映画『五億円のじんせい』初主演・望月歩インタビュー|忘れられない「あの瞬間」は……?【チェキプレゼント&フォトギャラリーつき】

映画『五億円のじんせい』初主演・望月歩インタビュー|忘れられない「あの瞬間」は……?【チェキプレゼント&フォトギャラリーつき】
映画『五億円のじんせい』が、7月20日ユーロスペースほか全国順次公開! 映画初主演となる望月歩さんのインタビューを、チェキプレゼント&フォトギャラリーつきでお届けします。
かつて五億円の募金で命を救われた少年。
窮屈な青春を送っていた彼は、17歳の夏、SNSで自殺を宣言する--。


ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』に瀬尾役で出演、注目を集めた望月歩さんを主演に迎えた、映画『五億円のじんせい』が、7月20日ユーロスペースほか全国順次公開!
GYAOとアミューズによる合同オーディション企画「NEW CINEMA PROJECT」第1回グランプリを受賞作品の映画化で、山田杏奈さん、平田満さん、西田尚美さんといった個性派キャストが集結しています。

映画初主演となる望月歩さんのインタビューをお送りします。

撮影を振り返って

――今日は数多くの取材が受けられたそうですが、これがラストですか?
今日の最後の取材です!

――たくさんの取材を受けて改めて感じたことはありますか?
今日1日、いろいろとお話させていただいて、撮影の時の雰囲気というか、すごく熱がある現場だったなぁ、というのは改めて思い出しました。とくに、透役の兵頭(功海)くんとのシーンの、現場での兵頭くんの熱とか……ひとつひとつを思い出しました。

――初の主演映画、撮影を思い出すと、戦いの日々だったという感じでしょうか?
僕からしたらもうすごくありがたくて、“戦い”というよりはもう日々「ありがとうございます!」って気持ちでした。一つの役でこんなにいろいろな人と絡むのは初めてだったので、本当に嬉しかったです。演じていく中でどんどん望来の気持ちが動いていくんだなっていうことも実感できて、すごく幸せでした。

――演じているうちに気持ちが動いていった、という感覚ですか?
はい。自分なりに「ここはこうしてみよう」「こうやって感じるんだろうな」って考えて現場に入るんですけど、自分が思っていたよりも「(相手が)こうくるの?」みたいなことがたくさんあって。自分の思いをどんどん超えてくるので、すごく新鮮な経験でした。

――完成した作品を観て感じたことは?
自分のお芝居を観ていると、自分の顔とか声が気になって、最初のほうは全然集中できなくて、ずっと「気持ち悪い!」と思ってたんです(笑)。でも、途中からは作品に集中して観れるようになって、そこからはすごく元気をもらったな、って。自分が出てる作品だけど、勇気をもらったな、って気持ちになりました。
21 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは