『世界が広がる 推し活韓国語』書影

【レビュー】「推し」って韓国語で言える?『世界が広がる 推し活韓国語』実用フレーズ満載のマジで使えるあの良書が韓国語で登場

昨年3月に発売され注目を集めた『世界が広がる 推し活英語』(発行:学研プラス)。日米のオタクが本気で作った単語・フレーズ集とあって、「推しが尊い」「解釈一致」「激しく同意」などオタク定番フレーズが収録され、そのわかり味が深すぎる内容に震えました……。

そんな本書が、今度は韓国語に対応! 『世界が広がる 推し活韓国語』(発行:Gakken)として20233月に発売されました。その内容は、単純に『推し活英語』のフレーズを韓国語に訳したというわけではなく、韓国エンタメファンに向けて一から作り変えられているんです。

今やK-POP消費国一位()となった日本。最近ではサバイバルオーディション番組『BOYS PLANET』(通称:ボイプラ)の日韓同時配信など、リアルタイムに推せる機会も増えてきました。引き続き人気の高い韓流ドラマやバラエティ番組なども配信で簡単に視聴できるようになり、韓国エンタメが好き! 韓国に推しがいる!というオタクも少なくないでしょう。(何を隠そうそれは私だ)
(※K-POP Radar調べ「2023ニューK-POPキーワード10」より)

しかしアルファベットや、中国語の繁体字・簡体字などと違い、ハングルを使う韓国語は初見では読みも意味も全く見当がつかない……という方も多いでしょう。(それも私だ)

韓国語学習の書籍は数多く出版されていますが、ここまで推し活に特化した、そして使える書籍はないと思います!
さっそくその中身を見ていきましょう。

「推し」や「沼落ち」「在宅オタク」……国は違えど概念は共通

『韓国エンタメ必修単語』の章から始まる本書。

「推し」が収録されているのはもちろん、「単推し」「箱推し」や「沼落ち」など馴染みのある単語が並びます。面白いのは「在宅オタク」(家で推し活をするオタク)といった言葉もあること。感覚というか概念は共通なんですね。

前作『推し活英語』にも、「オタク」は「otaku」として英語辞書に載るほどポピュラーな言葉だと紹介されていましたが、なんと韓国語でも「オタク」はそのまま「오덕후(略して덕후とも)」。もはやオタクは世界共通言語なのでは……。

『世界が広がる 推し活韓国語』サンプル画像⑤

さらに「カムバック」(アイドルが新曲を発表し、番組出演などの活動をすること)、
「チッケム」(アイドルのパフォーマンスを1台のカメラで追いかけて撮影した動画)、
「スミン」(ストリーミングでの音楽再生)など、韓国エンタメ沼ならではの単語だって網羅されています。

「推し」や「沼」などの概念が共通している一方で、こういったユニークな推し活文化もあるんですよね。

最近日本でもファンが推しの誕生日やデビューなどを祝う広告を出す『応援広告』や、カップホルダーイベントなどが浸透してきていますがこちらも元は韓国独自の文化。日本とはまた違った推し活文化を知ることができるのも本書の魅力です!

 

『世界が広がる 推し活韓国語』サンプル画像⑥

▲推しの愛嬌って진짜(マジで)心臓に悪いんですよね!……でもそこがイイ!

 

IMAGE

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

この記事に関連するタグ

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

電ファミ新着記事

オタ腐★幾星霜