広告をスキップ

山田裕貴『東リベ』ドラケンは“あのキャラ”と似てる?特撮ファンが見た共通点と実力

累計発行部数7000万部(20231月時点)を突破している和久井健による大人気タイムリープ・サスペンス『東京卍リベンジャーズ』を実写映画化した『東京リベンジャーズ』。

吉沢亮さんに続き本稿で注目するのは、『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』にて龍宮寺堅/ドラケン役を演じた山田裕貴さんです。

DVD『東京リベンジャーズ スタンダード・エディション』(TCエンタテインメント)

『東京リベンジャーズ』実写版における山田さんの演技を観ていたとき、昔よく似たキャラクターを山田さんが演じていたという既視感に襲われました。その役柄とは一体何だったのか……そうだ!『海賊戦隊ゴーカイジャー』のジョー・ギブケンだ!

実は共通点が多い『東京リベンジャーズ』ドラケンと『海賊戦隊ゴーカイジャー』ジョー・ギブケン。ドラケンファンの皆様にもぜひ、知ってほしいと思います。

ジョー・ギブケンとドラケンの共通点。リーダーの右腕的存在

 そもそも『海賊戦隊ゴーカイジャー』とは、2011年から2012年にかけて放映された「スーパー戦隊」シリーズ第35作。宇宙最大のお宝を求めて地球を訪れた宇宙海賊の「ゴーカイジャー」が、敵である宇宙帝国ザンギャックとの死闘を繰り広げていくというストーリーです。

海賊戦隊ゴーカイジャー キャラクターブック (東京ニュース通信社)

『海賊戦隊ゴーカイジャー キャラクターブック』(東京ニュース通信社)

同作で山田さんが演じているのは、主人公にしてゴーカイジャーのリーダーであるキャプテン・マーベラスを支えるサブリーダー的存在のジョー・ギブケン役。ブルーの衣装に身を包み、長髪をなびかせて、クールに戦う準主役的な立ち位置でした。

山田さんにとっては同作が俳優デビュー作となったわけですが、見事に自らの仕事を全うし、魅力あるキャラクターを作り上げた印象を大いに受けます。そんな『海賊戦隊ゴーカイジャー』時代の経験が現在も活きているのではないかと感じさせるのが、『東京リベンジャーズ』です。

『東京リベンジャーズ』で山田さんが演じる龍宮寺堅/ドラケンは、「東京卍會」の総長である佐野万次郎/マイキーを支える副総長です。つまりはマイキーの右腕として「東京卍會」が大きくなっていくのをサポートするという、まさにジョー・ギブケンと似通ったキャラクターなわけです。

IMAGE

zash

子供の頃から培ってきた映画、海外ドラマ、特撮、アニメの知識を活かして活動中。各媒体でコラム、取材レポート、インタビュー記事を執筆する他、雑誌やマスコミ用リリースへの寄稿も行っている。

オタ腐★幾星霜