赤楚衛二と犬飼貴丈『仮面ライダービルド』から飛躍した2人の俳優。当時の評判は?

掲載/更新 0
赤楚衛二と犬飼貴丈『仮面ライダービルド』から飛躍した2人の俳優。当時の評判は?
『仮面ライダービルド』での好演が注目を集めた犬飼貴丈さん、赤楚衛二さん。美しいルックスを持ちながらも三枚目役をこなす犬飼さんと、そのカリスマ性で様々な作品に出演する赤楚さん、魅力的な二人の来歴や活躍に迫ります。
IMAGE
若手俳優たちにとって一種の登竜門となっている特撮テレビドラマ『仮面ライダー』シリーズ。
近年では『仮面ライダーフォーゼ』に出演した福士蒼汰さん吉沢亮さんが記憶に新しいところですが、彼らに続けとばかりに若手俳優たちは『仮面ライダー』に出演して、ブレイクのチャンスを狙っているのです。

そして、現在、再び『仮面ライダー』シリーズに過去に出演していた俳優たちが旋風を巻き起こしています。

DVD『劇場版 仮面ライダービルド Be The One コレクターズパック』画像

DVD『劇場版 仮面ライダービルド Be The One コレクターズパック』より

本稿で注目するのは2017年から2018年まで放映された『平成仮面ライダー』シリーズ第19作『仮面ライダービルド』に出演していた俳優たち。

同作は、火星から持ち帰られた謎の箱・パンドラボックスの影響で、日本列島がスカイウォールと呼ばれる壁により、東都、西都、北都の3つに分断され、混沌を極めている世界が舞台。
秘かに東都の平和を守っている仮面ライダービルドの桐生戦兎は記憶喪失でありながら、高いIQを駆使して、様々な陰謀から世界を救おうとするのです。

本稿では、そんな『仮面ライダービルド』に出演していた“ライダー俳優”のなかから特に飛躍を遂げた2人の現在と当時の印象について、古参ファンのライターが語ります。

『仮面ライダービルド』桐生戦兎役:犬飼貴丈

『仮面ライダービルド』で主人公の桐生戦兎役に扮したのは、犬飼貴丈さん
1994年6月13日徳島県に生まれた彼は、母親から「顔だけは良いものに産んでやったんだから」と言われ、第25回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募。総応募数13816人という中で、見事にグランプリを受賞した犬飼さんでしたが、なかなか仕事が決まらずに悶々とした日々を送ることになります。

いくつかのテレビドラマで端役を演じ続ける中で、2017年、主演という形で初の大役を手にすることになります。それが『仮面ライダービルド』桐生戦兎役でした。同役は記憶喪失の天才物理学者という、これまでの『仮面ライダー』にはなかった設定が施されており、かなり難しい役どころだったと思います。
しかしながら犬飼さんは、そんな難役を感情表現豊かに、そして等身大の演技で見事に演じ切り、その才能が開花。

特に中盤から終盤にかけての自らの行いや過去を悔やみ、再び歩き始める様には心を揺さぶられたのを覚えています。
26 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません