実は必死のマウントだった?初代『ドラゴンクエスト』竜王のあのセリフから現代人が学ぶこと

掲載/更新 0
実は必死のマウントだった?初代『ドラゴンクエスト』竜王のあのセリフから現代人が学ぶこと
RPGの代表格といっても過言ではない『ドラゴンクエスト』シリーズの初代作。そのラスボスである竜王のあのセリフは勇者への精一杯のマウントだった? 90年代を愛する小川満鈴さんがそこから学ぶこととは……。
IMAGE
幼いころから大人なるになるまで、ずっと私たちの身近にある漫画やアニメ。
キャラクターが発した台詞が心から離れない、という経験をした人は多いのではないでしょうか。

作品の“名言”を振り返る本シリーズ。
今回は1986年5月27日にエニックス(現・スクウェア・エニックス)より発売された歴史的大ヒットゲームの初代作品『ドラゴンクエスト』から心に響いたフレーズをご紹介します。
セーラームーンを筆頭に、90年代コンテンツを愛する小川満鈴さんに影響を与えた言葉とは?

※特性上、作品の内容に触れています。

ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III 画像

ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III より

初代『ドラクエ』竜王のセリフには裏がある?

もはや説明の必要もないくらいの知名度となったゲーム『ドラゴンクエスト』ですが、1986年(昭和61年)5月27日の発売当時はそれほど有名ではありませんでした。

もちろん、鳥山明さん堀井雄二さんすぎやまこういちさんという3人の夢のダッグは話題にはなっていましたが、発売前に今ほど大騒ぎになるほどではなかったのだそうです。
そんなドラクエの初代ですが、ラスボスである『竜王』が主人公である勇者に対してこんなセリフを言うのです。

「もし わしの味方になれば 世界の半分を〇〇にやろう」(〇〇は主人公の名前)
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません