イケメンARアーティスト「ARP」がセクシー対決!? 真夏の暑さに負けない熱いライブ『KICK A’LIVE3』レポート

掲載/更新 0
イケメンARアーティスト「ARP」がセクシー対決!? 真夏の暑さに負けない熱いライブ『KICK A’LIVE3』レポート
イケメン4人組ARアーティスト『ARP』の最新ライブ『KICK A’LIVE3』が2019年8月24(土)、25日(日)にベルサール高田馬場にて開催されました。numan編集部では全4公演のうちの第2公演目に潜入取材を決行! 夏の暑さにも負けない熱い熱いライブの様子をお届けします!
シンジ、ダイヤ、レイジ、レオンによるARアーティスト『ARP』は、AR技術が生み出した4人組ダンス&ボーカルグループ
ボイスキャスト、アクティングキャスト、AR技術者がチームを組みリアルタイムでライブを行うことで、歌、ダンス、ビジュアル全てにおいて完璧なアーティストを具現化する最先端プロジェクトです!

その最新ライブ『KICK A’LIVE3』の第2公演ライブの様子をお届けします!

■関連記事: ARPとは? その魅力の沼にご招待します!

セクシー対決が勃発!?

イケメンARアーティスト「ARP」がセクシー対決!? 写真画像numan1

▲左より、シンジ、レオン、レイジ、ダイヤの4名。

メンバー全員がステージに登場すると、ライブの定番曲でもある『The Show Must Go On』からスタート。
コール&レスポンスが盛り込まれたアップテンポな楽曲のため、一気に会場の熱気が上がっていきます!

そしていきなりARPのライブの最大の特徴かつ見せ場でもある「BATTLE FOR CENTER -バトル・フォー・センター-」のコーナーへ!!

このコーナーでは、「ふれフレ」というARP独自のアプリを使った、観客参加型のリアルタイムライブバトルが繰り広げられます。「ふれフレ」でメンバーを応援している応援上位者のコメントがバックスクリーンに映し出されるという機能も……。
(※「ふれフレ」と「バトル」の詳しい説明はこちらへどうぞ)

これまでのバトルでは、優勝特典として勝ち残ったメンバー同士でユニットを組むというユニット権が与えられてきましたが、今回の特典は違います! 
なんと、優勝したメンバーが次のARPの楽曲でセンターになれるというもの。全4公演を通して1番応援ポイントが高かったメンバーがその権利を獲得するそうです……!
ダイヤが『Blood-D』、レイジが『運命論』、シンジが『A Song For You』、レオンが『Turn up Baby!』と、それぞれのソロ曲をノンストップで披露していきます。

そんな中、レオンは自身のパフォーマンス中にバックスクリーンに映し出された、たんたん(レオン推しのファンの愛称)からの「レオン、セクシーや!」というコメントを見るやいなや、「セクシー見とけや!」とコメント返し(?)をする余裕も見せつけます。

そして「バトル・フォー・センター」が一段落すると、ここでメンバーがARS(ARPのファンの愛称)へ改めて挨拶をしてくれました。

シンジは「僕のプリンセスとナイト(シンジ推しのファンの愛称)のみなさん。こうして会える日を待ち焦がれていました」と優しく語りかけ、ダイヤが「第1公演の倍、騒げー!」と盛り上げると、レオンは「大人全開のレオンですっ!」と大人っぽさとは少々違うキュートさを振りまきます。

レイジは、レイジが話し出す前にレイジの名前を呼んだサブメンバー(ダイヤ&レイジのユニット「REBEL CROSS」推しのファンの愛称)達に向けて「自己紹介の前に名前呼んだやつ……。やるじゃんLADY?」と、相棒ダイヤの決め台詞で会場を湧かせます。これにはダイヤも「あとで覚えておけよ」と苦笑いしながらツッコミ。

続けて、「レイジは夏の暑さは大嫌いだけど、熱いサブメンバーになら溶かされてもいいんだぜ?」と、まさにセクシー全開のメッセージを贈ると、会場のそこかしこから黄色い悲鳴の嵐。どうやら、先程のレオンのパフォーマンス中のコメントを聞き、対抗意識を燃やしていたようで「セクシーとはこういうことを言うんだよ」とレオンに突っかかります。
それを見ていたシンジも思わず「なんだかセクシー対決のようになってきましたが……」と困り顔。ARPのライブでは、メンバー1人が進行役として場を仕切っていくのですが、この第2公演の進行役であったシンジは、セクシー対決に乗っかり「夏の終わりの夕暮れのように、セクシーに進行したいと思います」とセクシー(?)にコメント。

するとレイジも「じゃあレイジもセクシーに進行するか」と張り合い、レオンがふざけながら「セクシーにちゃちゃ入れます!」とかぶせてくる始末……。それをシンジが「セクシーにお断りします」と無事(?)オチを付け、軽快なトークで会場を笑わせてくれました。

勝利は一体誰の手に…!熱いバトルの結末は?

そして再び、「ふれフレ」アプリを使った「BATTLE SONG -バトルソング-」コーナーへ。先程の「バトル・フォー・センター」と違う点としては、こちらは1対1の対決となります。
第2公演では、第1公演で勝ち上がってきたシンジとレイジの決勝戦がおこなわれていきます。
37 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません