広告をスキップ

吉沢亮を知る3つのポイント『東リベ』マイキーの原点となった過去作とは?

累計発行部数7000万部(20231月時点)を突破している和久井健による大人気タイムリープ・サスペンス『東京卍リベンジャーズ』を実写映画化した『東京リベンジャーズ』。

その待望の続編となる『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』がいよいよ公開となりました。6月にはさらなる続編の『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』の公開も控える中、本作で佐野万次郎/マイキー役を演じる吉沢亮さんに注目。

吉沢さんのこれまでのキャリアを振り返り、3つの観点から吉沢さんの演技に注目してみたいと思います。マイキーに繋がる共通点とは?

『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』場面写真 画像10

『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』より

吉沢亮の二面性と『仮面ライダーフォーゼ』

吉沢亮さんは、199421日生まれの現在29歳。「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSHマン」で3万人を超える応募者の中からRight-on賞を受賞し、デビューを果たしました。

最初期には舞台やディズニーチャンネルの情報番組『ディズニー365』で初々しい姿を見せていた吉沢さんは、2011『仮面ライダーフォーゼ』で朔田流星/仮面ライダーメテオ役を演じ、ブレイクを果たしました。

同作に出演する以前の吉沢さんは、デビュー間もない新人俳優であったため、どこかぎこちない演技を魅せることが多かったのですが、この一種の影を纏った朔田流星役を演じていくことで、徐々に演技のイロハや内面を掘り下げる術を学んでいったように感じます。

『仮面ライダーフォーゼ 公式ヴィジュアルブック 』(グライドメディア)

『仮面ライダーフォーゼ 公式ヴィジュアルブック 』(グライドメディア)

実は、この頃の決して王道のヒーローとは言えないキャラクターを演じた経験が、のちの『東京リベンジャーズ』マイキー役を演じる際に、非常に活きている印象を受けるのです。

朔田流星というキャラクターは、昏睡状態に陥ってしまった親友を救うため、アリエス・ゾディアーツを探しており、目的のためなら手段を厭わない、少し冷血なキャラとして登場します。

普段は仮面ライダー部に仮入部する臆病な交換編入生を演じながら、裏ではあらゆる企みを画策する、いわば王道の仮面ライダー像とは異なる存在感を発揮した、陰のある尖った役柄……つまりアンチヒーロー的な存在と言っても過言ではないのです。

IMAGE

zash

子供の頃から培ってきた映画、海外ドラマ、特撮、アニメの知識を活かして活動中。各媒体でコラム、取材レポート、インタビュー記事を執筆する他、雑誌やマスコミ用リリースへの寄稿も行っている。

オタ腐★幾星霜