あの馬鹿たちが帰ってきた……『VitaminX B6キックオフMTG!』イベントレポート!

あの馬鹿たちが帰ってきた……『VitaminX B6キックオフMTG!』イベントレポート!

お馬鹿な問題児たちを教師となって指導する、というユニークな設定のディースリー・パブリッシャーの女性向け恋愛アドベンチャーゲーム、『VitaminX』。2017年でなんと10周年を迎えた当ゲームのイベントが、2017年9月16日(土)に開催されました。 2007年6月24日に日本青年館大ホールで開催されたイベント以降、定期的にイベントは行われていますが、今回は、10年を経てリニューアルした日本青年館で行われた『VitaminX B6キックオフMTG!』の夜公演に参加してきましたので、その模様をレポートします!

愛すべきおふざけの連続にもう笑うしかない!?  オープニング~朗読劇

翼(鈴木達央さん)と一(小野大輔さん)が歌う『一撃(ヴァレンティ)SN†PER』から始まった夜公演。赤と青のペンライトが客席を埋め尽くす中、朗読劇へと進みます。

VitaminX B6キックオフMTG!

瞬(鳥海浩輔さん)、清春(吉野裕行さん)、瑞希(菅沼久義さん)、悟郎(岸尾だいすけさん)が登場したものの、そこはVitaminイベント。
のっけからパウ(の声を演じていらっしゃる根本幸多さん)が差し入れたというお菓子を皆でモグモグ……。
途中で(台本通り)出てこようとした翼と一を袖へ押し返し、定番?のフリーダムなアドリブ展開が始まります。

お菓子を客席に配ったり、販売グッズのVitamen(即席めん)を(生で)かじる瞬には「コメントを美味○んぼ風に!!」との無茶振り。おまけに清春はお弁当食べてたり。(昔のイベントでも食べてましたよね!?)

そしてお菓子をヘンゼルとグレーテルよろしく舞台袖まで並べ、これで帰り道もバッチリだな! との流れから、そのお菓子を拾ってようやく翼と一が登場。

これで話が進む……と思いきや、「ふざけてるんじゃないんです! 全力でふざけてるんです!」と宣言する岸尾だいすけさんとそれに悪ノリしてしまう出演者の皆さまによる爆笑のアドリブが続きます。

VitaminX B6キックオフMTG!

10年が経ち、その分年齢も重ねた皆さんならではの懐かしいアニメネタや声優さんならではの中の人キャラネタ、旬のお笑いネタが挟まり客席はうっとりする暇もなく爆笑の渦に。
その勢いは「Vitaminイベントに来るなら昭和の歌謡曲とドラ○ンボールと聖○士星矢を復習してから!」と締めの挨拶で鈴木達央さんがおっしゃるほど(笑)。

他の出演者がピンでセリフを喋っている時にもフリーダムに動かれるので、客席からはクスクス笑いが漏れます。

さて、朗読劇の本編に参りましょう。真壁財閥が開発した高級リゾート地に招かれたB6のメンバーと担任の先生。
なんと、4つベッドのあるコテージが2棟しか借りられなかったとの事で、先生と誰が一緒のコテージで寝るか、を6人が2チームに別れて勝負をすることに。
翼・瞬・清春のレッドチームと、一・悟郎・瑞希のブルーチームは、ビーチでインクを撃ち合い、自チームの色で多く塗りつぶせた方が勝ち、というゲームで勝敗を決することに。

とはいえ、タイミングよく戻ってきた先生に、ケンカをしていたと思われ、相手のいい所を褒める、という方法で仲直りするように、と言われます。
ケンカはしてないけどね! と言いながらも悟郎が瞬を、瑞希が翼を、一が清春を褒め、ようやく就寝か……というところで、なんと管理人からの「女性が一人なので別にコテージをご用意しておきました」というオチが。

恋愛アドベンチャーゲームらしく、時折甘いセリフも(台本には)用意されていたものの、全力の悪ふざけにもう笑うしかない抱腹絶倒の朗読劇がこうして終了しました。



過去を振り返っても笑いしかない!? ~バラエティコーナー~

笑い疲れた腹筋を休める暇もなく、バラエティコーナーへ。小野大輔さん司会の下、過去のイベント映像を振り返りながらクイズが出題されます。
過去の映像に、出演者の皆さん口々に「若い」とつぶやきが。

VitaminX B6キックオフMTG!

2013年2月2日に行われた『VitaminX B6緊急ミーティング!?』からの、瞬と清春のケンカを止めたのは誰? という出題に、「みんな目をつぶってください。先生誰にも言いません。心当たりがある人は手をあげてください。」と鳥海さんが学級会風(笑)に仕切るとそっと手を挙げる菅沼さん。なのに正解は悟郎(岸尾さん)!? という、これも爆笑の一幕も。
また、今では恒例の「バナナと言ったらバーナーナ!!」の掛け合いも過去のイベント(しかもしょっぱなのオープニングの挨拶)での出来事だったことがこのコーナーで明らかにされます。

そして次のライブコーナーの準備のために先に舞台からはけた鳥海さん吉野さんを見送っての最後の出題。
前述の『VitaminX B6緊急ミーティング!?』から、「バラエティコーナーの司会のために舞台に登場した小野大輔さんが、この後喋った内容は?」との出題に、出演者の皆さん、頭を捻りますがなかなか正解に至りません。
なんと正解は、「この時点で20分以上押してます」。このイベントのバラエティコーナーの最初でも「20分押し」だと話していた小野さん。数年越しのデジャヴ、そして正確に20分だったことに皆さんスゴイ! と感動しながらも爆笑。


VitaminX B6キックオフMTG!

盛り上がるライブコーナー! ~エンディング

19 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!