『忍び、恋うつつ』5周年! 舞台版“忍恋ステ”の魅力とは?

掲載/更新 0
『忍び、恋うつつ』5周年! 舞台版“忍恋ステ”の魅力とは?
2019年1月18日(金)~27日(日)、新宿村LIVEにて上演されていた舞台『忍び、恋うつつ』。原作ゲームの発売から5周年を迎えたオトメイトの人気乙女ゲームの初の舞台化作品です。こちらの記事では、『忍恋ステ』の愛称で話題となったこちらの舞台の公開ゲネプロの様子をレポートします。
2014年1月30日に発売されたPlayStation Portable専用ソフト『忍び、恋うつつ』は、ヒロインの“メロメロの術”にかかったイケメンエリート忍者たちが次々と甘い言葉を繰り出す、ギャグ色の強い、明るくポップな作品。PlayStation Vita、PlayStation 4にも移植され、末永く愛されているオトメイトの人気タイトルです。

そんな『忍恋』が初の舞台化! “メロメロの術”の演出は勿論、忍者らしい殺陣・アクション、衣裳の再現度の高さも話題となりました。

関連記事:イケメン忍者たちがメロメロにされて…!? 舞台『忍び、恋うつつ』囲み取材レポート!

自己投影するもよし、客観的に楽しむのもよしな”メロメロの術”!

大坂の陣で徳川を破った豊臣家が世を統べる時代。ヒロイン・片桐かえで(堀越せなさん)は幼いころに徳川残党から自分の命を救ってくれた忍者に憧れていました。そんな彼女はひょんなことから、忍者を目指すものなら誰もが憧れる“真田高等修練院”の副理事長・藤原貴家(石坂勇さん)にスカウトされ、修練院に編入することに。

(左)藤原貴家役:石坂勇さん、(右)片桐かえで役:堀越せなさん

しかし編入初日、彼女は男たちを魅了してしまう“メロメロの術”を発動してしまい……! 術の発動音やBGMは原作ゲームの通り。彼女の身体から出る桃色の霧は、照明演出で綺麗に表現されていました。

術にかかったイケメンエリート忍者たちは、とにかく情熱的! 思い思いの言葉で彼女を誘惑します。

クールで無口な霧隠蔵人(秋葉友佑さん)は突然「誰より愛しい、俺の姫君……。」とかえでをお姫様扱い。
真面目な学級委員長の由利鎌清(武子直輝さん)は「やっぱり柔らかい肌ですね。」とかえでの手をとり、撫でまわす仕草を(笑)。
一方でいつもはチャラチャラしている穴山大介(鷲尾修斗さん)は、「君の純潔は俺が守るよ。」と突然、紳士になります。

由利鎌清役:武子直輝さん

真田幸影役:宮元英光さん

このシーン、実際にはかえでは客席に背を向けて座り込んでおり、まるで客席に座っているお客様がイケメンたちに囁かれているような構図になっています。乙女ゲームの舞台化、ということで、なるほど自己投影もできる仕組みになっている、と感心。

しかし中盤の“メロメロ”シーンでは、我来也(堀之内仁さん)がかえでに急接近。
身長155cmの我来也、再現度の高いキャラクタービジュアルゆえに、ヒロインのかえでより背が低いのが一見かわいいですが、「髪の一筋からまなざしひとつ、溜息に至るまでお前の全ては僕のものなんだぞ。」と独占欲に満ちた台詞で会場をドキドキさせました。

(左)我来也役:堀之内仁さん、(右)片桐かえで役:堀越せなさん

乙女ゲームは自己投影しながらやりたい派もいれば、ヒロインと攻略キャラクターとのやりとりを客観的に見たい派もいますよね。
舞台中に何度も挟まれる“メロメロ”シーンでは、自己投影できる“メロメロ”と、かえでと攻略キャラクターたちがきちんと向き合った状態での“メロメロ”の両パターンがあるのが、非常に魅力的なポイントでした。
28 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません