ミュージカル『忍たま乱太郎』10周年!湯本健一、渡辺和貴らがギャグ満載の"忍ミュ"で大奮闘

ミュージカル『忍たま乱太郎』10周年!湯本健一、渡辺和貴らがギャグ満載の"忍ミュ"で大奮闘
東京ドームシティ シアターGロッソで5月10日に幕を開けたミュージカル『忍たま乱太郎』第10弾 ~これぞ忍者の大運動会だ!~。毎年恒例と化している『忍ミュ』は今年でついに10周年! 今作も"忍たま"らしい明るく笑える公演となりました。囲み取材会見のコメント、公式写真が到着です。

ミュージカル『忍たま乱太郎』、通称『忍ミュ』とは?

記念すべき10年目を迎えたミュージカル「忍たま乱太郎」シリーズ
尼子騒兵衛による原作「落第忍者乱太郎」は30年以上にわたり長期連載中で、アニメーション作品「忍たま乱太郎」(NHK Eテレ)は27年目を迎える長寿番組となっています。舞台化は、2010年1月、『ミュージカル「忍たま乱太郎」~がんばれ六年生!~』のタイトルで東京ドームシティ シアターGロッソで初演し、好評を得て同年7月に再演。さらに大好評を得て翌年に新作、という流れで始まったのがミュージカル「忍たま乱太郎」(忍ミュ)シリーズです。今や毎年恒例の公演となり、いよいよ今年、記念すべき10年目を迎えることとなりました。アニメーション作品「忍たま乱太郎」は、一年生の乱太郎たちが主役ですが、忍ミュシリーズでは五年生や六年生たち上級生をフィーチャーし、活躍させることで、まさに親子で楽しめる本格的なオリジナルミュージカルとして長く人気を集めてきました。


毎年新作が上演される良質なオリジナルミュージカルとして、若手俳優たちの登竜門に
歌、アクション、ダンスがふんだんに詰め込まれ、シリアスなドラマとコメディ要素もバランスよく配分された「忍ミュ」シリーズ。アニメと同様に、多くの女性ファンたちの心を惹いたのは、良質な作品に挑戦する、キャリアは浅くとも実力ある若い俳優たちの懸命さや頑張りがありました。若手俳優たちの登竜門的な作品となってきた「忍ミュ」は、古くからのアニメファンだけではなく、リアルタイムで視聴いただくファンの方々にも好評で、年々動員数を増やしています。


2018年の公演までで350回公演を突破。動員数は累計約27万人
継続して上演されている2.5次元ミュージカル作品としては、これほどまで長く人気を保ち続けている作品はさほど多くありません。「忍ミュ」シリーズの公演数は、2010年から2018年の間で354回に達し、年間動員数は、毎年伸び続けています。世代が代わって卒業していくファンもある中、毎年新たなファンに来場いただくことが、長年、忍ミュが愛されている証です。また継続して新作を上演することで、忍ミュファンの再来場につながっています。


新たなスタッフ、キャストが集結。第10弾は数多くのキャラクターが登場するお祭り作品に!
第7弾以前の「忍ミュ」シリーズは忍術学園の六年生たちを主軸に作り上げてきましたが、2017年の第8弾と、2018年の第9弾では五年生を主軸に展開。それまでの六年生同様、キャラクターたちに息吹を吹き込むことに成功しました。
今回、区切りとなる第10弾では、忍術学園の運動会の名の下、一年生、四年生、五年生、六年生、さらに暫く舞台に登場していなかった“くの一”も登場いたします。敵役のドクタケももちろん乱入、さらに新たな敵も……という豪華キャラクターの展開にどうぞご期待ください。

23 件
令和の沼2019アンケート実施中

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは