橋本祥平らが大迫力で入り乱れる!『ミュージカル封神演義-目覚めの刻-』ゲネレポート

 橋本祥平らが大迫力で入り乱れる!『ミュージカル封神演義-目覚めの刻-』ゲネレポート
藤崎竜さん原作の大人気マンガをミュージカル化! 『ミュージカル封神演義-目覚めの刻-』が、2019年1月13日(日)よりEX THEATER ROPPONGIにて上演中です。 脚本に丸尾丸一郎さん、演出には吉谷光太郎さんを迎え、主演・太公望役の橋本祥平さんら豪華キャストが、映像は一切使わずに壮大な物語へと挑む今作。ゲネプロでの舞台写真もたっぷりに、そのステージ模様をお届けいたします!

太公望の旅立ち――「封神計画」のはじまり

安能務さんが翻訳した中国に伝わる怪奇小説を元に、藤崎竜さんが描いたマンガ『封神演義』は、1996年から2000年にかけて集英社『週刊少年ジャンプ』にて連載。累計発行部数は2200万部を超え、今なお根強い人気を誇っています。

この『封神演義』初のミュージカル化となる今作では、仙人界に暮らす道士・太公望(たいこうぼう/橋本祥平さん)が、“人間界に蔓延る、悪しき仙人妖怪たちの魂魄を仙人界と人間界の間に新たに作った<神界(しんかい)>に封印し、人間界に平和を戻す”という「封神計画」の命を受けたことから物語が展開。

仙人・道士たちが操る武具である宝貝(ぱおぺえ)のひとつ、打神鞭(だしんべん)とともに、空を飛ぶ霊獣・四不象(スープーシャン)を授かった太公望は、封印すべき仙人たちの名が記された“封神の書”を手に人間界へと旅立ちます。

太公望/橋本祥平さん

普段はどこか年寄りくさく、なまけたがりにも見える太公望ですが、心では誰よりも人々の平和を願っており、実は仙人界でも指折りの策士。

その知略を活かして、壮大な「封神計画」の旅での危機を乗り越えていきますが、時には主人公らしからぬズルい手段も!? 様々な一面を覗かせる難役ながら、橋本さんが魅力あふれる役柄として演じていきます。

そんな太公望の良き相棒であり、ツッコミ役でもある四不象も舞台上にもちろん登場! マンガに描かれているゆるやかなフェイスラインもそのままに、人形操作(操演:吉原秀幸さん)で感情もしっかりと表現。太公望を乗せて雲の上を飛ぶ姿もいきいきと、テンポの良いセリフでの掛け合いも披露してくれます。
40 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは