佐伯大地の忘れられない“さよなら”は? ドラマ『100 文字アイデアをドラマにした!』インタビュー

佐伯大地の忘れられない“さよなら”は? ドラマ『100 文字アイデアをドラマにした!』インタビュー
【チェキプレゼントあり】100文字アイデアをもとにドラマを作成。毎回違うゲスト俳優によって様々なストーリーが展開される本企画の第9話『さよならメッセンジャー』にミュージカル『刀剣乱舞』(岩融 役)や映画『女の機嫌の直し方』などで大活躍中の俳優・佐伯大地さんが出演! 本作品について伺いしました!
テレビ東京とメディアプラットフォームnoteとのコラボレーションによる連続ドラマ企画『100 文字アイデアをドラマにした!』

note上で「テレ東で観たいドラマ」を100 文字で募集し、投稿されたアイデアの中からテーマを決定。さらに、そのテーマにそったシナリオを募集し、その中から選んだシナリオをもとに本ドラマは制作されました。毎回、有名俳優をゲストに恋愛、コメディ、サスペンスなど、ひとつのテーマからさまざまな物語が繰り広げられます。

佐伯大地さんが演じるのは、第9話、架空の職業・さよならメッセンジャーに従事する雄介という人物。人や物など、あらゆる事象との“別れ”を代行する人物です。
「(フェイク)ドキュメンタリー」形式で進む非常にリアリティのあるこのドラマについて、お話しを伺いました!

チェキプレゼントもあり♪
■佐伯大地さん サイン入りチェキプレゼント│ドラマ『100 文字アイデアをドラマにした!』

公募で決定!アイデアが形になる新感覚ドラマ

――“さよならを代行する一般男性(雄介)のドキュメンタリー”という設定ですが、かなり複雑な役ではないでしょうか。

佐伯大地さん(以下、佐伯):そうなんです。僕も今までに経験したことのない役でした。フェイクとはいえドキュメンタリーものもほぼ初めてで、難しい内容でした。だから事前に入念な打ち合わせを行いましたね。『さよならメッセンジャー』という仕事が本当にあったらどうなるのか、ということは最初に考えていました。

ただ、現場で「やってみてどうなるかっていうのもあるよね」とも話しました。骨組みとなるセリフは用意してもらいましたが、ドキュメンタリーなので「セリフ」にはして欲しくないと。
でもいざ始めてみると、台本にない設定や会話に直面したり、アドリブが多かったので頭の中はずっとフル回転という(笑)。
18 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは