【初日速報】植田圭輔、安西慎太郎らが“悪”の顔を見せる――舞台『RE:VOLVER』初日キャストコメント掲載!

【初日速報】植田圭輔、安西慎太郎らが“悪”の顔を見せる――舞台『RE:VOLVER』初日キャストコメント掲載!

舞台『RE:VOLVER』東京公演が、2018年10月18日より開幕! 演出・脚本家の吉谷光太郎さん5年ぶりのオリジナル作品となる本作。植田圭輔さん、安西慎太郎さん、橋本祥平さん、山田ジェームス武さん、櫻井圭登さんら主要キャストの初日コメントをお届けします。

『RE:VOLVER』が逆にアニメ化! なんてことになったらいいな(橋本祥平さん)

橋本祥平さん(伊透役)

――本作品の見どころは?

壬浦(ミウラ)役:櫻井圭登さん
“都市海賊”のメンバーたちが夢を抱き、その夢を1度は失い、そこからまた夢を取り戻そうと勇気を出して様々な困難に立ち向かっていく姿を観ていただきたいです。壬浦は天真爛漫で、精神年齢的にはメンバーの中で1番幼いキャラクターですが、そんな壬浦が一生懸命夢を追っている姿を応援していただけたらと思います。


玄汰(クロダ)役:山田ジェームス武さん
女性の方が観ても楽しいのは勿論のこと、男性の方でも楽しめるような、男らしくカッコいい作品となっています。男の友情や憧れが詰まったこの作品で、熱く芝居が出来るというのは僕らにとってもすごく楽しかったです。お客さまも前のめりになって熱く楽しんでいただけたらと思います。


伊透(イトウ)役:橋本祥平さん
今回集められたキャストは芝居に対して本当に熱いキャストばかりで、稽古中も話し合ったり意見を出し合ったりしながら皆で同じ目標に向かってやってきました。今回、吉谷光太郎さん脚本のオリジナルのストレート舞台ですが、普段原作がある舞台を観ているお客様でも観やすい、入りやすい作品になっていると思います。願わくば、この『RE:VOLVER』が逆にアニメ化! なんてことができるくらいの舞台を今回お届けできるよう頑張ります。


阿羅来(アラキ)役:安西慎太郎さん
1番の見どころは吉谷光太郎さんの演出です。オリジナル作品ということで、いつもよりさらに磨きのかかった細かな演出がついています。「前を見て生きろ」というよりは、「過去を振り返って生きるのも悪いことではないんだよ」というようなことを感じさせてくれる作品です。僕が演じる阿羅来は、カッコいいのですが掘り下げていくと不器用でちょっと“ダサい”一面も見えてきたりします。そういった一面も見どころと思っていただけたら嬉しいです。


聖木(スズキ)役:植田圭輔さん
1秒1秒が本気の現場でした。当たり前のことのはずですが、そういう気持ちになれる作品というのはそう何本も出会えるものではなくて。どのくらい悩んで妥協せずにやってきたか、演出家と役者が交わしてきたコミュニケーションやディスカッションがそのまま作品に表れているかと思います。僕が演じる聖木は、等身大なキャラクターで、感情のまま突発的に行動しがちですが、誰かを思って、誰かに憧れて、自分で道を切り開いていける人物なので、そんな彼の生き様が、観に来てくださったお客様の背中を押すきっかけになればと思います。

父の日の子供のような気持ちで頑張ります!(植田圭輔さん)

左:櫻井圭登さん (壬浦役)、右:植田圭輔さん(聖木役)

――2.5次元と呼ばれる原作がある舞台と、今回のようなオリジナルの舞台とで、芝居に対するアプローチは変わるのでしょうか?

玄汰(クロダ)役:山田ジェームス武さん
僕は今回、入りづらいということはなかったです。
というのも、吉谷さんが、それぞれのキャストに「こういうのが役が合いそう」ということで役をくれているので、あて書きに近いところがありました。
稽古初日も、2.5次元の時のようにあらかじめ何かを用意していって演じるというよりは、自然体でスッと入れたのでアプローチはしやすかったですね。


聖木(スズキ)役:植田圭輔さん  
例えば櫻井圭登くんはかわいらしいキラキラした役をやっていることが多いけど、吉谷さんからしたら「実はそういう一面だけじゃないでしょ、本当ははっちゃけている部分もあるよね」ということで今回の壬浦のような役が与えられていたり、植田圭輔だったら「お前もっと口悪いでしょ」みたいなことを知っているから聖木というキャラクターが生まれたり(笑)。  

「俺はもっと素敵な一面も出せるのを知っているよ」という吉谷さんからの愛がそれぞれのキャラクター、キャストに対してありました。2.5次元とも完全オリジナルともまたちょっと違うのかもしれません。
僕たちをよく知ってくれている愛のあるお父さんがくれた作品、という感じなので、僕は父の日の子供みたいな気持ちで頑張りたいと思います(笑)。

吉谷光太郎という演出家を好きになってもらいたい(安西慎太郎さん)

左:成松慶彦さん(倭潮役)、右:安西慎太郎さん (阿羅来役)

――お客様にメッセージをお願いします。

壬浦(ミウラ)役:櫻井圭登さん
アクションも多い作品なので、お客様にも汗をかいていただけるような熱量をお届けできればと思います。皆さん楽しみにしていてください!


玄汰(クロダ)役:山田ジェームス武さん  
最後の最後まで飽きの来ない作品になっています。前のめりで、鳥肌がたつような芝居で、お客様が「夢っていいな、仲間っていいな」と思えるような作品をお届けできたらと思います。


伊透(イトウ)役:橋本祥平さん
今回、吉谷さんに縁のあるキャストが揃った座組で、このメンバーだからこそ、完成することが出来た作品だと思います。稽古中何回も限界を超えて、脳みそ破裂する! って言っていましたが(笑)。幕が開いて、お客様の笑顔や楽しかったというお声を聞くためにやってきましたので、2時間15分楽しんでもらえたらと思います!


阿羅来(アラキ)役:安西慎太郎さん  
僕は今回のお話をいただいた時から、お客様に吉谷光太郎という演出家を好きになってほしいなと思って今日まできました。すでに吉谷さんのファンの方も多いでしょうが、初めて観られる方にも、ぜひ好きだなと思ってもらえるように頑張りたいです。


聖木(スズキ)役:植田圭輔さん
僕らに出来ることというのは、とにかく2時間強という時間、舞台の上で生き抜くこと、届けることだと思っています。命がけで仲間を守って、誰かに憧れて……という気持ちを嘘はなくやりきること、そして吉谷さんの演出のもと華やかにみせること、それが今回吉谷さんのオリジナル作品をやる意味だと思うので誠心誠意やらせていただきます。生き様を観ていただけたらと思います。

まとめ

“城塞”に囲まれた都市が監獄と化す――作りこまれた世界観、キャラクタービジュアルも相まって、アニメやマンガを楽しんでいる時と同じような、没頭する感覚を味わえる2時間15分でした。派手なアクション、吉谷光太郎さん独特の旗や扉、アンサンブルキャストを使った演出が最後まで観客を魅了します。登場人物が全員ダークな一面をもっているのも非常に魅力的。

また本作の主題歌「灰色の街」は、舞台『ヘタリア』に出演していたROUさんが担当することが本日解禁されました!
迫力満点のオープニングは必見です……!
東京公演はシアター1010で22日(月)まで、大阪公演は10月27日(土)~28日(日)サンケイホールブリーゼにて公演予定!
詳しくは公式サイト&公式Twitterにてご確認ください!
18 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!