北園涼×髙木俊×富田翔インタビュー|舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace ~怪人二十面相~』特集

舞台オリジナルの基盤は初演で出来上がった

――シリーズ通して、印象的だった役者さんはいますか?

富田:せっかくだから思い出していこう。

北園:1作目は……

全員:矢尾(一樹)さん(声がハモる)。

髙木:思い返すと、沢山のキャストがいるね。

富田:長くやらせていただいていると、どうしても途中でキャスト変更はあって……勿論、ファンの方は続投してほしい気持ちはあったと思うけど、ただオムニバス的な作品でもあるので、毎公演新キャストが入ることで気持ちの切り替えも出来たんです。どの役者さんもそれぞれの味を出してくれたと思います。

髙木:僕は1作目から名前だけ登場していたナミコシが今作でついに登場するのが感慨深いですね。

北園:皆がナミコシの登場を待ってましたよね。

髙木:(山﨑)晶吾がどんなナミコシを演じるのか、乞うご期待ですよ!

富田:プレッシャーだろうなぁ。天才(という設定)だから、一言も噛めないでしょ?

北園:天才を演じるのって本当……つらいんですよ。

髙木&富田:(笑)。

アケチ役:北園涼

アケチ役:北園涼

北園:普通の人はどもったり噛んだりしますよ、人間だもん。でも天才はそれが許されないという。

富田:何故なら天才だからね(笑)。

髙木:普段の晶吾は関西なまりのふわっとした子なので、どう演じてくるか僕自身も楽しみです。

北園:いい意味でかわいさもあり、ピュアだから、素でナミコシっぽさがありますよね。。

富田:俺はやっぱり、トキコですね。1作目(妃野由樹子)と2作目(荻野可鈴)でキャストは変わっているんですが、どちらも大切な妹です。何度も言いますが、前作がああいった終わり方をしてるので、カガミとして彼女の存在を引きずりながら、あのやんちゃガールを思い出しながら(笑)、完結編となる今作をやりきろうと思っています。

髙木:あとはやっぱり(高橋)李依ちゃんはね。何と言ってもね。アニメからずっとコバヤシを演じてきて、舞台版にも出てくれたから。

北園:最後まで出てくれて本当に良かった。

髙木:メインは声優だから、1作目の時はどうしても慣れないことが多くて苦労もしていたなと。それが2作目3作目と出演して、なんだか上から目線になってしまって申し訳ないけど、すっかり馴染んで、最初はアニメっぽかったコバヤシ少年が、3次元のリアルなコバヤシ少年になったなって。絡みやすいし、一緒にお芝居が出来て楽しいし、素敵な役者だなって思います。

北園:僕は1作目に出演してくだっていた鈴木区(※)の方々が印象的ですね。鈴木さんの演出含め、鈴木区の皆さんのあの独特な雰囲気には沢山新しい発見をもらいました。「あ、『乱歩奇譚』をこう作るのか、こうい2.5次元があるのか」って! 

富田:確かにね! 

北園:ニュースキャスターや一般市民をこんな風に演出するんだ、事件をこういう風に演出するんだ、って色々な驚きがありました。稽古段階から舞台『乱歩奇譚』面白い作品になるぞ、って思えましたね。

髙木:年上の役者さんも多くて、安心も出来たよね。

富田:舞台オリジナル部分の基盤を作ってくれたのが鈴木区の皆さんだったね。


※舞台『乱歩奇譚』シリーズ脚本・演出の鈴木智晴さんの演劇ユニット「劇団東京都鈴木区」
29 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは