【後編】鳥越裕貴×高橋健介 転生するなら猫&忍者!その理由は?舞台『桃源郷ラビリンス』インタビュー

掲載/更新 0
【後編】鳥越裕貴×高橋健介 転生するなら猫&忍者!その理由は?舞台『桃源郷ラビリンス』インタビュー
【後編はこちら!】『桃太郎』を題材にしたメディアミックスプロジェクト『桃源郷ラビリンス』。【前編】に続き、その舞台版に出演する鳥越裕貴さん×高橋健介さんを直撃! 2人が転生するならなりたいものは?
IMAGE
日本のおとぎ話の一つで、日本文化遺産にもなった『桃太郎』を題材にした“小説×舞台×実写映画”のメディアミックスプロジェクトが2018年8月7日にスタートした『桃源郷ラビリンス』。

岡山出身・在住の作家、岡山ヒロミ先生が『桃太郎が現代に転生したら』という妄想のもと執筆した小説『桃源郷ラビリンス』を皮切りに、まずは舞台公演が東京公演・なかのZERO大ホール(2019年4月4日~7日)、岡山公演・おかやま未来ホール(2019年4月13日~14日)と上演され、さらに今秋には実写映画化が決定しています。

主役・吉備桃太郎を演じる鳥越裕貴さんとその親友である大和尊を演じる高橋健介さんのスペシャル対談【後編】ではプライベートを中心にお伺いしました♪

舞台『桃源郷ラビリンス』 鳥越裕貴さん×高橋健介さんインタビュー後編1

(右より)鳥越裕貴さん、高橋健介さん

プライベートでも仲良し過ぎる2人!

——お二人は仕事で共演されたり、プライベートでも親しい印象があります。

鳥越 わりと仲いいですね。

高橋 と言いつつ、それこそ織姫彦星状態じゃないですが、年に一度くらいふと予期せぬ時の誘いが来るんです。

鳥越 ポンと気まぐれにね。でもこの人、来ないです。

高橋 いやいや! お茶とかなら行くんですが、鳥ちゃんは「洋服を見に行こう」という誘いが多いので……。

——高橋さんはショッピングは苦手なんですか?

高橋 ファッションに興味があまりなくて、ブランド名なども疎いですね。洋服へのこだわりがあまりないんです。買い物の誘いを断り続けていたら、誘われなくなりました(笑)

——プライベートでも親しいお2人ですが、今回の桃太郎と尊も親友という設定。演じる上で活かせる部分がありそうですね。

鳥越 確かにお互いをよく知っているので、芝居はやりやすいとは思いますね。

高橋 鳥ちゃんと普段一緒にいたり、トークのお仕事もありますが、こうして芝居でガッツリ絡むのは初めて共演した時以来なので、楽しみですね。僕はドキドキしています、緊張しちゃう(笑)

転生したらなりたいものは?

——今作では『吉備桃太郎はあの伝説の桃太郎の転生体かもしれない』という紹介文がありますが、もし自分が何かに転生できるとしたら、何になりたいですか。

鳥越 僕は猫になりたいですね。自由でいいなあと思うので。小学生の頃、猫を10何匹くらい飼っている友人がいたんです。遊びに行ったとき、バッグの下にいつの間にか粗相をされたことを強烈に覚えていて……その時「もし猫に生まれ変わったら絶対仕返しするぞ」と思っていました(笑)

高橋 僕は忍者ですね。ガチガチの忍者じゃなくてファンタジックな忍者になりたい。

鳥越 「ガチガチの忍者」と「ファンタジックな忍者」ってなにが違うの?

高橋 僕の中で「ガチガチの忍者」は実際に存在していた伊賀や甲賀の忍者で、『まきびし』とか使う人たち。僕はそのもう一歩先をいった影分身とかを使うようなファンタジックな忍者がいいんです。技を使って敵を倒したいです。修行して闘えるスキルを持つ忍者になりたいです。
——今作『桃源郷ラビリンス』は小説から舞台化、映画化とメディアミックスしていく展開ですが、この連動企画についてコメントをお願いします。

鳥越 なかなか出来ないことだと思うので、メディアミックスして広がっていけば良いなと考えています。そして『桃太郎』をまた新しいジャンルとして伝えられるものがあると嬉しいと思います。

高橋 舞台で演じた芝居を映像でそのままやると多少オーバーになってしまうと思っているので、そこはしっかりと自分で勉強させて頂きながら、どちらをお客様が見ても違和感がないように演じていきたいと思います。
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません