舞台『遙かなる時空の中で3』ゲネプロレポート|運命を変えるヒロインと、己を貫く敵将の戦いの行方は――?

舞台『遙かなる時空の中で3』ゲネプロレポート|運命を変えるヒロインと、己を貫く敵将の戦いの行方は――?

2018年12月6日(木)、紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて舞台『遙かなる時空の中で3』が幕を開けました。吉川友さん演じる戦うヒロイン・春日望美を中心に、有川将臣役の井上正大さん、源九郎義経役の早乙女友貴さんらが殺陣と芝居を熱演。さらに、10年前の舞台『遙かなる時空の中で』舞一夜にも出演している中村誠治郎さんが平知盛役で特別出演することも話題となっています。こちらの記事では、ゲネプロレポートをお届けします♪

乙女ゲームの金字塔『遙かなる時空の中で』シリーズ。2000年のPlayStation向けゲームソフト『遙かなる時空の中で』発売から、まもなく2020年には20周年を迎えようとしています。
そんな『遙か』シリーズが舞台化されて早10年。本作、舞台『遙かなる時空の中で3』は『遙かなる時空の中で』シリーズ舞台化10周年記念作品として制作されました。

あらすじ

現代、普通の高校生として生活していた春日望美は
突然不思議な力で源平争乱期の世に時空移動してしまう。

怨霊を封印する力を持つ「白龍の神子」であると言われ、
最初は戸惑いの中で元の世界に戻る為に奮闘する望美だったが、
源氏の軍に加わり神子を守護する「八葉」と時間を過ごす中で
「この世界の平和を守りたい」と凛々しい強さに目覚めていく。

だが、平家との激しい戦いは続き、物語は望美――
そして、源氏の将・源九郎義経が望む結末とは違った方に進んでいくのだった。

自らが望む未来を掴む為、望美が下す決断は……?

舞台 遙かなる時空の中で3

必ずしも味方……とは限らない!? 神子を守る存在、"八葉"

『遙か』シリーズといえば、ごく普通の女子高生が"龍神の神子"として異世界に召喚され、"八葉"と呼ばれる8人の男性たちとともに、異世界を救う――というのがどのシリーズでも物語のあらすじとなっています。『遙か3』でヒロインが飛ばされる時代は、源平合戦の真っ只中。ヒロインを守るはずの八葉は、源氏にも、そして平家にも存在します。

左)武蔵坊弁慶役:石渡真修さん、(右)ヒノエ役:杉江大志さん

ヒロインの春日望美(吉川友さん)と行動を共にすることになる源氏軍の総大将、源九郎義経(早乙女友貴さん)は、初めは望美に「覚悟もない人間が戦場にでるなんて」ときつい言葉を浴びせます。しかし九郎は分かりやすい"ツンデレ"キャラ。冷たく見える言動の裏には常に思いやりがあります。総大将らしい剣の腕前も魅力的です。

源九郎義経役:早乙女友貴さん

そんな九郎を支えるのが、軍師の武蔵坊弁慶(石渡真修さん)と戦奉行の梶原景時(輝馬さん)、そして九郎の剣の師でもあるリズヴァ―ン(村上幸平さん)

真っ直ぐで嘘がつけない九郎の代わりに、知略を巡らせ、常に源氏の利になるように事を運ぶのが弁慶。鋭い目線や、笑顔のようで、たまに目が笑っていない表情にも注目です。

武蔵坊弁慶役:石渡真修さん

(左)リズヴァ―ン役:村上幸平さん、(右)源九郎義経役:早乙女友貴さん

梶原景時は面倒見がよく、家族想いな人物。望美とともに異世界から飛ばされた有川譲(千綿勇平さん)にも、兄のように優しく接します。この2人のシーンでは、アドリブのやりとりも……!?
52 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!