恋愛リアリティ番組の出演者になるチャット型シミュレーションゲーム『picka』がTGSに出展。参加者とのヒリつく駆け引きを通して「口説きスキル」が測れる試遊レポート

掲載/更新 0
恋愛リアリティ番組の出演者になるチャット型シミュレーションゲーム『picka』がTGSに出展。参加者とのヒリつく駆け引きを通して「口説きスキル」が測れる試遊レポート
9月15日(木)より開催されている東京ゲームショウにて、韓国の開発会社・プレーンベーグルが手がけるチャット型シミュレーションゲーム『picka』が展示されています。ユーザーの選択によって異なるストーリーが楽しめるチャット型シミュレーションゲームで、男女混合グループによる恋愛リアリティショーのような試みの一員として物語に参加します。
 9月15日(木)より開催されている東京ゲームショウにて、韓国の開発会社・プレーンベーグルが手がけるチャット型シミュレーションゲーム『picka』が展示されています。
本作はユーザーの選択によって異なるストーリーが楽しめるチャット型シミュレーションゲーム。韓国版および英語でプレイできるグローバル版がすでに配信されており、日本版では「今月の恋愛」というタイトルの作品がプレイ可能となっています。なお、韓国版ではホラー作品も配信されているようです。
「今月の恋愛」は、男女混合グループによる恋愛リアリティショーのようなストーリーの一員となることができる作品。30日間、さまざまな異性とのやり取りを通して、最後に自分の運命の相手を選ぶといったシステムのようです。
展示では「口説きテスト」と称した試遊が可能。なるべく多くの相手を誘惑することを目標に本作で起こるイベントの一部を体験、相手との駆け引きを楽しみながら自身の口説きスキルを測ることができます。
チャット型で進む駆け引きの様子はマッチングアプリを思わせるほどにリアルで、いわゆる「恋愛シミュレーションゲーム」とは異なる新しいジャンルであるように見受けられました。

登場する男性は、

チャ・ウンテ 27歳
獣医師

ウォン・ジュユル 24歳
大学生

ソ・ドハ 26歳
通訳者

キラキラキー にじゅうさんちゃい(原文ママ)
♣︎かふぇ経営♣︎(バイトじゃなくてオーナーだよ(*ノωノ))(原文ママ)

の4名。恋愛リアリティ番組あるあるの、明らかに異彩を放つ参加者も確認できます。
最初にやりとりをしたのは、獣医師のチャ・ウンテ。読書という共通の趣味で盛り上がったらしいふたりは急接近

元気がない主人公を見かねて部屋の前にアイスを置いておいてくれるなど、まさに王道の甘いやり取りを楽しむことができました。きっとこのままプログラムが終わってもお付き合いするのだろうという余韻を残し、やりとりは終了。
ふたり目は「どんな形であれ、新しい人と会うのは楽しいから!」というプロフィールとドローンを操作する姿からバイタリティあふれる人格が伝わってくるウォン・ジュユル。正直、気が合わなそうです……。

試しに駆け引きとして突き放すような解答をしてみると「こっちは真剣に聞いてんのに」、「ハァ…わかったよ」と怒らせてしまいました。素直さも時には必要なようです。
3人目は、あからさまにモテそうなソ・ドハ。通訳者という職業柄なのか、別の名前も持っているようでプロフィール欄にはDennis Mileyの名前が記されています。

やりとりを進めていくと「深夜、雰囲気に飲まれてキスしちゃった… いいのかな」と驚きの展開が。筆者的には、大人なのだから自由にしたらいいと思います。このことについて、ドハの答えは「その気もないのにキスする人間でもない」という明言は避けた解答。これを踏まえての「次のデートも期待しているよ」は一体どういうつもりなのでしょうか。
30日間をかけて運命の相手を選ぶというリアリティショーゆえ仕方がないものの「お前だからよかった」、「(本気に好きになれる人に)もうそういう人に会えたんだと思う」と思わせぶりな態度をとっていたにも関わらず明言を避けるドハに、不信感が募る結果となりました。
▲ドハによる思わせぶりなメッセージたち。
最後にやり取りしたのは、明らかにクセ者なキラキラキー。特に記載はありませんでしたが、システムメッセージが無慈悲に本名がキ・チョンソンであることを知らせています

 リアリティショー最後の日を前に、やりとりをするふたり。向こうの経験値が未知数なため、こちらも強気かつ素直な「うん、チョンソンには連絡するけど?」を選択したところ「仲良しの先輩って感じでいいですね」と戦力外通告をされ、あえなく撃沈。
筆者の結果は「恋愛学修士」。修士まで修めているにも関わらず「相談はそのくらいにしておいて自分の恋愛に集中してみては?」と、かなり核心を突かれる結果となりました。
実際のストーリーの中で起こるイベントを断片的にプレイするという都合上、関係性が構築されるまでの過程を知らないものの、なんとなくそれぞれの人格が伝わる解像度の高いセリフはいわゆる乙女ゲームとは異なる質感を持っていました。

キャラクターとして出てくるのではなく3次元の人物を描く「実在性」の高さへの印象が強く、魅力的な面だけでなく「ヤだな」と思わせる面があるというのはすごく新鮮な体験で。フルバージョンでプレイした際の没入感に期待できそうです。
また、ウィンドウなどを模したフラットなパステルカラーという韓国カルチャーど真ん中なデザインも魅力のひとつ。プレイするともらえる特典はトレカフレームとうちわとなっています。

トレカフレームは透明なカードにデザインが施されたもので、K-POPアイドルのCD特典としてお馴染みのトレカ(名刺サイズの写真)の上に重ねることで、自分の「推し」を簡単にデコることができるアイテムです。

このことからもZ世代の流行を反映した現代らしいタイトルであることが窺えました。
『picka』は10月に日本版を配信予定。

ブースで試遊すると上記の特典が貰えるほか、試遊とあわせて事前登録をすることで抽選会に参加できます。1等はゲーミングヘッドセットとなっているほか、2等以降にはムードライト(部屋の中に夕暮れのような光を作り出せるライト)やグリップトックなど、ここでもまた感度の高いアイテムが並んでいます。

一度プレイすると恋愛シミュレーションゲームとの温度感の違いを体感できるかと思うので、会場に行かれる方は試遊で、そうでない方は10月の本作のリリースをぜひチェックしてください。

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません