永瀬廉の画伯っぷりに会場も爆笑!? 映画『うちの執事が言うことには』公開記念舞台あいさつレポート

掲載/更新 0
永瀬廉の画伯っぷりに会場も爆笑!? 映画『うちの執事が言うことには』公開記念舞台あいさつレポート
5月17日(金)より全国公開された映画『うちの執事が言うことには』。翌、18日(土)に行われた公開記念舞台あいさつの模様をレポート! 永瀬廉(King & Prince)さん、清原翔さん、神宮寺勇太(King & Prince)さん、神尾楓珠さんといった主なキャストが登壇しました。

「❝人間っていいな❞と思ってもらえたら」永瀬廉(King & Prince)さん

高里椎奈原作大人気ミステリーの実写映画化『うちの執事が言うことには』が、5月17日(金)より全国公開。
翌、18日(土)には、東京・丸の内TOEIで公開記念舞台あいさつが行われました。
登壇したのは、永瀬廉(King & Prince)さん、清原翔さん、神宮寺勇太(King & Prince)さん、優希美青さん、神尾楓珠さんといった主なキャストと、久万真路監督。

本作が映画初主演となる永瀬廉さんは、撮影が1年前ということもあり、
自分のアルバムを見ているような感じで、成長してるなと思うし、ちょっと顔がちょっと若いな、と思ったり。なんとも言えない不思議な感じがしました。まだ恥ずかしいという感じもありますし」
と率直な思いをコメント。

「経験がない中だったので、ここにいる共演者の皆さん、監督・スタッフの皆さんに助けられながらやってきたので、人間の温かさを感じました。この作品も人間の温かさを感じられるので、いろんな人に“人間っていいな”と思ってもらえたらいいなと思います」とメッセージをおくりました。

「永瀬廉って人を巻き込む力があるんです」(清原翔さん)

注目作だけあって、取材も多く雑誌の取材も100誌以上あったそう。
「1日20誌ぐらい取ったこともあって、それだけ注目してもらえることにプレッシャーも感じたけど、初めての体験だったのでマイナスの感情は一切なくて、楽しかったし、あっという間でした」と充実の表情で答えてくれました。

ここまではやや緊張感もあるやりとりでしたが、徐々に笑いも多い展開になり、MCの方から、「初主演の永瀬さんはどんな方でした?」という質問が投げかけられると、キャスト同士のやり取りも盛んに。

清原「間違いないことを言うと」
永瀬「正直にね」
清原「主演だからというわけではないけど、永瀬廉自体が人を巻き込む力を持っているのかなと思いますし、現場に入ってくると僕も含めスタッフさんも(気持ちが)上がるんです」
永瀬「もう1回最初の部分言ってもらっていい? 聞こえへんかったわ」
清原「永瀬廉って人を巻き込む力があるんです」
永瀬「ここ、ニュースのトップでお願いします!」
と、力強く取材陣にアピールし、会場は笑いに包まれました。

さらに、MCから、「神宮寺さんはいかがですか?」と振られると、
「初主演と思えないぐらい堂々としていて、僕自身も少しでも支えることができたらいいな、と思ってたんですけど、ホントに廉が現場入りすると、華やかな雰囲気になるんですよ」とコメント。
すかさず永瀬さんは「誰が来ると?」と振り、「廉が来ると」と神宮寺さん。
最高のコンビネーションを見せてくれました。

また、久万監督は「(永瀬さんは)関西弁で話している時と、花頴(かえい/永瀬さんの役名)の口ぶりとのギャップがあって、関西弁の雰囲気で、現場が沸き立ったというのはありました。助かりました」と評し、永瀬さんも「照れますね」と笑顔を見せていました。

おすすめシーンを絵で表現! 画伯登場に客席からはざわめきが

このあと、MCから「おすすめシーンをご紹介いただきたいと思います。今回は絵を描いていただきました」とコーナーの説明があり、さっそく客席からはざわめきの声。
あの画伯っぷりがここで出るの!?という思いが会場を包み、不安と期待感が巻き起こります。

まず、神尾さんは太く眉毛を描き、「俺と優希美青ちゃんが兄弟役なんですけど、眉毛の濃さが似てるっていう唯一の共通点があるので描きました。あと、(清原)翔くんは、めっちゃ眉毛が動くんですよ」と説明。
清原さんは、「完成を見終わったあとに自分でも気になりすぎて、一回、全剃り考えたもん(笑)」と答え、キャストからも笑いが。

 さらに、優希さんは「私とお兄ちゃん(神尾)の登場シーンで…」と、永瀬さんと神尾さんのシーンを描いたということでしたが、永瀬さんは思わず「俺?」とツッコミ。優希さんが「顔面国宝みたいな」と説明すると、「よくご存じで(笑)」とリアクション。会場からも拍手が沸き起こりました。

神宮寺さんは、5つの顔が描かれたフリップを披露。見た瞬間に、永瀬さんは「これ全部“宮寺”?“全宮寺”?」とツッコミ。
神宮寺さんによると、「いろいろな僕の表情を見てもらいたいので。よーく見ていただくとわかるんですけど、泣いてる(左下)、その上が笑顔、真ん中が含み笑い、考えてる時の顔(右上)、最後がボーッとしてる顔。シーンごとに表情が違うので」と、作品の中に出てくる神宮寺さん演じる刻弥の表情を描いたと説明。

また、清原さんは「これは廉が若作りしてる時の(笑)。中学生の時の花穎。あれはホントおすすめシーン」と力強くプッシュ。永瀬さんと清原さんの仲の良さも伝わってくる展開でした。
そして、周りから「大トリだよ!」と言われ、いよいよ永瀬さんの番。

イラストをオープンした瞬間に「ひゃ~」という悲鳴も混じった歓声が上がる観客席
永瀬さんによると、神宮寺さんとハグをしたシーンを描いた模様。
「神宮寺がハグするシーン。すごい照れてた。照れてる感じを(頰の)ぐるぐるで表して。僕は“どんとこいや”ってときの顔です。あと、ペロ(劇中に登場する犬)の笑った顔と、クシャッとした顔」と一気に説明。
神宮寺さんは「やばいこの人(笑)!自分だって照れてんじゃん」と永瀬さんのイラストの“ぐるぐる”をツッコんだものの、永瀬さんは、「これ、耳!」と返し、圧倒的な画伯っぷりに会場は爆笑となりました。
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません