『遙かなる時空の中で6 ファン感謝祭 ~蠱惑の森~』イベントレポート|綾瀬市で燃え上がった”恋の祭り”

IMAGE

中の人までいじられる!? 迷回答続出のお悩み相談コーナー

バラエティコーナーは「名回答? 迷回答? 『遙か6』お悩み相談室~side蠱惑の森~」、『遙か6』のキャラクターたちのお悩みにキャストが答える企画! 

まず初めは、精鋭分隊の片霧秋兵から「新作のシベリアを作りたいのですが、羊羹のほかに何を挟めばいいと思いますか?」というお悩み(?)が。秋兵の好物として有名なシベリアは、カステラの間に羊羹が挟まっている和菓子です。

鈴村さんは色々な案を出しつつ最終的には「やさしさ」と回答し「鎮痛剤か!」と竹本さんにツッコまれます。
そんな竹本さんは、もはや秋兵自身が挟まれてしまえ! と「お前」と回答。
立花さんは中の人(岡本信彦さん)も甘党だからという理由で「カステラを蒸し羊羹に変えて、羊羹で羊羹を挟む」という斬新な案を提案します。
阿部さんは「食べながら歯を磨ける、3色の歯磨き粉」と回答し、アンフィニのKanさんから「インスタ映えはしますね!」とフォローされ……全員が迷回答でしたが、会場の判定で竹本さんが優勝! 
秋兵が挟まれたシベリア、売っていたら言い値で買ってしまいそうです(笑)。


続いては里谷村雨から「珈琲を飲んでも眠い時にはどうしたらいいのか」という小説家らしいお悩み相談です。
竹本さんは中の人(安元洋貴さん)に向けて「いつもの動画探しをすればいいじゃん安元くん」とネオロマンス的にギリギリな回答、続けて立花さんも「ハイになる薬を打つ」と回答し、司会の久遠さんもたじたじです。

流れを変えてくれるかと思った鈴村さんでしたが、「斧でドーーーン!」と斧で頭を殴っている個性的なイラストで回答します! 
すべてを託された阿部さんは「まぶたの上に目を描く」という回答をこちらもイラストで披露、どうやら昼公演で有馬が笑顔を作るにはどうすればよいかというお悩みにて、「笑顔を顔に描く」回答したものの”天丼ネタ”だったようです。

結果は唯一実践可能そうな阿部さんの回答が優勝!
キャストの自由な発想がはじけた、名(迷?)バラエティコーナーとなりました。

ライバル会社は“帝国商事”! 現代風パロディドラマ

パロディミニドラマ『カムパニィ蠱惑の森』では、キャラクターの個性はそのまま、ダリウスたちがもしサラリーマンになったら? というifなシチュエーションが楽しめました。ダリウスは営業部長、コハクは企画部長、ルードは総務部長、虎は経理部長、という設定。

”帝国商事”の片霧秋兵企画部長から業務提携をもちかけられたコハクは、”帝国商事”が以前に出版を断念した里谷村雨の書き下ろし小説を自社で買い取って出版するのはどうか、という企画案を出します。
”帝国商事”の有馬営業部長には「止めはしないが、やめておいた方が身のためだ。」と言われたというダリウス……ところで非常に有馬部長の物真似が上手です(笑)。しかし目の前のビジネスチャンスを逃すまいと燃える虎とコハクの勢いに押され、今回の企画を進めることに。

しかし、届いた本を見ると、非常に個性的な挿絵と、“絵師:萩尾九段”の記載が……。これは売れそうにない、と責任を取って図書館に寄贈して回る羽目になる虎とコハクなのでした。
想像以上に沢山のキャラクターが登場し、盛り上がったパロディミニドラマ。機会があれば、”帝国商事”側も覗いてみたいものです。
20 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは