【追加コメントあり】岐洲匠、山崎大輝、榊原徹士ら出演! 『宇宙戦隊キュウレンジャー』ドラマCD化決定&キャスト合同インタビュー実施

【追加コメントあり】岐洲匠、山崎大輝、榊原徹士ら出演! 『宇宙戦隊キュウレンジャー』ドラマCD化決定&キャスト合同インタビュー実施

放送中の特撮テレビドラマ『宇宙戦隊キュウレンジャー』のドラマCDが、2018年1月26日(金)に発売を決定しました。発売に先駆け、11月17日(金)に、岐洲匠さん(ラッキー役)、山崎大輝さん(ナーガ・レイ役)、榊原徹士さん(スパーダ役)が登場し合同インタビューが行われました。

特撮ドラマ『宇宙戦隊キュウレンジャー』ドラマCD化決定!

宇宙戦隊キュウレンジャー/岐洲匠さん、山崎大輝さん、榊原徹士さん

放送中の特撮テレビドラマ『宇宙戦隊キュウレンジャー』のドラマCDが、2018年1月26日(金)に発売を決定しました。

本ドラマCDでは、テレビシリーズにも携わっている、下山健人さん書き下ろし脚本による完全新作音声ドラマとなっています。
放映中にドラマCDの発売となるのは、シリーズ史上初の試みとのこと。
出演は、岐洲匠さん(ラッキー役)、山崎大輝さん(ナーガ・レイ役)、榊原徹士さん(スパーダ役)、M・A・Oさん(ラプター283役)、神谷浩史さん(ショウ・ロンポー役)、鈴木達央さん(チュウネンシャチュー役)ほか。

ドラマCD発売に先駆け、岐洲匠さん、山崎大輝さん、榊原徹士さんが登場し、合同インタビューが行われました。

笑いあり! ツッコミあり! のキャストインタビュー

宇宙戦隊キュウレンジャー/岐洲匠さん、山崎大輝さん、榊原徹士さん

──ドラマCDになると聞いて、最初にどう思われましたか?

シシレッド ラッキー役:岐洲匠(以下、岐洲)
「今回参加される声優さん(チュウネンシャチュー役:鈴木達央さん)の名前を見てビックリしました。もともと豪華なキャストにさらに豪華なキャストが加わって、豪華すぎるー! って(笑)。
また、戦隊で本編放映中にドラマCDを出すのは初めてだということで、感動しました。」

ヘビツカイシルバー ナーガ・レイ役:山崎大輝(以下、山崎)
「ドラマCDになると聞いて非常に嬉しかったです。
以前にもサントラCDで短いドラマをやっていたので、今回ドラマCDを作ると聞いても、どういう感じになるかは想像できていました。
今回ドラマCDで60分という長いお話を音声だけでお届けしますので、また違ったキュウレンジャーの魅力に気づいていただけるのが楽しみです。」

カジキイエロー スパーダ役:榊原徹士(以下、榊原)
「正直に言うと、“待ってた!“と思いました(笑)。キュウレンジャーではいろいろと新しいことに挑戦させていただいているので、今回のドラマCDはどういう展開になるのかな、と楽しみにしていました。」

 宇宙戦隊キュウレンジャー/岐洲匠さん、山崎大輝さん、榊原徹士さん

──実際に収録してみていかがでしたか?

岐洲 「普段からも、アフレコで声優さんの演技を見ていて、プロだな、すごいなと思う瞬間があるのですが、今回もそのプロの力を感じました。」

山崎 「テストの時に、鈴木達央さん演じる怪人の声が大きすぎて、衝撃でスタジオが揺れているのではないかと思うほどでした(笑)。でもそれに触発されて、僕たちも頑張れました。」

榊原 「声だけなので演技が難しく、その中で、鈴木達央さんの演技が衝撃的で最初は委縮しました(笑)。でも鈴木さんがすごくやさしくて、引っぱっていただくだけでなく、正面から向き合っていただけたので、とてもよいものができたと思います。」

岐洲匠さん

──今回ドラマCDということで、初の声だけの演技でしたがお互いの演技の良かったところは?

岐洲 「スパーダのアドリブの部分がすごかったです。スパーダ一人だけでなく一人で何役もやりながらアドリブで喋るというのが、もともとすごい人だなと思ってましたが、一層その思いを強めました。
 山崎くんは、ナーガの怪談話のシーンですね。ナーガは感情を表に出さないキャラクターなので、その感情のなさが逆に作用して、これから怖いことがあるぞ、というゾクゾク感が表現されていたと思います。」

山崎 「スパーダの榊原くんは本当にすごかったです。スパーダというキャラクターを活かしつつ、自分の得意のポジションに持っていくというか、スパーダのシーンがとにかく面白くてナーガの台詞が言えなかったくらいです。その面白さがぜひ皆さんに伝わるといいなと思います。
ラッキー役の岐洲くんは、普段の映像での演技と、今回の声だけの演技でも、ラッキーとしての一貫性があって、やっぱりレッドなんだなぁと改めて感じました。」

榊原 「二人がすごいなぁと思うのは、色付けが上手いということですね。今回は声だけの演技ですが、ナーガならどうなる、ラッキーだとこうなる、というのを、きちんと表現できていて、それが人に伝わるというのはすごいことだと思います。」

山崎大輝さん

──ドラマCDならではの演技で、成長できた部分は?

岐洲 「普段待ち時間の間にいろんな声を出したりして遊んでいるのですが、その声が使えてよかったなと。声優さんならではの、イケボを演じることができたのも良かったです。かっこよくできたと思います。」

山崎 「ナーガは感情のないキャラクターなので、最初の頃はどう表現すればいいのか難しかったのですが、一年間演じてきて、ナーガならこうする、というのを考えて演じることができるようになってきました。今回のドラマCDでもナーガならこうする、を意識して演じています。声の仕事はもっとやってみたいなと思いました。』

榊原 「これまでずっとキャラクターを演じてきて成長してきた部分が、今回のドラマで鈴木達央さんに引っ張っていただいて、花開いたように感じています。スパーダがより深まりました。」

25 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!