温泉でアドリブだらけの朗読劇!? 小南光司、君沢ユウキ、峯田大夢ら出演『RAYZ OF LIGHT 落陽散花』レポ

温泉でアドリブだらけの朗読劇!? 小南光司、君沢ユウキ、峯田大夢ら出演『RAYZ OF LIGHT 落陽散花』レポ

峯田大夢さん、小南光司さん、君沢ユウキさんなど総勢11名が出演する群像劇『RAYZ OF LIGHT 落陽散花』。"サイバーパンク朗読劇"と銘打たれた本作の公演会場はなんと本物の温泉施設! 近未来を舞台にした一風変わった朗読劇のレポートをお届けします。

『RAYZ OF LIGHT 落陽散花』開幕!

探偵・冷泉一彦(小南光司さん)と、元々はネット上の仮想存在であるプログラム人格のミュージシャン・LAW(君沢ユウキさん)が主人公のサイバーパンク朗読劇『RAYZ OF LIGHT』。そのスピンオフ作品『落陽散花』の公演が2018年6月2日と3日に行われました。

今回の主人公は原宿署の知能犯係の刑事・高橋圭吾(中谷智昭さん)と袴田真一(峯田大夢さん)の二人。舞台は温泉宿の事件ということで、本物の温泉施設・東京天然温泉 古代の湯の大宴会場が会場として使用されました!

朗読劇の結末は2パターン用意されており、その中から今回は6月2日の夜公演をレポートします。

7月2日より登場人物の一人・佐々木がVTuberとして出演する番組『サイバーパンクフィットネス』(TOKYO MX)の放送もスタートした本シリーズ。番組を楽しむ前にしっかりおさらいしておきましょう♪

アドリブ満載!キャスト&ストーリーの魅力

時は2025年の近未来。人々はファッションと広告を融合させ、選択した広告を"着る"ことによってアフィリエイト収入を得る時代になっていました。

ある日、広告収入がハッキングされ“かの国”に不正送金されるという詐欺事件が発生!  

原宿署の知能犯係の刑事・高橋圭吾(中谷智昭さん)は早速同じ課の袴田真一(峯田大夢さん)を連れて変装し温泉宿に潜入捜査へ向かいます――。
本作の脚本はキャストをイメージして執筆された、いわゆる”あて書き”なのだそう。
キャラクターそれぞれにキャストの性格に近い要素を詰め込んでいるためか、みなさんのアドリブが多い点も見どころのひとつ。

"袴田とは腹違いの兄弟”という無茶な設定で温泉宿に潜入した高橋は、露出の高い袴田の衣装にツッコミをいれたり、腹筋を触ったりとやりたい放題(笑)。それを冷静にかわす袴田との息はピッタリ。
温泉宿で2人を迎えたオカマの女将・梅花蔵之助(鹿島良太さん)も、個性の強いキャラと美しい着物さばきで観客の注目を集めます。観客に「飲んでる!?」と気さくに話しかけたりと、姐御らしい一面も見せてくれました。

ray1

高橋圭吾役・中谷智昭さん、梅花蔵之助役・鹿島良太さん、袴田真一役・峯田大夢さん

そんな女将から、怪しい作家が宿泊しているとの情報を掴んだ高橋と袴田。しかし気難しい作家本人には直接会えそうになく、代わりに担当編集者の冷泉嗣彦(YU-TAさん)から話を聞くことに。
嗣彦の発言は当たり障りないものの、"何か"を隠している気配を二人は感じ取ります。実は嗣彦は少し前に、弟である探偵の冷泉一彦(小南光司さん)に作家が掴んだ国家機密を暴露する原稿を預けていました。「自分にもしものことがあったら、この原稿を世間に公表してほしい」と言い残して……。
この兄弟の関係性も見逃せないポイント。
人前ではクールでありつつも、大好きな兄を取られまいとプログラム人格のミュージシャン・LAW(君沢ユウキさん)にヤキモチを焼く一彦、そして編集者として厳しく振舞いながらも優しい兄として一彦を見守る嗣彦。ふたりの兄弟愛に思わず胸を打たれます……!
51 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!