佐伯大地の忘れられない“さよなら”は? ドラマ『100 文字アイデアをドラマにした!』インタビュー

掲載/更新 0
佐伯大地の忘れられない“さよなら”は? ドラマ『100 文字アイデアをドラマにした!』インタビュー
【チェキプレゼントあり】100文字アイデアをもとにドラマを作成。毎回違うゲスト俳優によって様々なストーリーが展開される本企画の第9話『さよならメッセンジャー』にミュージカル『刀剣乱舞』(岩融 役)や映画『女の機嫌の直し方』などで大活躍中の俳優・佐伯大地さんが出演! 本作品について伺いしました!
テレビ東京とメディアプラットフォームnoteとのコラボレーションによる連続ドラマ企画『100 文字アイデアをドラマにした!』

note上で「テレ東で観たいドラマ」を100 文字で募集し、投稿されたアイデアの中からテーマを決定。さらに、そのテーマにそったシナリオを募集し、その中から選んだシナリオをもとに本ドラマは制作されました。毎回、有名俳優をゲストに恋愛、コメディ、サスペンスなど、ひとつのテーマからさまざまな物語が繰り広げられます。

佐伯大地さんが演じるのは、第9話、架空の職業・さよならメッセンジャーに従事する雄介という人物。人や物など、あらゆる事象との“別れ”を代行する人物です。
「(フェイク)ドキュメンタリー」形式で進む非常にリアリティのあるこのドラマについて、お話しを伺いました!

チェキプレゼントもあり♪
■佐伯大地さん サイン入りチェキプレゼント│ドラマ『100 文字アイデアをドラマにした!』

公募で決定!アイデアが形になる新感覚ドラマ

――“さよならを代行する一般男性(雄介)のドキュメンタリー”という設定ですが、かなり複雑な役ではないでしょうか。

佐伯大地さん(以下、佐伯):そうなんです。僕も今までに経験したことのない役でした。フェイクとはいえドキュメンタリーものもほぼ初めてで、難しい内容でした。だから事前に入念な打ち合わせを行いましたね。『さよならメッセンジャー』という仕事が本当にあったらどうなるのか、ということは最初に考えていました。

ただ、現場で「やってみてどうなるかっていうのもあるよね」とも話しました。骨組みとなるセリフは用意してもらいましたが、ドキュメンタリーなので「セリフ」にはして欲しくないと。
でもいざ始めてみると、台本にない設定や会話に直面したり、アドリブが多かったので頭の中はずっとフル回転という(笑)。
――ドラマの中では割と現代社会で取り上げられることの多い“さよなら”がありました。
佐伯:はい。退職の申し渡しや、友達との別れを代行。時には物を預かったり……身近なテーマだからこそリアリティが増しますよね。

人間関係が複雑化している世の中で「別れ」を切り出すのは、本人(依頼人)にとってはすごくエネルギーを必要とする行為じゃないかなって。それを第三者である僕(雄介)が代わりに伝えに行くんです。
――他人のさよならを言いに行く、というのもすごくエネルギーを必要としそうですが……。

佐伯:雄介は割り切っているんだと思います。“そういう仕事だから”って。ある意味ドライなのかな。
僕の中では、雄介はたくさんの「別れ」を目の当たりにしすぎたからなのかな、と思っています。

でもさよならの後には新しいことが待っていると思います。

『100 文字アイデアをドラマにした!』第9話「さよならメッセンジャー」場面写真1

『100 文字アイデアをドラマにした!』第9話「さよならメッセンジャー」場面写真

――佐伯さんご自身が過去に体験した、忘れられない「さよなら」はありますか?

佐伯:あります……、最近実家の犬との“さよなら”がありました。
うちの犬は母親のいうことを一番にきいて、その次に父親。弟の事は群れの仲間だと思っていて、多分僕のことは子分くらいに思っていたんじゃないかな(笑)。実家にいる時も、僕一人の時は寄って来るけど、他の家族が帰ってくるとすぐそっちに行っちゃうんですよ。

それでも18年一緒にいたから心にくるものがあって。小学生の頃から弟と一緒に可愛がってましたから。
最後のお別れを家族みんなでする時に、母親だけじゃなくて弟も涙を流しているのを見て僕も涙ぐみました。この別れで強く気づかされましたね。
18 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません