崎山つばさ、鈴木拡樹らが豪快なアクションで魅せる!舞台『幽☆遊☆白書』ゲネプロレポート

掲載/更新 0
崎山つばさ、鈴木拡樹らが豪快なアクションで魅せる!舞台『幽☆遊☆白書』ゲネプロレポート
崎山つばささん、鈴木拡樹さん、橋本祥平さん、郷本直也さん、荒木宏文さんら豪華キャストが集結した注目の舞台『幽☆遊☆白書』。本記事ではゲネプロの様子を写真満載でお伝えします!
■関連記事■
・鈴木拡樹「幽助(崎山つばさ)が帰ってきた!と肌で感じました」 舞台『幽☆遊☆白書』囲み会見、詳細レポート!

コミック累計発行部数5,000万部を超える大ヒットマンガ『幽☆遊☆白書』(著:冨樫義博)が舞台化!
1990年から1994年にわたり「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載、アニメ化もされた普及の名作が2019年8月28日より開幕しました。

キャストには浦飯幽助役・崎山つばささん、蔵馬役・鈴木拡樹さん、飛影役・橋本祥平さん、桑原和真役・郷本直也さん、コエンマ役・荒木宏文さんら豪華な面々が集結。
こちらでは、同日に行なわれた熱いゲネプロの様子をお届けします♪

幽助(崎山つばさ)の真剣な眼差し…!

物語はコエンマが、幽助・桑原・飛影・蔵馬ら4人の出会い、そして思い出を振り返る形で進んでいきます。

不良学生で桑原と小競り合いをしたり、幼なじみで優等生の雪村螢子(未来さん)にはちょくちょく叱られるなど問題児ですが、熱い正義感も持ち合わせるなど“漢気”のある幽助。

ところがある日、子供をかばって交通事故に遭い、幽助は幽霊となってしまいます。

 舞台『幽☆遊☆白書』ゲネプロレポート:写真1

浦飯幽助役・崎山つばささん

自分が幽霊になってしまったことに驚く幽助ですが、そこに霊界の案内人・ぼたん(平田裕香さん)が現れ、エンマ大王から試練を受けて乗り越えることが出来れば、生き返るチャンスがあると教えられます。

コエンマは幽助に霊界獣の卵をかえすという試練を与え、幽助は幼なじみの螢子の夢枕に立ちますが、必ず生きて帰ると伝える場面では思わぬ真剣な眼差しに胸がキュンとなります……!

幽助はもう一度生き返るためには自分の肉体を残しておかなければならず、それを伝えるために、霊感が強い桑原に憑依することになります。この場面の二人のシンクロした動きにぜひ注目を!

舞台『幽☆遊☆白書』ゲネプロレポート:写真2

(右)浦飯幽助役・崎山つばささん(左)桑原和真役・郷本直也さん

そしてコエンマの回想シーンは、原作でも人気の高い蔵馬と飛影の出会いの場面へと移っていきます。

南野秀一として人間の姿で学生生活を過ごしていた蔵馬、そして妹の氷女を探している飛影が初めて出会うこの場面。人間を喰らう妖怪“八つ手”を相手に共に戦いますが、注目ポイントは二人の殺陣の速さと手数の多さ! 思わず息を飲むこと間違いなしです。

舞台『幽☆遊☆白書』ゲネプロレポート:写真3

(右)蔵馬役・鈴木拡樹さん、(左)飛影役・橋本祥平さん

蔵馬(鈴木拡樹)の母への愛、飛影(橋本祥平)のアクションシーンも必見!

場面は変わり、螢子の協力の甲斐あって復活した幽助は「霊界探偵」として働くことに。

最初の指令は、霊界から盗まれた闇の三大秘宝(降魔の剣・暗黒鏡・餓鬼玉)を取り戻すこと。幽助は秘宝を盗んだ三人組の妖怪、蔵馬、飛影、剛鬼(新田健太さん)を追うこととなり、まずは1人目の妖怪、剛鬼の持つ“餓鬼玉”を取り返すために奮闘する幽助。

苦戦するそのさなか、幽助から必殺技の“霊丸”が放たれるその瞬間をお見逃しなく!

次に対峙したのは、暗黒鏡を持つ蔵馬。
ところが蔵馬は、人間に憑依した妖狐の自分をそれと知らずに愛情を持って育ててくれた母を、なんとか病気から救いたいと幽助に相談します。
29 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません