廣瀬大介&赤澤燈「タマネギは料理の名脇役!」WEBドラマ『即興演技サイオーガウマ』対談【第3回】

掲載/更新 0
廣瀬大介&赤澤燈「タマネギは料理の名脇役!」WEBドラマ『即興演技サイオーガウマ』対談【第3回】
廣瀬大介さん&赤澤燈さんが共演するネットドラマ『即興演技サイオーガウマ』(全4回)が、9月18日より配信中! 即興演技を終えたおふたりに、撮影を振り返ってのお話をうかがいました!【第3回】
IMAGE
YouTube・ニコニコチャンネルにて大好評配信中のネットドラマ『即興演技サイオーガウマ』は、用意されたキャラクター設定に従い、事前に役作りをした2名のキャストがお互いの設定を知らない状態で演じる、15分間の即興ドラマです。
即興で演じることの面白さに加えて、アフタートークを挟み再度演じ直すことにより普段のドラマや舞台では見ることのできない、役者の役作りや演技の裏側まで覗くことができるコンテンツ。

SEASON:05では、廣瀬大介さん&赤澤燈さんをキャストに迎え、役作りから即興ドラマまで、あますところなくお届けします!
そんな即興ドラマの収録を終えおふたりへのインタビュー第3回

■これまでの廣瀬さん&赤澤さんのインタビューはこちら!
廣瀬大介&赤澤燈が約5年ぶりの共演!WEBドラマ『即興演技サイオーガウマ』対談【第1回】
廣瀬大介&赤澤燈「衣装のポイントはこの髪型!」WEBドラマ『即興演技サイオーガウマ』対談【第2回】

完成した映像が早く見たい! と思える達成感

――即興ドラマを振り返りつつのアフタートークも配信されますが、演技直後に監督と一緒にご自身の姿を振り返ってみるのはいかがでしたか?

廣瀬 実際に映像を見てみると、自分で思っていた絵との違いなども発見できました。

赤澤 演じてすぐ見るのって新鮮だなって。

廣瀬 映像作品でテスト映像を見るくらいならあるけど、短い1シーンだからね。

赤澤 そう。ガッツリ1作品のパッケージをすぐに見るって、ちょっと恥ずかしさもあったりしましたね(苦笑)。
――「15分間ノーカット」という今作ですが、時間配分はいかがでしたか?

赤澤 1回目は短いなって思いました。

廣瀬 1回目はお互いの役柄を分かってない分、相手の情報を引き出す時間で終わっちゃうよね。逆にリトライやリトライ2は時間を見る余裕がありました。
――演じられた即興演技、お気に入りはどの回ですか?

赤澤 リトライリトライ2

廣瀬 僕も。1回目はやっぱり、やり切れていないっていう思いが残っちゃってるので。

赤澤 1回目はほんとに「もう終わり!?」って感じでした。
――お相手の演技で「ナイス!」と思った瞬間を教えてください。

赤澤 けっこうあります。最後の終わり方というかオチなんかも。リトライとリトライ2は、こう終えてほしいと思っていた終わり方をしてくれたので。コメディなので、笑いそうになる感じの終わり方でしたが(笑)。

廣瀬 お芝居慣れしてるなって。

赤澤 自分もじゃん!(笑)

廣瀬 ほんとにすごいなって思って。瞬発力や周りを客観視しているところ、あと無意識だと思うんですが相手がやりやすいようなパスを回してくれるんですよね。

赤澤 それはお互い様だよ。初対面の役者さんなら、そのパスすら感じ取ってもらえない可能性もあるけど、ふたりの関係値があるからよりお互いに分かりやすかったんだと思います。

廣瀬 「今だよ」って背中を押すようなパスをくれるんですよね。
――『即興演劇サイオーガウマ』シーズン5、出来栄えのほどはいかがでしょう?

赤澤 早く見たいなって思うから、良かったんじゃないかと思います。

廣瀬 もちろん反省もあるし、悔しかった部分もあるけど、総合的に見ると良かったと思えます。

赤澤 実はもっと落ち込んで反省会みたいになる可能性もあるなと思っていたんですが「楽しかった」という思いで1日が終われそうなので、安心しました。

ふたりのなかで“タマネギ”のポジションは?

18 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません