【チェキプレゼントあり】舞台『pet』─壊れた水槽─|谷佳樹×演出・伊勢直弘×総合監修・なるせゆうせいインタビュー

【チェキプレゼントあり】舞台『pet』─壊れた水槽─|谷佳樹×演出・伊勢直弘×総合監修・なるせゆうせいインタビュー

植田圭輔さん主演のアニメ化&舞台化が同時発表された、三宅乱丈原作の『ペット リマスター・エディション』。アニメに先駆けて2018年12月5日(水)より草月ホールで公演が始まる舞台『pet』─壊れた水槽─より、numanでは悟役の谷佳樹さん、演出の伊勢直弘さん、総合監修のなるせゆうせいさんの独占インタビューを決行しました! 谷さんから見た伊勢さんとなるせさんの演出の違いとは……?

あらすじ(公式サイトより)

人の脳内に潜り込み、記憶を操る能力を持つ者達がいた。
彼らのその力は、事件の揉み消しや暗殺など、裏の世界で利用されてきた。
人の精神を壊すほどのその力は、同時に彼ら自身の心を蝕んだ。
彼らはお互いを鎖で縛り付け合うように、脆く危うい心を守った。
彼らは恐れと蔑みからpet(ペット)と呼ばれた。

TVアニメ・舞台「pet」公式サイト

「ヒューマンドラマに集中してもらえるような演出を」(伊勢直弘)

――今作の簡単なあらすじと見どころを教えてください。

伊勢直弘さん(以下、伊勢):いや、あらすじを”簡単に”、説明するというのが非常に難しい作品です。なので先に見どころを言ってしまえば”複雑に作りこまれた世界観をどれだけ分かりやすく表現しているか”というのが見どころです。

世界観にさえ没入できれば、非常に感情移入しやすいのがこの作品の魅力の1つなので。この世界における”ルールづけ”を、どれだけ視覚的にも簡潔に見せられるかにこだわっています。言葉だけの説明だと、どうしてもオーバーフローしてしまうので……。

谷佳樹さん(以下、谷):僕は普段、原作がある舞台に出させていただく時に、原作のファンの方でも、初見の方でも、同じように楽しんでいただけるようにと思っています。今回も勿論、その気持ちは同じなんですが、『pet』に限っては、“ヤマ”と”タニ”(※1)、『pet』という作品の中の”ルール”を分かってみていただいた方がより楽しめます、ということを自分のブログに書きましたね。普段はこういうこと書かないんですけどね。

伊勢:それだけしっかりとこの骨太な世界観に没入してほしいってことだよね。

なるせゆうせいさん(以下、なるせ):そういうことですね(ドヤ顔)。

伊勢:今の一言で、なるせさんが総合監修してくれたということで(笑)。

(※1:ヤマ:人の記憶において、最も幸福な記憶が集まる場所。タニ:人の記憶において、最もつらい記憶が集まる場所。)

(左)なるせゆうせいさん、(中央)谷佳樹さん、(右)伊勢直弘さん

――なるせさん、谷さんは、三宅乱丈先生のマンガの舞台化は『イムリ』(※2)に続いて2作目ですが、三宅乱丈先生の作品の魅力とは?
:三宅先生の物語を作る上での着眼点、感性は、普通の人とは違うなと思います。ファンタジー要素の入ったオリジナルの世界観を構築しつつ、登場人物たちの感情や行動は、僕らの実生活に近いものがあるからすごいです。『イムリ』を長編で描かれているのもすごいですが、今回の『ペット リマスター・エディション』に関してはこの複雑なストーリーが5巻で綺麗に完結されているのもすごい。凡人の頭では考えつかないですよ。

なるせ:我々、凡人だからね(笑)。

:そうなんですよ(笑)。悪い意味ではないんですけど、すごすぎて理解が出来ない! ってなります。でもだからこそ、惹きつけられるんですよね。

なるせ『ぶっせん』(※3)のようなコメディ作品を描かれていることもあるし、かと思えば、『イムリ』や『ペット』のような人間のドロドロした深層心理に迫っている作品もあって、幅が広い。手塚治虫先生とかもそうですけど、マンガ家さんって、その世界の神様の目線で、俯瞰で見た物語を描いているのかな、すごいなと思います。

伊勢:どこかでこの世界を実際に見てきたんじゃないかっていうリアリティがあるよね。自分から湧き出る発想だけで、どうしてこんなすごい世界が思いつくんだ!? と驚きます。でも、登場人物たちの人間臭さには覚えがあるな、という感じ。

(※2:『イムリ』: 文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した、三宅乱丈によるSFファンタジー。『コミックビーム』にて連載中。不可思議な超能力を操る3つの民族が闘争と暴政の歴史を織り上げてきた星、ルーン。その世界の運命を大きく変えるひとりの少年・デュルクが自らの宿命に目覚める。)

(※3:『ぶっせん』:三宅乱丈のデビュー作。2013年に吉沢亮主演でドラマ化、のちに舞台化もしている。"仏教専門学園"略して"仏専(ぶっせん)"を舞台にしたコメディ要素の強い作品。)

三宅乱丈原作の舞台に立つのは2度目となる谷さん

――伊勢さんの演出のこだわりがあればぜひ教えてください。

伊勢:先ほどお話した通り、まずは世界観を分かりやすく表現することで、ヒューマンドラマに集中してもらえるようにと思っています。どうしても専門用語も多いのですが、稽古場でも「説明を説明するな、説明を会話しろ」と役者さんたちに言っているんです。用語1つ取っても、その用語をその人物がどう捉えているかで、ただの説明台詞にならないと思うから。

映像も使うのですが、映像に頼り過ぎず、演劇ならではの場面転換の方法も用いて、”条件付け”もしています。「さっきと同じように場面転換があったから、これはさっきと同じ状況なんだな」というように分かりやすく見せていく――演劇らしいことをすごくしているなと感じます。

なるせ:そうですね、演劇ですねぇ。

伊勢:今、総合的に監修してもらいました(笑)。

なるせ:(笑)。真面目な話、昔からある演劇の手法と、今時のスタイリッシュな演劇の手法が上手くマッチングしてるなと感じています!

「谷やんは繊細で素直」(なるせゆうせい)

――キャラクタービジュアルについて、谷さんの演じる悟は、谷さんの素顔とは随分印象が違いますが、ビジュアル撮影はいかがでしたか?

:金髪で、鼻にピアスつけてて……ビックリしますよね。

なるせ:本番は坊主頭です。

伊勢:あと全裸ね。

:いやいやおかしいですよね(笑)!? ちゃんとキャラクタービジュアル通りに出てきますよ!
お話をいただいた時から、今までやったことのないビジュアルにわくわくしました。でも、初見で悟のビジュアルをぱっと見た時に感じた印象と、今の印象は全然違うんです。原作、台本を読んで、伊勢さんに演出をつけていただく中で、どんどん悟のバックボーンが見えてきて……。
例えばコスプレもそうですが、人って変身願望があると思うんです。悟のこの容姿にもそれに近い理由があります。彼はお客様に感情移入してもらいやすい立ち位置にいると思うので、ぜひ観ていただきたいです。

――ビジュアルが解禁された時のファンの方のリアクションはいかがでしたか?

:ビックリだけど、新しい姿が見られそうで嬉しい、というリアクションが多くてとてもありがたいです。あとは伊勢さんとは『BOYS★TALK』で、なるせさんとは『イムリ』で過去にご一緒させていただいているので、またお2人と一緒のお仕事で楽しみにしています! というお声もいただきましたね。

なるせ:伊勢さんと僕の演出って結構違う?

:いやもう、全然違いますよ!!!  
なるせさんは役者を泳がすというか、1回役者に委ねて好きにやらせて、たまに”棘を刺す”感じ。伊勢さんは一緒に感覚を共有しながら積み上げていって、大枠を一緒に作る感じで。

段ボールで表現すると、伊勢さんは一緒に段ボールを用意してくれて、その中に役者が荷物を敷き詰めていく感じ。なるせさんの場合は……まず段ボールがない!

なるせ&伊勢:(爆笑)。
27 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!