【後編】FINAL FANTASY×JR山手線30周年コラボイベントレポート

【後編】FINAL FANTASY×JR山手線30周年コラボイベントレポート
JR東日本発足30周年と大人気RPG『FINAL FANTASY』(以下『FF』)シリーズ誕生30周年を記念したタイアップイベント、“FINAL FANTASY YL(ファイナルファンタジー山手線)”。絶賛開催中のこのモバイルスタンプラリーイベント、もうコンプリートできましたか? FFファンも鉄道ファンも嬉しい本イベントの体験レポート後編です。
“FINAL FANTASY YL(ファイナルファンタジー山手線)”は、“30周年”というメモリアルイヤーにちなんで、山手線全29駅+新宿駅新南口にある“Suicaのペンギン広場”の合計30駅を使った、モバイルスタンプラリーです(~12月27日まで開催)。

各駅に掲示された『FF』シリーズの歴代主人公キャラクターや、ボスなどがデザインされたポスターについているQRコードをスマートフォン(※)で読み込むと、特設Webサイトでキャラクターのオリジナル壁紙が入手できたり、そのキャラクターにちなんだ名場面ムービーが観られたりします。さらに、一部の駅の周辺施設には、『FF』おなじみのモンスターが出現するスポットも! 

新宿駅からスタートし、山手線を反時計回り(内回り)で周り、各駅にあるポスターと貼られた場所を、キャラクター紹介とともに巡る旅の後編は、秋葉原駅からスタートです。
モバイルスタンプラリーのついで(!)に、駅から徒歩0分の寄り道スポットも一部紹介していきます。

※パソコンやタブレット端末からは参加できません。



前編となる、新宿駅~神田駅の記事はこちら
【前編】我ら、刻を同じく1987年に誕生! FINAL FANTASY×JR山手線30周年コラボイベントレポート


※以下の記事は、『FF』シリーズのネタバレを含みます。

後半はボスと連戦【秋葉原駅→西日暮里駅】ガーランド、皇帝、暗闇の雲、ゴルベーザ、エクスデス、ケフカ

秋葉原駅からは、シリーズの"ボス"が登場します。『FFI』の発売は1987年で、当時の元号は昭和62年。生まれていない人も多いでしょう! 
ガーランドや皇帝、暗闇の雲といわれても「?」だと思われますので、 サラッと駆け足しで巡ろうとしましたが、彼らもまた『FF』の物語のもうひとりの主人公ともいえる存在。ひとまとめに括るのは惜し過ぎる! 
"光"側とは違った魅力のある彼らの生き様にも、ぜひ注目してみてください! 
※各キャラクターの担当する声優は、2018年1月11日発売予定の『ディシディア ファイナルファンタジー NT』のものになります。


ガーランド(登場作品『FFⅠ』、声:石井康嗣)

駅:秋葉原駅、場所:電気街口みどりの窓口中央改札口外

ガーランド(登場作品『FFⅠ』、声:石井康嗣) 駅:秋葉原駅、場所:電気街口みどりの窓口中央改札口外

どんなキャラ?
『FFⅠ』の最初に戦う敵にしてラスボス。かつてはコーネリア王国一の高名な騎士でしたが、王女セーラを我が物にするため、カオス神殿に籠城。主人公たち光の戦士に倒されるたびに、2000年前にタイムスリップして蘇るという無限ループをくり返して、コーネリア王国を2000年の時の鎖のなかに閉じ込めていました。
当時は、即死効果のある攻撃“じしん”に泣かされました。『ディシディアファイナルファンタジー』に登場する際の声優は、初代の内海賢二さん亡き後、同事務所だった石井康嗣さんに受け継がれています。




皇帝(登場作品『FFⅡ』、声:堀内 賢雄)

駅:御徒町、場所:北口改札外にある柱の壁面
ポスター上下には、おそらく駅員さんの手による、ドット絵キャラがきれいに並んでいます。

皇帝 登場作品『FFⅡ』、声:堀内 賢雄 駅:御徒町、場所:北口改札外にある柱の壁面

どんなキャラ?
魔界から呼び出した魔物と強力な軍隊で世界征服を目論む、軍事国家パラメキア帝国の皇帝。本名は不明。フリオニールたちによって1度倒されますが、地獄でよみがえり、今度は世界滅亡を目指します。
“いんせき”を振らせる全体攻撃に、高いHPや攻撃力、守備力など、圧倒的な戦闘力を誇るのですが、ブラッドソードの攻撃にものすごく弱いです。
倒したときの断末魔は「ウボァー」。このセリフが独り歩きしているフシがあります。




暗闇の雲(登場作品『FFⅢ』、声:池田昌子)

駅:上野駅、場所:入谷改札外の入谷通路

暗闇の雲(登場作品『FFⅢ』、声:池田昌子) 駅:上野駅、場所:入谷改札外の入谷通路

↑ この露出度に勝てるのは、『FFVIII』のアルティミシアか、召喚獣のシヴァだけでしょうか。

どんなキャラ?
光と闇の均衡が崩れたときに現れ、世界を無に還そうとする存在です。闇の力が偏ったため、主人公たちの前に“暗闇の雲”として出現しました。
シリーズ最大規模を誇るラストダンジョンの最深部で戦いますが、1回目の戦いは無敵状態で、パーティーが全滅しないと先に進めませんでした。知らずにエリクサーを使ってしまい、心が折れた人も……。波動砲の全体攻撃も脅威でした。




59 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ