島﨑信長「支え合ってきた兄弟が素敵です」『NIGHT HEAD 2041』インタビュー【前編】

掲載/更新 0
島﨑信長「支え合ってきた兄弟が素敵です」『NIGHT HEAD 2041』インタビュー【前編】
7月14日より放送開始のTVアニメ『NIGHT HEAD 2041』。超能力を持つ霧原兄弟の弟・直也を演じる島﨑信長にインタビュー! 前編では、豊川悦司さん・武田真治さんが演じたTVドラマ版『NIGHT HEAD』のお話も。
超能力を持つが故に苦しむ霧原直人・直也の兄弟を描いた物語『NIGHT HEAD』が30年の時を越え、いま蘇る―――。

原作者・飯田譲治氏の脚本によるオリジナルTVアニメ『NIGHT HEAD 2041』がついに7月14日から放送スタート!

超能力を持つが故に世界から迫害され“逃げる兄弟”霧原直人(兄)役に小野大輔さん、霧原直也(弟)役に島﨑信長さん、そして国家保安本部の特殊部隊として能力者を“追う兄弟”黒木タクヤ(兄)役に櫻井孝宏さん、黒木ユウヤ(弟)役に小野賢章さんと、圧倒的なまでの豪華キャストが勢ぞろい。

TVドラマ版にも登場した霧原兄弟に加え、本作のオリジナルキャラクターで彼らを追い詰めていくもう一組の兄弟・黒木兄弟も登場し、新たな『NIGHT HEAD』が描かれていきます。

numanでは、霧原直也役の島﨑信長さんにインタビューを実施!
撮り下ろし写真とともに、本作に対する思い、兄・直人役の小野大輔さんとのこと、オリジナルキャラクターの黒木兄弟についてなど、いろいろなお話を伺いました♪

最強の布陣で挑む『NIGHT HEAD 2041』

――本作への出演が決まった際の想いは?

『NIGHT HEAD』というドラマの存在は知っていましたが、収録までにいろいろ調べて、たくさん勉強させていただきました。

いろいろな発見がありましたが、『世にも奇妙な物語』の中の『常識酒場』という1作品がTVドラマ版『NIGHT HEAD』の元になっていて、そこから生まれたというのがすごい! そして、当時の色々な考察もたくさん見ました。

この作品はそれだけメッセージ性が強い作品で、エンターテインメントを魅せる中でも、しっかりとメッセージを伝えてくれるような、時代を超えて愛される作品だと思います。
だから今、こうして『NIGHT HEAD 2041』として再び創られる意味がある作品だと改めて思いました。

霧原兄弟の兄は小野大輔さんで、しかも今回は原作にはいない黒木兄弟という対になる兄弟までいて、そこには櫻井(孝宏)さんと(小野)賢章がいる。タイトルと布陣だけでも非常に楽しみだなと。
絶対に楽しい現場、いい作品になると思いました。
――ドラマの霧原兄弟を意識されたりは?

豊川悦司さん・武田真治さんの演じられているドラマは拝見したので、空気感のような部分は共有出来たらいいなとは思いますが、意識して合わせにいくことはなかったです。

本作に限らずですが、それぞれのメディアミックスの作品ごとで異なるものがあるので、今回の『NIGHT HEAD 2041』の中で一番良い形に出来たら、とは思っています。

大暮維人先生キャラデザにテンションMAX

――霧原直也の第一印象と魅力、演じる時に意識した点は?

僕、大暮維人先生大好きなんですよ!
最初ビジュアルを見た時に「うわあ!! 大暮維人先生だ!!」てなって、直也がまた、もう! 大暮先生っぽいんですよ!!

スタイルから髪型から、髪色から服装から……もう「あぁ~大暮先生節出てるわあ~!」って……(うっとりしつつ)。

直也はとくに最近の大暮先生みがあって、大暮先生のコミックスの表紙を飾っていそうな感じ。ああいうカラーリングが大暮先生っぽいと思いましたし、そういった意味で初めて見た時は本当にテンションが上がりました!

直也は一見するとビジュアルがとても可愛らしくて華奢で、精神も感受性が強すぎて繊細で、という感じで物語上でもガタイのいい兄さんに守られているように見えるんですが、とっても心が強い子。思いやりに溢れていて優しいから、弱々しく見えてしまうだけ。

ストーリーが進むと、直也の芯の部分の強さやかっこよさが見えてくると思います。そのかっこいいと可愛いのギャップを見ていただけたらと思います。どっちも備えた男なんです! 守られるだけの存在じゃないんです! ちゃんと守ることもできる! 霧原兄弟は実はお互いに守りあって支え合って生きています。
普通の人だったらとっくにおかしくなるような経験をしているはずで、さらに迫害され、人ともなかなか関われないような環境で、兄さんがいなかったら壊れていたと思うし、兄さんもきっとひとりだったら壊れていたと思います。

どちらかだけが守られているのでなく、ふたりで支え合って生き抜いてきた兄弟が素敵で。僕も、兄弟のこれまでの経験を感じさせるような演技を意識しています。
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません