ドラマ『チェリまほ』第4話、黒沢のピュアな思いが泣ける…公式のメッセージにも感動

掲載/更新 0
 ドラマ『チェリまほ』第4話、黒沢のピュアな思いが泣ける…公式のメッセージにも感動
話題沸騰のドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(チェリまほ)第4話を振り返り!急接近した安達と黒沢、そして沢山の共感を呼んだ同僚の藤崎さんなど、今回のポイントやみんなの感想は?
10月8日からスタートしたテレビ東京系の木ドラ25『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称:チェリまほ)。

童貞のまま30歳を迎えた安達清(赤楚衛二)“触れた人の心が読める魔法”を手に入れます。
イケメンで仕事もデキる人気者の同期・黒沢優一(町田啓太)が自分に恋心を抱いていることを知った安達が戸惑うところから物語は始まりましたが、純度100%な二人の距離感はSNS上の話題をさらい、放送直後は“チェリまほ”が今回もトレンド入り!

第4話は、黒沢との急接近に戸惑う安達、そして同僚女性の藤崎さんが人知れず抱えていた思いなどが丁寧に描かれた回でした。

ピンチに登場!スタイリッシュヒーロー黒沢

安達(赤楚衛二)の「お前のキスは嫌じゃなかった」の言葉に、たまらず抱き寄せて唇を寄せた黒沢(町田啓太)。安達への電話で遮られるも、通話終了とともに「終わった?」と再度ムードを仕切り直す黒沢の鋼メンタルに、安達はドギマギ!

これには原作者の豊田悠先生も​「もう一回行こうとする黒沢先生メンタルも何もかも強すぎて震えたな…」と思わずツッコミのツイート! 
視聴者からは「黒沢の圧がすごい笑」「余裕ない沢さん」「首ホールド&顎クイは捕食側」「びくびくする安達が可愛すぎる!」など屋上での二人に胸キュンする声が続出♡
結局キスは未遂に終わってしまいますが、“黒沢の本気”を改めて自覚した安達は二人の関係が先に進むのが怖くなり、黒沢と二人きりにならないように避けまくるなどヘタレっぷりに拍車がかかり悶々と悩む日々が続いていきます。

そんな中、安達と同僚の藤崎(佐藤玲)が買い出し中に運悪く柄の悪い人に絡まれるトラブルに巻き込まれる事態発生! 勇気を振り絞って暴漢から藤崎を守ろうとする安達ですが、殴られそうになったその時、黒沢が現れます。

心の声では「安達に触るな!」と威嚇し、安達の身をしっかりかばいながらも冷静な大人の対応で暴漢をスマートに撃退したのでした。

その対応にSNS上では「黒沢に守られたい人生だった」「世界一王子様!」「かばうというよりバックハグでは」「ヒーロー過ぎて悲鳴出た」等々さまざまな反応が♡

ひたむきで純粋な思いに涙

安達はトラブルすらスマートに回避する黒沢の姿に、『やっぱり俺とは違う』『これ以上深入りしてガッカリされるのが怖い』と劣等感を感じ、意気消沈。

しかしその後、手に触れた黒沢から意外にも「出しゃばり過ぎて失敗した」「安達のことになると本当に余裕がない」など自身を責める心の声が! そしてそれでも「出来ることはしたい」と前向きな声を聞きます。完璧だと思っていた黒沢の葛藤や内なる思いを知った安達。
木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」第4話|テレビ東京
20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません