立石俊樹の“大物”エピソード続々!? 赤澤遼太郎・北川尚弥ら映画『先生から』舞台挨拶、詳細レポート!

掲載/更新 0
立石俊樹の“大物”エピソード続々!? 赤澤遼太郎・北川尚弥ら映画『先生から』舞台挨拶、詳細レポート!
赤澤遼太郎さん、北川尚弥さん、立石俊樹さんら出演する映画『先生から』が公開中! 赤澤遼太郎さんらが登壇した公開記念舞台挨拶の様子を詳細レポート!
■関連記事はこちら!
「俺たち、似てるよね」立石俊樹&北川尚弥が意気投合♪ 映画『先生から』インタビュー【前編】

2019年10月4日(金)に公開を迎えた、映画『先生から』。10月5日にはユナイテッド・シネマアクアシティお台場にて公開記念舞台挨拶が開催され、赤澤遼太郎さん、北川尚弥さん、立石俊樹さんらキャスト9名と、堀内博志監督が登壇しました。

笑いに溢れたトーク模様を、詳細レポートでお届けいたします。
公開中の映画『先生から』は、「先生の愛人の子」「先生とホスト探偵」「先生の遺言」の3パートで構成された長編映画。

物語を彩るキャストには、赤澤遼太郎さん、立石俊樹さん、北川尚弥さん、田鶴翔吾さん、小早川俊輔さん、吉村駿作さんら。舞台を中心に活動する彼らが、映像作品で新たな一面を見せます。

キャスト9名&堀内監督による舞台挨拶がスタート

10月5日に開催された公開記念舞台挨拶では、真北直史役の赤澤遼太郎さんを筆頭に、小宮久作役の北川尚弥さん、間宮康作役の立石俊樹さん、谷口一真役の田鶴翔吾さん、伊草順也役の小早川俊輔さん、真北健司役の吉村駿作さん、高田 泉役の伊藤歌歩さん、小宮佳奈恵役の森田亜紀さん、小宮久作役の那波隆史さんと、豪華キャスト9名が堀内博志監督とともに登壇。
映画初出演にして主演を飾る赤澤さんは、3パートから構成される今作に「台本で読んでいたものが、映画ではこう繋がるのかと。
撮影中は各セクションに分かれていたので、“別のチームではこんな一面があるんだ”“こんなお芝居をしていたんだ”という発見がありました」とコメント。

その仕上がりにも、「いち視聴者として、面白い作品だと思いました」と自信を見せます。

この言葉には立石さんも大きな反応を示していたようで、その様子を「めちゃくちゃ頷いてくれる! 皆さんに聞こえない大きさの声で、ずっと『うん、うん』って言っています(笑)」と明かす赤澤さん。トークのオープニングから、和やかな空気が会場を包みます。

田鶴翔吾が見た、赤澤遼太郎の見習いたい姿とは?

続いてはMCからキャスト陣へ、「キャストの中で先生にしたいと思った人、先生みたいだった人のエピソードは?」という質問が。
43 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません