藤原大祐「この映画で『今を生きろ』というメッセージを伝えたい」映画『追想ジャーニー』キャストインタビュー

掲載/更新 0
藤原大祐「この映画で『今を生きろ』というメッセージを伝えたい」映画『追想ジャーニー』キャストインタビュー
2022年11月11日公開の『追想ジャーニー』。本作で初主演を務めるのはドラマ『教祖のムスメ』、映画『モエカレはオレンジ色』などの話題作に出演し、今最も注目の俳優・藤原大祐さん。役どころや作品への思いなどをうかがいました。
ドラマ『教祖のムスメ』、映画『モエカレはオレンジ色』などの話題作に出演、今最も注目の俳優・藤原大祐さんが、2022年11月11日公開の『追想ジャーニー』で、映画初主演を飾りました。

藤原さんの役どころは、高校生の文也。その文也が突然現れた30年後の自分と追想の旅に出る姿を描いた異色作です。文也の30年後、48歳の売れない俳優を演じるのは高橋和也さん。藤原さんに役どころや作品への思い、そして共演した高橋さんの印象などをうかがいました。

映画『追想ジャーニー』藤原大祐さん

▲藤原大祐さん

「今を生きろ」という、監督からのメッセージだと思いました

——オファーの時の感想と、脚本の印象を聞かせてください。

藤原大祐(以下、同) 実は、谷健二監督とはこの作品をやる前から面識があって、「いつか一緒にやりたいね」というお話は以前からいただいていて、念願叶ってできた作品なんです。
脚本もとてもキャッチーな内容で面白いと思いましたし、その中にも監督のこだわりや伝えたいメッセージがあって、それが、(ポスターに書かれていた)「演じきれ、俺の人生」なのですが、言い換えれば、「今を生きろ」ということだと僕は思いました
今を生きることを知る、30年前の文也と30年後の文也のお話です。
映画『追想ジャーニー』予告編
——改めて、文也という人間をどう捉えて演じましたか?

バカピュアな人。ピュアすぎるあまりにすべてのことが表面でしかわからなくて、女性の気持ちに気付いてあげられないから、恋愛もうまくいかないんです。でも、だからこその良さもある人で、優しさもあってね。自分の夢だった俳優の仕事だけはなんとか成功したいと、今も100パーセントの気持ちで追いかけている人だと思うんです。

映画『追想ジャーニー』場面カット①

▲映画『追想ジャーニー』場面カット

——同一人物の文也を、年齢の違う高橋和也さんと演じることでの難しさはありましたか?

高橋さんと同じように演じることは意識していませんでした。同じところもあれば違うところもあるというのが、30年間を逆に膨らませると思ったからです。ただ、高橋さんのお芝居を見ながら、僕は30年後にはこうなるんだと感じて演じていましたし、おそらく高橋さんも30年前はこういうイメージだったのだと、僕を見てくださっていたと思います。
それぞれが相手の芝居を受けて、空白の30年後を想像するではありませんが、自分たちの年を繋げていく感覚はありました。

大人の役者の生き方というのを体感した

——高橋さんのお芝居を見て、感じたこと、印象に残っていることは?

熱量の伝わり方が違うと思いました。人生いろんなことを経験したからこそ出せる演技で、僕には絶対に出すことができない、大人の役者の生き方というのを目の前で体感させていただきました。
僕は今、同世代の方とお芝居をすることが多いので、とても貴重な経験でした。
36 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません