小澤廉が“ドM”な教師役を…!? ドラマ『チョコレート戦争』独占インタビュー【第1回】

掲載/更新 0
小澤廉が“ドM”な教師役を…!? ドラマ『チョコレート戦争』独占インタビュー【第1回】
ドラマ『チョコレート戦争 ~朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり~』より小澤廉さん、古谷大和さん、星元裕月さん、TAKAさん(CUBERS)、阪本奨悟さん、杉山真宏さん(JBアナザーズ)のインタビューを3回に渡りお届け! 初回となる前編では、ドラマで演じる役柄をお聞きしました!
IMAGE
ドラマ『チョコレート戦争 ~朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり~』(全12話)は、2020年1月よりtvkで毎週金曜24時30分~放送のほか、動画配信サービスGYAO!(第1話無料、第2話以降1週間無料)などでも好評配信中です。

numanは2月8日に開催されたイベント、第二回生徒総会「チョコレート戦争~二兎を追う者は一兎をも得ず~」(※)の合間に、登壇キャスト6名へとインタビュー

仁科智也役の小澤廉さん、村木乃亜役の古谷大和さん、宮田健介役の星元裕月さん、小暮海斗役のTAKAさん、工藤通李役の阪本奨悟さん、長谷川由和役の杉山真宏さんによる、独占トークをお届けいたします。

※イベントの様子はDMM動画にてアーカイブ配信中!3月15日 23:59まで

『チョコレート戦争』インタビュー01

向かって左から、杉山真宏さん、小澤廉さん、阪本奨悟さん

ドラマで演じる役柄は? キャラクターを自己紹介!

――全12話の放送も折り返しに差し掛かりましたが、後半からドラマをご覧になる方に向けても、まずは皆さんが演じる役柄をご紹介ください!

小澤廉さん(以下、小澤) 僕は主人公の仁科智也として、初めての教師役に挑戦しています。このドラマはある事件について、仁科先生が学園内アイドルグループのDust Kiss (通称・ダスキス)メンバーに事情聴取をするところから展開していくんですが、生徒たちには結構ナメられていて。暴言を吐かれたりして、ドMじゃないと耐えられないような教師役です(笑)。
ただ主演としてはもちろん、彼の目線で物語が進んでいくというストーリーテラーでもあるので、すごく重要な存在だなと感じています。

――続いては、Dust Kissメンバーを演じる古谷さん、星元さん、TAKAさん。

古谷大和さん(以下、古谷) 僕が演じている村木乃亜はDust Kissのリーダーで、事件の被害者になってしまった篠田康太(演・立石俊樹さん)のことを、このグループに誘った人物でもあります。
そんな乃亜のキャラクターは、あんまり僕とかけ離れていなくて、陽気で、リーダーシップがあって、すごくいい男です(笑)。

星元裕月さん(以下、星元) 私の役柄は宮田健介という名前なんですが、彼は“宮田健介”と呼ばれることをすごく嫌がっていて、周りには“ミヤ”と呼ばせているんです。ちょっと口調がキツめで、にっしー(仁科)にはひどい言葉を言ったりもするんですけど、そこには彼なりの考えがあるし、なんで彼がミヤと呼ばれているのかもこれから明かされていくので、そんな姿にも注目していただきたいです。

『チョコレート戦争』インタビュー02

ドラマ『チョコレート戦争 ~二兎を追う者は一兎をも得ず~』第7話場面写真より

――ミヤはビジュアル面でも、中性的な個性を持っていますよね。

星元 そのメイクも、可愛らしさや透明感が出るような、“旬のメイク”というものをガン無視していくスタイルを貫いていて(笑)。自分のスタイルをしっかりと持っている子で、そういうところは私とも似ているなって思いますし、堀内監督ともお話をしながら、一緒に作っていった面でもあります。

TAKAさん(以下、TAKA) 僕が演じる小暮海斗は、初登場シーンでは怪しいバイトをしていて、ちょっと悪さをしているような子です。とはいえ彼もまだ高校1年生なので、ちょっとグレてはいるものの、それは若気の至りみたいな感じで、可愛げのある部分もあったりして。

古谷 ドラマ後半戦では、そういったダスキスの個性もどんどん出てくるので、色んなキャラクターの側面を見ながら楽しんでいただけると思います。

TAKA これからダスキスの過去が描かれる場面では、海斗にも高校生らしい、可愛い後輩としての姿や、先輩メンバーにイジられたりする姿もあるので、本当の海斗はどんな子なのかを、皆さんにも感じ取ってもらえるはずです。彼がグレちゃった理由も明かされていくと思うので、そういった部分にも注目してください。

星元 ミヤのことも、どういう風に他のメンバーと絡んでいくのか、どんな想いから彼なりの服装や言動をしているのか、見守っていただけたらなと思います。

杉山真宏「僕のことを忘れないで(笑)」

――そして阪本さんは、仁科先生の過去編である第2章より登場します。

阪本奨悟さん(以下、阪本) 僕は、工藤通李役を演じました。9年前に、仁科さんが「新堂京平」という名前でアイドルデビューをすることになり、そのデビュー曲を提供するという役柄です。工藤も仁科さんもなかなか感情を表に出さないタイプなので、そういう面からもどこか通じる部分を感じて、工藤は仁科さんのデビュー曲を作ることを決断したんじゃないかなと思っています。

小澤 ドラマ第4話、第5話では、仁科の重い過去も明かされています。ドラマ後半からご覧になる方は、ぜひそちらも配信サービスでチェックしつつ追いかけてほしいです!

阪本 過去編のラストとなる場面は、僕も台本を読んでいて「どう演じたらいいのかな」とすごく考えたシーンでもあります。結果的には仁科さんを裏切る形になっているので、始まりから終わりまで、工藤はかなりミステリアスなキャラクターになったなと思います。

『チョコレート戦争』インタビュー03

ドラマ『チョコレート戦争 ~二兎を追う者は一兎をも得ず~』第5話場面写真より

19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません