【第5回】松村龍之介×高本学×小波津亜廉×菊池修司 天然ボケが炸裂!?|『たびメイト』沖縄編インタビュー

【第5回】松村龍之介×高本学×小波津亜廉×菊池修司 天然ボケが炸裂!?|『たびメイト』沖縄編インタビュー
舞台などで人気の俳優が世界を旅する番組『たびメイト』。今回は2019年1月2日(水)に放送される『たびメイト』沖縄編に出演する松村龍之介さん、高本学さん、小波津亜廉さん、菊池修司さんに【前後編】でインタビュー♪ 【前編】では4人が満喫した沖縄の魅力を教えてもらいました。
1月2日(水) 22時30分~23時30分にTOKYO MXで放送される『たびメイト』沖縄編は、松村龍之介さん、高本学さん、小波津亜廉さん、菊池修司さんによるパジャマパーティー風でお届けします! 4人自身が、沖縄・石垣島&西表島を旅したときの映像を観ながら振り返ります。もこもこ癒し系な衣装を着た4人が語る、旅の裏側は?

『たびメイト』沖縄

左から菊池修司さん、松村龍之介さん、高本学さん、小波津亜廉さん

プライベートと同じ空気感を楽しんで

――さっそくですが、沖縄4人旅はいかがでしたか?

高本学さん(以下、高本):行ったのは5月ぐらいだっけ?  

松村龍之介さん(以下、松村):ドライブに買い物、バーベキューとキャンプもしたね。あとは海水浴やシュノーケリングとかのマリンスポーツも!

菊池修司さん(以下、菊池):山も海も森も満喫して、本当にいろんな体験をさせていただきました。

高本:魚もたくさんいる綺麗な海を、手をつないで輪っかになって潜ったりして……仲良く沖縄を旅したね。

小波津亜廉さん(以下、小波津):5月なのに暑かったことを覚えてる。一番印象に残ったのはキャンプかなぁ。

菊池:うん。全部楽しかったけど一番は満場一致でキャンプだと思う。自分たちで張ったテントに寝泊まりしたんですが、そこから見える星空が本当に綺麗で。亜廉くんの作ってくれたパエリアを食べながら、「共演者同士でこんなに素敵な時間を共有できることってそんなにないな」って感慨深かったです。実はちょっと泣きそうになってました(笑)。

小波津:工房で体験したシーサー作りも4人の個性が出て面白かった。同じ作業をしているはずなのに、完成物は一人一人違うんですよ。修司はすぐに完成したんですけど、僕はすごく時間がかかってしまって……。それぞれが面白い感性を持っているんだなって。

松村:何気ないことだけど、ご飯を一緒に食べながらその日体験したことを振り返る時間も幸せでした。本当に普段通りの僕らの会話。仕事だからといって何かが変わるわけではないこの関係性がすごい。

菊池:仕事とプライベートの狭間が分からなくなっちゃう感じでした。僕らはまだ出会ってから1年経ってないんですけど、昔から知ってるような……もはや幼馴染みたいでしたね。

『たびメイト』沖縄1

天然ボケが2人?抜群のチームワーク

――小波津さんは沖縄出身ですが、シーサー作りの経験はあったのでしょうか?

小波津:小学生の時以来でした。でもこういう風に仲のいい友達と体験したことはなかったので、3人に僕の地元の伝統に触れてもらえて嬉しかったです。今回の旅は、僕自身も改めて沖縄の魅力を知ることができる貴重な機会になりました。

高本:僕も石垣島・西表島は初めてだったので、だから見慣れない食べ物とかを、1つずつ亜廉くんに確認していました(笑)。

菊池:料理屋さんで沖縄料理の説明をたくさんしてくれたね。ゴーヤも食べたし、あとテイラー・スウィフトみたいな名前のお肉の料理……。

一同:???  

小波津:あ、ラフテーのこと?  

菊池:そう! ……こんな感じで、沖縄初上陸の僕に亜廉くんは色々教えてくれました(笑)。

『たびメイト』沖縄2

小波津:楽しかった思い出ばっかりだけど、修司と学はシティボーイだからキャンプとか大変だったんじゃない?  

高本:たしかに僕と修司は虫が苦手で、自然と触れ合うことに慣れていなかったです。でも4人でいるのがとにかく楽しかった! 役割分担がしっかりできているんです。亜廉くんが沖縄の案内してくれて、のすけ(松村龍之介さん)がまとめてくれて、僕と修司くんが天然ボケで……。

松村:自分で天然ボケっていう?(笑)

菊池:僕と学くんがボケすぎてて……他の現場では「こんなこと言っても面白くないかな」って探り探りになっちゃうんですけど、もうこのメンバーといる時は思ったことをすぐに言葉にして発してしまう(笑)。

小波津:思いついたことをすぐに口に出来ちゃう間柄なんですよ。

高本:みんな”素”を出してたよね。

ハワイ編とは違う松村さんに注目!

『たびメイト』沖縄3

22 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ