『パリピ孔明』千葉翔也インタビュー【前編】演技は「もっとモブっぽく」!? アフレコ時の思い出を語る

掲載/更新 0
『パリピ孔明』千葉翔也インタビュー【前編】演技は「もっとモブっぽく」!? アフレコ時の思い出を語る
4月から放送が始まった、アニメ『パリピ孔明』。第5話から登場する、無敵のフリースタイルラッパー・KABE太人を演じる千葉翔也さんの撮りおろし写真つきインタビュー【前編】です!
三国志の時代、蜀の丞相を務め病死した諸葛孔明がハロウィン真っ只中の現代日本に降り立った! 渋谷で出会った駆け出しのアーティスト・月見英子の歌に心を奪われた孔明は、英子に軍師として仕えることに……。

音楽シーンに革新を巻き起こす孔明と英子ら、クラブ・BBラウンジメンバーに新たな仲間が加わる!?
MCバトル選手権3年連続制覇のラッパーにして、プレッシャーに弱く胃潰瘍を患っている異色のフリースタイラー・KABE太人を演じる千葉翔也さんに、本作の見どころとKABE太人の魅力をお聞きしました。

「パリピ」な「孔明」ってどういうこと!?

――4月からアニメの放送が開始しましたが、反響をご覧になっていかがでしょう?

 僕自身は内容を知っているのですが、タイトルが『パリピ孔明』なので(笑)。作品をご存知ない方は「パリピ」というワードに「騒がしさ、面白さ」というイメージを持たれていたようですが、1話が笑いもありつつ前向きで感動的な内容だったので、いい意味で予想を裏切られているのを見て、出演者としては「しめしめ」と。とても素敵な作品なので、このまま見続けてほしいなと思いました。

――『パリピ孔明』へのご出演はどのように決まったのでしょう?

 実は、2回オーディションを受けていて。スタジオで制作陣を前にお芝居やラップを見せる際に原作も読みました。KABEはなんと言ってもMCバトル選手権3連覇という実績があったので、どう演じたらそれを表現できるかを悩みました。でも、テンポの良さと真面目と笑いのバランスにいつの間にか引き込まれて元気をもらえる『パリピ孔明』に出演が決まったときは本当に嬉しくて。「ラップ頑張ろう」って改めて思いました(苦笑)。

――制作陣を前に、ラップを披露するオーディションとは?

 オーディションの時点で、アニメに出てくるラップの音源がすでに出来上がっていて。1曲まるまる練習して臨んだのですが、3分の1くらいで「もう大丈夫です」と止められてしまって(苦笑)。もういいの? 最後までやらせてよ! と思ったので、本編では最後までしっかり歌えてよかったです。

KABE太人には共感ポイントがいっぱい!

――千葉さんが演じられる、KABE太人(かべたいじん)について教えてください。

 学生時代にラップに出会い大好きになり、その気持ちでMCバトル選手権DRMを3年連続で制覇し、無敵のフリースタイラーの異名を持っています。が、普段はあまり社交的ではなく、クラスのなかでも静かにしているタイプというギャップが面白い人物ですね。僕も学生時代はクラスの中心にいるほうではなかったので、自分としては共感できる部分ばかりで(笑)。

 自分の好きなことを見つけて、結果を残せてるという部分がすごくカッコイイ人だと思って演じたんですが、初回の収録で「もっとモブっぽくしゃべって」「それだと最初からカッコよすぎる」と言われてしまって……。自分としては特段カッコよく演じているつもりはなかったんですけど。それからは、普段のKABEくんの自信なさげなところと、カッコよくラップをするところの切り替えは意識しながら演じています。
――KABE太人の魅力や、役作りでのポイントは?

 ラップにかける思いが誰にも負けない部分が魅力的ですね。KABEくんは、自分が普通の人間で、普通に高校生をやっていることをネガティブに捉えているんですけど、それをうまく自分の武器に変えていく部分は、ヒップホップに詳しくない方でも共感してもらえるのではないかと思います。
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません