佐奈宏紀、安里勇哉、荒木宏文が“犬”となって駆け巡る!舞台「銀牙 -流れ星 銀-」~絆編~ゲネプロレポート

佐奈宏紀、安里勇哉、荒木宏文が“犬”となって駆け巡る!舞台「銀牙 -流れ星 銀-」~絆編~ゲネプロレポート
舞台「銀牙 -流れ星 銀-」~絆編~が開幕! 佐奈宏紀さんを主演に迎え、郷本直也さん、安里勇哉さん、塩田康平さん、尾関陸さん、赤澤遼太郎さん、荒木宏文さんといった俳優たちが“犬”を演じ、”打倒!! 赤カブト”を目指します!
本舞台は、高橋よしひろ先生による累計1000万部を超える人気マンガ「銀牙 -流れ星 銀-」が原作。連載終了30年もの時を経て、佐奈宏紀さんを主演に迎え上演されました。佐奈さんを筆頭に、郷本直也さん、安里勇哉さん、塩田康平さん、尾関陸さん、赤澤遼太郎さんらが“犬”を演じることで注目を集めています。

本記事では7月6日(土)に行われたゲネプロの様子をお届けします。

佐奈宏紀、安里勇哉、荒木宏文が“犬”となって駆け巡る!舞台「銀牙 -流れ星 銀-」~絆編~ゲネプロレポート 写真画像 numan1

▲銀役:佐奈宏紀さん

父の仇のため、立派な熊犬への修行スタート

物語は、熊狩りのための犬(通称:熊犬)のリキ(坂元健児さん)を中心とした犬たちが、人間ですら手に負えない凶暴な人食い熊・赤カブトに立ち向かった結果、リキが破れて谷底へ落ちてしまうシーンから始まります。

統率力あふれるボス犬・リキを継ぐ存在として現れたのが、リキの息子・銀(佐奈宏紀さん)。銀は、リキと同じく優秀な熊犬の資質を持つとされる“銀色”の虎毛を持っていたことから、飼い主である竹田五兵衛(平川和宏さん)のもと、立派な熊犬になるための訓練を受けます。

水中や崖などさまざまな場所で訓練を積み重ね、熊犬としての実力をつけていく、銀。父を超える才能がどんどん芽生えます。
27 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは