【チェキプレゼントあり】舞台『pet』─壊れた水槽─|谷佳樹×演出・伊勢直弘×総合監修・なるせゆうせいインタビュー

【チェキプレゼントあり】舞台『pet』─壊れた水槽─|谷佳樹×演出・伊勢直弘×総合監修・なるせゆうせいインタビュー
植田圭輔さん主演のアニメ化&舞台化が同時発表された、三宅乱丈原作の『ペット リマスター・エディション』。アニメに先駆けて2018年12月5日(水)より草月ホールで公演が始まる舞台『pet』─壊れた水槽─より、numanでは悟役の谷佳樹さん、演出の伊勢直弘さん、総合監修のなるせゆうせいさんの独占インタビューを決行しました! 谷さんから見た伊勢さんとなるせさんの演出の違いとは……?

あらすじ(公式サイトより)

人の脳内に潜り込み、記憶を操る能力を持つ者達がいた。
彼らのその力は、事件の揉み消しや暗殺など、裏の世界で利用されてきた。
人の精神を壊すほどのその力は、同時に彼ら自身の心を蝕んだ。
彼らはお互いを鎖で縛り付け合うように、脆く危うい心を守った。
彼らは恐れと蔑みからpet(ペット)と呼ばれた。

TVアニメ・舞台「pet」公式サイト

「ヒューマンドラマに集中してもらえるような演出を」(伊勢直弘)

――今作の簡単なあらすじと見どころを教えてください。

伊勢直弘さん(以下、伊勢):いや、あらすじを”簡単に”、説明するというのが非常に難しい作品です。なので先に見どころを言ってしまえば”複雑に作りこまれた世界観をどれだけ分かりやすく表現しているか”というのが見どころです。

世界観にさえ没入できれば、非常に感情移入しやすいのがこの作品の魅力の1つなので。この世界における”ルールづけ”を、どれだけ視覚的にも簡潔に見せられるかにこだわっています。言葉だけの説明だと、どうしてもオーバーフローしてしまうので……。

谷佳樹さん(以下、谷):僕は普段、原作がある舞台に出させていただく時に、原作のファンの方でも、初見の方でも、同じように楽しんでいただけるようにと思っています。今回も勿論、その気持ちは同じなんですが、『pet』に限っては、“ヤマ”と”タニ”(※1)、『pet』という作品の中の”ルール”を分かってみていただいた方がより楽しめます、ということを自分のブログに書きましたね。普段はこういうこと書かないんですけどね。

伊勢:それだけしっかりとこの骨太な世界観に没入してほしいってことだよね。

なるせゆうせいさん(以下、なるせ):そういうことですね(ドヤ顔)。

伊勢:今の一言で、なるせさんが総合監修してくれたということで(笑)。

(※1:ヤマ:人の記憶において、最も幸福な記憶が集まる場所。タニ:人の記憶において、最もつらい記憶が集まる場所。)
27 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは