北川尚弥の"先生"はあの人!立石俊樹の中学時代の思い出も…映画『先生から』インタビュー【後編】

北川尚弥の"先生"はあの人!立石俊樹の中学時代の思い出も…映画『先生から』インタビュー【後編】
【後編はこちら!】2.5次元舞台でも活躍する赤澤遼太郎さん、北川尚弥さん、立石俊樹さんら出演する映画『先生から』が2019年10月4日(金)より全国順次ロードショー開始! 公開を前に、今作のキャストから北川尚弥さんと立石俊樹さんのインタビューを前後編でお届けいたします。
■前編はこちら!
「俺たち、似てるよね」立石俊樹&北川尚弥が意気投合♪ 映画『先生から』インタビュー


映画『先生から』は、「先生の愛人の子」「先生とホスト探偵」「先生の遺言」3パートで構成された長編映画。
物語を彩るキャストは、赤澤遼太郎さん、立石俊樹さん、北川尚弥さん、田鶴翔吾さん、小早川俊輔さん、吉村駿作さんら。舞台を中心に活動する彼らが、映像作品で新たな一面を見せます。

時空を超えてそれぞれの想いが交差する、映画『先生から』。若者たちの友情、恋愛、夢を巡った物語が、いまはじまる―。

前編記事に続き、本作の出演者より、ホストとして働く間宮康作を演じる立石俊樹さん、そして真北直史(赤澤遼太郎さん)が弟子入りしている作家・小宮久作の青年時代を演じる北川尚弥さんにインタビュー。

その【後編】となる本記事では、共演キャストとの関係や、それぞれの「先生」との人生を変えてくれたエピソードを語っていただきました。

共演の小早川俊輔さん、吉村駿作さんとの関係は?

――立石さんは小早川俊輔さんと、北川さんは吉村駿作さんとのシーンが特に多かったと思いますが、お二人との共演はいかがでしたか?

立石俊樹(以下、立石) 小早川くんとは初共演だったんですが、現場ではすごく集中して撮影に臨むタイプの方でした。僕は結構、カットがかかったり、少しでも時間があれば外の空気を吸ったり、歌を歌ったりして気分転換をするタイプなんですけど、小早川くんは外の物音とかで撮影が一時的にストップした時にも、その場から動かないでじっと待っていて。役柄も対照的でしたが、現場での過ごし方など、小早川くんと僕自身も対照的でしたね。

北川尚弥(以下、北川) 僕も共演経験があるんですけど、独特の空気感をまとっているよね。お芝居に集中しているときは、しっかりと自分の空間を作るというか。

立石 お芝居に対して、すごく真面目。だけど、普通にしゃべるとめちゃくちゃ面白いんです! 僕が結構フワフワしてるので、そこにどんどんツッコミを入れてくれて(笑)。一緒に登壇したイベントでも、僕だけだと何言ってるのかワケ分かんなくなっちゃうんですけど、ずっと僕の面倒をみて、ツッコミで回収してくれました(笑)。ありがたかったです!
30 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは