムジャンプ”が大きな見所。劇場版から話題沸騰の“無限ハグ”や“はちみつキッス”のシーンは、客席から「え!?ウソ……!?」と声が上がるほどの衝撃的な再現率。キャスト、身体張りすぎです(笑)

ここでは、橋本祥平さん(一条シン役)、小南光司さん(神浜コウジ役)、杉江大志さん(速水ヒロ役)、大見拓土さん(仁科カヅキ役)、spiさん(大和アレクサンダー役)、五十嵐雅さん(鷹梁ミナト役)による合同インタビューの様子と、ゲネプロレポートをお届けします。

仲良く皆でお風呂に!?オバレの生パフォーマンスと新入生組の絆に注目

物語はシンとルヰの不思議な出会いから始まります。ルヰにペンダントを託され、プリズムショーを見に行くことを促されるシン。この出会いが、彼の運命を大きく変えることに。

舞台 KING OF PRISM -Over the Sunshine!-/numan編集部撮影

コウジ、ヒロ、カヅキの3人からなるユニット・"Over The Rainbow"(通称・オバレ)が、颯爽とスケートで登場します。、まるで彼らが劇場版から、そのまま舞台に現れたような再現度の高さに、思わず声が出そうに……!(応援上映のランプがついていれば、声援を送ってもいいのですが!) 
ギターを背負って色気たっぷりのコウジ、軽やかにステップを踏み笑顔を振りまくヒロ、大胆なダンスで生命力あふれるカヅキの圧倒されるようなパフォーマンスは、劇場版と同じく、大人気ユニットとして君臨している王者の貫禄を感じさせます。途中、劇場版ファンには見慣れた自転車のシーンもあり、改めて Over The Rainbowは実在した!と実感。

舞台 KING OF PRISM -Over the Sunshine!-/numan編集部撮影

シンが仲間と出会うシーンでは、太刀花ユキノジョウ横井翔二郎さん)、西園寺レオ星元裕月さん)と対面。シンとレオのドキドキのシーンが原作通り再現されています。
その後、ガンを飛ばして入ってくる香賀美タイガ長江崚行さん)、スーツ姿で飛び出してくる十王院カケル村上喜紀さん)、小学生と間違えられる涼野ユウ廣野凌大さん)とエーデルローズ新入生組が次々と登場。最後に皆のお母さん的存在、鷹梁ミナト五十嵐雅さん)によって、エーデルローズの現状やそれぞれの個性を、歌に合わせて流れるように紹介していきます。

劇場版アニメでも話題となった名物(!?)、"お風呂シーン"は原作以上の演出が施されています。このシーンはもともと、ユキノジョウとレオを女の子だと勘違いしているシンがお風呂で2人と遭遇してドッキリ! というシーンなのですが、ブタキンでは、他の新入生も次々お風呂に入って来て……つまりは全員脱ぎます(笑)そして歌います! さらに……舞台版ではあの人たちもお風呂に……!? 仲良しなエーデルローズ全員による入浴シーンをお楽しみください。

さらに! 今まで見たかったけど見られなかった、エーデルローズ新入生組の絆をフィーチャーしているオリジナル要素もたっぷり詰まっています! 皆にいじられて動揺するタイガの姿や、シンが自然と皆の中心になっていく様子が、劇場版以上に深く描かれており、原作ファンにとってたまらなく嬉しく思うはず

グロリアスシュワルツ!ライバル校にも魅力的なキャラクターが!

舞台 KING OF PRISM -Over the Sunshine!-/numan編集部撮影

一方で、エーデルローズのライバル校、シュワルツローズにも個性的なキャラクターが沢山登場します。

カヅキにダンスバトルを仕掛ける暴君・大和アレクサンダー(spiさん)。カヅキとアレクによる「EZ DO DANCE」でのバトルシーンは劇場版でも特に人気の高い名シーンです。キャストの鬼気迫った表情や力強いダンスはもちろん、次々と変化するプロジェクションマッピングにも注目です。ストリート系最高かよ……。

31 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!