過激で歌劇な舞台!?『ダメプリ』ビジュアル撮影に突撃!|「楽しすぎてダメになれる作品に」(汐崎アイルさん)

 過激で歌劇な舞台!?『ダメプリ』ビジュアル撮影に突撃!|「楽しすぎてダメになれる作品に」(汐崎アイルさん)

俺様、女好き、引きこもり……ダメだけど愛おしい王子たちが魅力的な『DAME×PRINCE』(デイムプリンス)がついに舞台化! numanでは、本作のビジュアル撮影の現場にお邪魔しました。本記事では、すでに息ぴったりの大見拓土さん、三原大樹さん、汐崎アイルさんのインタビューをお届けします♪

2018年12月1日(土)より公演予定の歌劇派ステージ『ダメプリ』 !
女性向けスマホゲーム『DAME×PRINCE』初の舞台化である本作は、ゲーム、アニメとはまた違ったオリジナルストーリー。ダメ王子たちの前に完璧王子が現れて……!? そんな"過激"で"歌劇"な今作のビジュアル撮影現場に密着してきました。

こちらの記事では、セレンファーレン王国より、リュゼ大見拓土さんメア三原大樹さんクロム汐崎アイルさんのインタビューをお届けします。撮影現場のフォトギャラリーもあり♪

リュゼ 役:大見拓土さん

――衣装を着てみた感想は?

大見拓土さん(以下、大見) 完成度が高くて驚きました。リュゼの衣装は勿論、さっきメア役の三原大樹さんに衣装とウィッグを見せてもらったときに「本物だ!」と思いました。 三原さん本人が役にハマっているというのもありますが(笑)。


――気になるキャスト、キャラクターはいますか?

大見 メア役の三原さんとは初めましてでしたが、兄弟役として稽古場からいい関係性を作っていけたら、と思います。ただ物語上、リュゼとメアは最初から仲良しというわけではないんですよね。

僕らがあまり仲良くなりすぎて、距離感が近くなりすぎるのもよくないのかなと心配しつつ……まぁ、最終的にはすごく仲良くなっている気がしていますが(笑)。

――自分の”ダメ”だったなぁと思うエピソードは?

大見 土曜に予定があって前日の金曜に電車の時間を調べたんですよ。なのに時間になっても電車が来ない! ……平日と土曜はダイヤが違うことを忘れていました。それを言い訳に 「ダイヤに適応出来ませんでした」と堂々と遅刻をしました。ごめんなさい、反省しています(笑)。


――『ダメプリ』は”ダメな王子ほどクセになる”、そんな王子たちが沢山登場します。女性の"ダメ"かもしれないけど、愛おしい!と思える部分はありますか?

大見 寝ぼけている女性ってかわいいなと思います。 電車で寝てしまった女性が、目を覚まして慌てて立ちあがって、「あ、まだ降りる駅じゃなかった」ってスッと座る姿は「わあ、好き!」ってなります。……あれ、こういう回答であってますか(笑)?


――本番に向けての意気込みをお願いします!

大見 こんなに正々堂々ダメなところを舞台上で出す機会というのは、そうそうないですよね。ダメな部分にキュンとしていただけるように、ギャップを大事にしていきたいです。

もともとクセが強いキャラクターばかりなので、ボケるのではなくて、皆が真面目にやることで、自然と面白い作品になると思っています。この作品を自分の代表作の1つに出来たらと思っています。役を信じて、作品を信じて、真摯に取り組みます!

メア 役:三原大樹さん

――衣装を着てみた感想は?

三原大樹さん(以下、三原) 右足についている金具の扱いが難しくて。重くはないんですけど、これとどう向き合っていくのかが今回の舞台の1つの肝になるのかなと思いました(笑)。あとは、初めて赤いカラーコンタクトをつけたのですが、世界が赤みを帯びて見えて新鮮でした。

衣装を着ると「あぁ、始まったな」という気持ちになれますね。このあとの撮影で、”キュアラン”(※)に会えるのが楽しみです!

※いつもメアの左手にいるパペット。


――共演者とのエピソードはありますか?

三原 僕は人見知りなので自分から話しかけることが苦手で……そんな中、今回兄弟役になるリュゼ役の大見(拓土)さんがすごく積極的に話してくれるんです。「ここのチームが好きなんでしょ?」とか僕の好きな野球の話題をふってくれて、本当のお兄ちゃんみたいで安心します。

28 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!