MBS/TBSドラマイズム『左ききのエレン』制作発表会|神尾楓珠さん、池田エライザさんらが登壇!

MBS/TBSドラマイズム『左ききのエレン』制作発表会|神尾楓珠さん、池田エライザさんらが登壇!
MBS/TBSドラマイズムにて10月20日放送スタートとなる話題のドラマ『左ききのエレン』の制作発表会が10月15日(火)、東京・スペースFS汐留にて開催。神尾楓珠さん、池田エライザさん、石崎ひゅーいさん、吉村界人さんらが登壇した制作発表会の模様をレポート♪
IMAGE
MBS/TBSドラマイズムにて10月20日放送スタートとなる話題のドラマ『左ききのエレン』の制作発表会が10月15日(火)、東京・スペースFS汐留にて開催されました。

本ドラマの原作は、2016年3月から、かっぴーさんによってcakesにて連載がスタートし、cakesクリエイターコンテストで特選を受賞した同名漫画。2017年10月からは、少年ジャンプ+にてリメイク版が発売されるなど、話題沸騰中の作品です。

物語の主人公は、自らの才能の限界に苦しみながらも、いつか“何者か”になることを夢見る朝倉光一と、圧倒的な芸術的才能に恵まれながらも、天才ゆえの苦悩と孤独を抱える山岸エレン。高校時代に運命的に出会った2人はやがて、大手広告代理店のデザイナー、NYを活動拠点とする画家として、それぞれの道を歩むことになり…。
凡才と天才、相対する2人の敗北や挫折を通して、その先に本当の「自分」を発見するまでをリアルに描き出す青春群像劇が描かれています。

神尾さん以外は皆自由で天才肌タイプ!?

第1話の上映後、神尾楓珠さん、池田エライザさん、石崎ひゅーいさん、中村ゆりかさん、今泉佑唯さん、八木アリサさん、吉村界人さん、後藤庸介監督が登場しました。

本作が地上波初主演となり、本作で池田エライザさんとともにW主演を務めた朝倉光一役の神尾楓珠さんは、「初主演のプレッシャーはありましたが、何者かになりたいという気持ちは誰にでもあると思いまして、もちろん自分自身にもあります。その気持ちを上手く光一に出せたらいいなと思いながら演じました」と力強く語り、同じくW主演となる池田エライザさんは、「正直エレンを演じる自信はなかったのですが、天才ならではの孤独感だったり、天才ならではの喜びだったりを表現することでエレンの人間らしさを感じられる瞬間を感じられて良かったです」と天才画家・山岸エレンを演じた感想を述べていました。

また2人は、今回が初共演ということで、お互いの印象について神尾さんは、「カメラが回っていないところでも常に池田さんはエレンだったので、対峙しやすかったですね。楽しかったです」と話すと、池田さんは、「話を重ねるごとに光一の成長をみせてくれるのが楽しかったですし、その成長ぶりを見ながら私もお芝居をするので、とても面白かったです」と神尾さんの撮影での様子を思い出していました。

光一の上司でエースクリエイターの神谷を演じた石崎ひゅーいさんは、「エースクリエイターなんて、自分とは全く正反対の役でした。連ドラも初めての経験でしたし、僕はこれまで演じたのが、こけし職人のシンガーソングライターで、その次がUFO好きの漁師という役で…。そこからの今回の役だったので、自分としてはいろんなことを挑戦させてもらった現場でした」と過去に演じた特異な役どころを披露し、客席を笑わす一幕も。
その石崎さんは時にセリフが訛ってしまうことがあったそうで、そんな石崎さんに「セリフを上手く言い切った時に“決まった!”という表情を見せていたのが、笑っちゃうんですよね」と、神尾さんに暴露されていました。

大手広告代理店の営業で、クリエイター陣を憎む流川俊を演じた吉村界人さんは、「難しかったです。普遍的な役は、僕には理解できなかったのですが、演じているうちに好きになっていきました」と話していました。

また、多彩なキャストへの印象を聞かれた後藤監督は、「神尾さんは比較的ちゃんとしていて真面目な人でしたが、皆さんが自由で天才肌タイプでした」と答えると、池田さんが「私も真面目でしたよ」と反論しつつも!? 「自由を許してくれる現場でした。どんな芝居したい? どう動きたい? と聞いてくれる現場だったので、現場に参加できているという感じを強く感じられて楽しかったです」と撮影当時を振り返っていました。
13 件
令和の沼2019アンケート実施中

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは