北園涼×髙木俊×富田翔インタビュー|舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace ~怪人二十面相~』特集

掲載/更新 0
北園涼×髙木俊×富田翔インタビュー|舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace ~怪人二十面相~』特集
北園涼さん主演・舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace ~怪人二十面相~』が2019年8月5日(月)より品川プリンスホテル クラブeXにて全13公演上演。今回は、シリーズ初演から通して出演している北園涼さん、髙木俊さん、富田翔さんのインタビューをお届け! 今作からの出演となる山﨑晶吾さん、山中健太さん、松田岳さんのインタビューと合わせてお楽しみください!
関連記事
山﨑晶吾×山中健太×松田岳インタビュー|舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace ~怪人二十面相~』特集

フジテレビ・ノイタミナ枠のアニメ『乱歩奇譚』の舞台化シリーズは、主演・アケチ役に北園涼さん、そしてアニメでも同役の声優を務めるコバヤシ役・高橋李依さんらが出演し、2017年より公演が行われてきた人気作です。シリーズ完結編となる舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace ~怪人二十面相~』の公演を前に、アケチ役・北園涼さん、影男役・髙木俊さん、カガミ役・富田翔さんにnumanが独占インタビューをさせていただきました。

久しぶりでも信頼関係が出来ているメンバー

――まず舞台『乱歩奇譚』1作目、2作目を経て、今作でのご自身のキャラクターの見どころを教えてください。

北園涼(以下、北園):1作目、2作目の舞台では、アケチは勿論主人公ではありましたけど、物語のど真ん中にいる印象はなかったんです。そこが、今作『怪人二十面相』では、彼が今まで追いかけてきたものが見えて、背負ってきたものから解放され、周りの人たちを救っていくストーリーとなっているので、いよいよ主役らしいアケチをお見せできる舞台かなと思います。

富田翔(以下、富田):気持ちいいカーテンコールが出来るね(笑)。

北園:そうですね(笑)。集大成として、気持ちよく真ん中に立たせていただきます!

髙木俊(以下、髙木):今作の影男はアケチをはじめ、様々な登場人物たちをサポートする立ち位置で登場します。彼は大怪盗、基本的には犯罪者ではあるのですが、彼の”人の良さ”というか、今まで見えなかった彼の生い立ちや人間性が垣間見える舞台になるかなと思っています。「影男って実はこういう人物なのかな」と想像してもらいやすい描かれ方をしていますので、自分としてはそこを楽しんでいただきたいですね。

富田:前作の舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace』パノラマ島の怪人では、まっすぐ生きてきたカガミが妹のトキコを惨殺されたことで、闇に堕ちるところまでが描かれています。なので今作ではそこからカガミがどうしていくのか、というのが見どころとなっています。今作の1つのテーマである「自分の中の正義」の象徴となるキャラクターがカガミだと思っているので、彼の内面、アケチとの関係性をしっかり描いていけるように稽古しています。物語中盤、終盤にかけて、舞台オリジナルの要素も含まれているので、アニメ・マンガの『乱歩奇譚』のファンの方にも、また1つ新しい解釈として、舞台版の物語、舞台版のカガミとして受け入れてもらえたらと思っています。

カガミ役・富田翔

カガミ役:富田翔

――舞台『乱歩奇譚』シリーズ3作品を共に演じていく中で、お互いの印象は変わりましたか?

北園:えぇ、変わりました?? どうだろうなぁ……。

富田:変わったと言えば、変わったとは思うんですよ。毎年『乱歩奇譚』の舞台で再会するまでの間、それぞれが色々な別の仕事をしてまた再集合しているので。でも、関係性はあまり変わらずかな。髙木さんとはちょこちょこ別の現場でもご一緒することもあったし。涼とは久しぶりの共演だけど、でも不思議と久しぶり感もない!

北園:そうですよね、今回は前作から1年以上間が空きましたけど、そんな感じしなかったです。

富田:初演から出ているメンバーはお芝居の感じもお互いに分かってきているので、信頼関係も出来ているし、稽古が始まるとすっと馴染みますね。

北園:しゅんりーさんと僕は、初演の時が初めましてでしたっけ?

髙木:そう……だね! でも第一印象からそこまで変わらない! 最初からこの2人と一緒にお芝居をしていると安心感がありました。いつも僕の想像以上のことをやってくれる2人なので、このメンバーがいればこの舞台大丈夫だなって。

北園:同じです。初演からずっと支えられてきたし、この3年を経て積み重なってきた信頼関係があるので、極端な話、お互いのことをいちいち見なくても大丈夫というか。お客様が納得してくださる、喜んでくださる作品、そしてもっと言えばお客様の想像を超える作品を作ってくださるメンバーだと思って、安心できています。

紙袋を見ると影男を思い出す!?

影男役・髙木俊

影男役:髙木俊

――長く演じていると、自分の私生活の中で役に影響されたり、性格が似てきたりすることはありますか?

富田:僕は前作でそういうことがありましたね。作中で、終盤までは今まで通りのカガミを演じて、ラストに妹を惨殺されて精神が蝕まれて……というのを何公演も繰り返したので、すごく精神力を使いましたし、何度も心がぐちゃぐちゃになりました。
ただこの座組の面白いところなんですけど、この題材を以てしてもあまり陰の空気に引きずられないんですよ。そこに救われて、毎日毎公演、気持ちの切り替えは出来ました。マチソワ間の楽屋も他の現場にはないくらい仲いいよね。

北園:誰かが寝ててもお構いなしに、いつもにぎやかでしたよ。起こされました(笑)。

髙木:僕は、影響されているといえば、腰をやっちゃってます。

富田:斜めに立ってるから(笑)?

髙木:なんかね、年々弱っている気がするのよ。この腰の痛みは影男を毎年やっているせいなのか、年齢のせいなのか……。

北園:なんとか上手くやりましょうよ! 交互に曲げるとか(笑)。

富田:あとは影男役じゃなくても、この作品出ると、日常生活で紙袋を見た時に「あ!」って思っちゃうよね。

髙木:分かる分かる。ちょっと紙袋怖いもん。ビジュアル撮影の時も、紙袋をかぶった瞬間に思い出すんですよ。「あー、この閉鎖空間と息苦しさと体の傾きによる腰の痛さ!」って(笑)。

富田:あの紙袋、42キロあるんでしょ?

北園&髙木:(爆笑)。

髙木:腰の痛さ的にはそのくらいの負荷です(笑)。楽しいんですけどね!

富田:涼は何か影響された?

北園:影響を受けたというよりも、もともと、アケチの人との関わり方や雰囲気って自分と近いんですよね。陽よりは陰寄りというか、正直自分も明るいタイプではないので。似てきた部分というのも、そこまでは……。

髙木:コーヒー好きになったんじゃない?

北園:もとから好きですけど、もしかしたらブラックで飲む頻度が増えたかも?

富田:あとは何か始める時に「ゲームスタートだ!」って言わない?

北園:それは言わない(笑)!!

富田&髙木:(爆笑)。

北園:考えてみましたが、そこまで影響はされていないのかなと。明るい役を演じている時の方が影響されるんですよ。アケチはニュートラルに演じさせていただいています。そういう役と出会えるのもまた、運命的ですね。

舞台オリジナルの基盤は初演で出来上がった

――シリーズ通して、印象的だった役者さんはいますか?

富田:せっかくだから思い出していこう。

北園:1作目は……

全員:矢尾(一樹)さん(声がハモる)。

髙木:思い返すと、沢山のキャストがいるね。

富田:長くやらせていただいていると、どうしても途中でキャスト変更はあって……勿論、ファンの方は続投してほしい気持ちはあったと思うけど、ただオムニバス的な作品でもあるので、毎公演新キャストが入ることで気持ちの切り替えも出来たんです。どの役者さんもそれぞれの味を出してくれたと思います。

髙木:僕は1作目から名前だけ登場していたナミコシが今作でついに登場するのが感慨深いですね。

北園:皆がナミコシの登場を待ってましたよね。

髙木:(山﨑)晶吾がどんなナミコシを演じるのか、乞うご期待ですよ!

富田:プレッシャーだろうなぁ。天才(という設定)だから、一言も噛めないでしょ?

北園:天才を演じるのって本当……つらいんですよ。

髙木&富田:(笑)。
29 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません