進藤学×汐崎アイル、10年ぶりの共演!”2.5次元”に思うことは?|歌劇派ステージ「ダメプリ」ダメ王子VS完璧王子

進藤学×汐崎アイル、10年ぶりの共演!”2.5次元”に思うことは?|歌劇派ステージ「ダメプリ」ダメ王子VS完璧王子

【後編はこちら!】女性向けスマホゲーム『DAME×PRINCE』(デイムプリンス)を原作とする舞台『歌劇派ステージ「ダメプリ」ダメ王子VS完璧王子(パーフェクトガイ)』(以下、『ダメステ』)が現在AiiA 2.5 Theater Tokyoで絶賛公演中! 【前編】に続き、こちらの記事ではリオット役の進藤学さん&クロム役の汐崎アイルさんの対談をお届けします♪

【前編】のナレク役の滝澤諒さん&ルオーシュ役の徳山秀典さんに続き、【後編】のこちらの記事では厳格な騎士・リオットを演じる進藤学さん妖艶な宰相・クロムを演じる汐崎アイルさんの対談をお送りします。

10年ぶりでも、言葉がいらない関係性

――約10年ぶりの共演とお聞きしています。稽古が始まってみていかがですか?

進藤学さん(以下、進藤):顔合わせの時に目配せだけで会話しました。

汐崎アイルさん(以下、汐崎):改めて「よろしくね」みたいな会話をすることはなく……。

進藤:言葉なんていらないんですよ。

汐崎:(笑)。ようやく道が交わったかという感じです。限りなく近いところにはいたんですけど、共演がありそうでなかった。衛星の軌道かよってくらい動線がギリギリ交わらない!

だからこそ今回こうやって共演できることがありがたいです。一期一会はいつでも特別ですけど、10年近くの時を経て、またご一緒できるご縁があるのはとっても嬉しいことです。

進藤:お互い、いい意味で"相変わらず"で。ポジティブな意味で「変わってないね!」と言い合えます。とはいえ、それぞれの10年の積み重ねはやっぱりある。色々とあったことも含めての「変わらないね」という結論ですね。

汐崎:お互いに察する能力が高いから、お互いの“色々”を察するよね。

進藤:察し過ぎて面白くなっちゃう。

汐崎:そう、だから本当に本当に言葉がいらない関係ってやつです。

僕たちは”2.5次元”という境界線はつくらない

――今でこそ"2.5次元舞台"という言葉で語られますが、何年も前からこの世界でもご活躍のお2人、"2.5次元"だからこその楽しさ、難しさというのはあるのでしょうか?

汐崎:あくまで演じる側としての意見ですが、2.5次元、舞台、アニメと、ジャンル分けをされてしまいますけど、僕にとっては全部同じ”芝居”なので……。

みなさんが“2次元”と“3次元”の中間の、心地いいところを差した作品を”2.5次元”と呼んで楽しんでくださるのは嬉しいんです。でも僕ら役者、作る側は”2.5次元”って区別しちゃダメだなって思っているんですよ。

進藤:うんうん。

汐崎:僕らは“2次元”とか“3次元”とか考えずに「その作品で、自分に与えられた役の人生をちゃんと生きる」ということを大切にしていればいい。例えば、原作がないストレートの舞台でも世界観や人物設定が”2.5次元”よりもファンタジーなものもあれば、逆に限りなく生々しい現実的な題材の”2.5次元”もあるし……。

仮に”2.5次元”とそうでない芝居の違いを探すとすれば……例えば原作がアニメだった場合、先に演じている声優さんがいらっしゃるから、その方のお芝居を汲んだ上で演じる必要がある点かと思っています。

でもそれだって、何かの再演や、繰り返し演じられている戯曲でも同じですよね。基本的にはお芝居であり、自分の作品と自分の役を愛することは変わらないです。

……すみません、熱弁しちゃって!

進藤:僕はいわゆる”2.5次元”にはそんなに出てないんですよ。出演数が多いイメージを持たれがちですが、そこまでではなくて。だけど僕もアイルと同じ考え方で、“2.5次元”問わず、いつもその世界観の中に存在している人間を演じているつもりです。何なら人間とも限らない、宇宙人とか妖精とか、森の木ってこともあり得ますよね。

自分の役を台本から“3次元”の世界に起こしてくるのが僕らの仕事なので、どの舞台でも、役者として自分の演じるべきことをしています。 僕の場合は、最終的にあわよくば自分側にキャラクターを寄せちゃう。

汐崎:それが、がっくんがそのキャラクターを演じる意味だもんね。 僕は原作があってもなくても、作品とキャラクターを愛して演じていますが、今回の『ダメステ』でも、原作の『DAME×PRINCE』とクロムのことを好きになって、愛情を持ってお芝居しています。

その結果、僕よりもゲームをプレイされているであろうみなさんが観た時に、「そうそう、これが観たかった」って思ってもらえたら嬉しいです。 ……でも、難しいよねー。

進藤:この前、大先輩に「“2.5次元”って括られるけど、昔からある歌舞伎や浄瑠璃だって原作があるのに、今更なあ?」っておっしゃっていて、そうだよなと。

考えだすとますます境界線が曖昧になってくるけど、これだけ”2.5次元”って言葉が流行って、それが劇場に足を運ぶきっかけになるということはすごいことだし、ありがたい。”クールジャパン”のひとつなのかもなって思いますね。

汐崎:きっとこれからも残っていくコンテンツになると思いますが、観る方にも、作る側の方にも、“2.5次元だから”という境界線は作ってほしくはないなって常日頃から思っています。

王子(皇子)たちは可愛い!

21 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!